キスジアシナガゾウムシ (ゾウムシ科)

2017年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) レモンエゴマの茎を登って来たキスジアシナガゾウムシ。 最も象虫らしい体型の持ち主です。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1707kisujiashinagazomushi.jpg

バッタの一種の幼虫 (バッタ科)

2017年 7月 中津江村酒呑童子山 (大分) イタドリの葉上に多かったバッタの一種の幼虫達も数は少なくなったものの、皆夫々一回り大きく成長していました。 この中齢幼虫はフキバッタ類の特徴を具えつゝあるようです。 体長14mm。 1/250" F7.1・8.0 ISO400 ・640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1707batta_sp_yochu.jpg

1707batta_sp_yochu_kao.jpg

オオウラギンヒョウモン♀ (タテハチョウ科)

2017年 6月 熊本県 産 6月も下旬になって、♂の発生からおよそ十日遅れで羽化してきたオオウラギンヒョウモンの♀。 前翅先端に並ぶ白紋は♀に見られる特徴です。 前翅長45mm。 1/1250" F4.0 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706ouraginhyomon-f.jpg

ナナフシ♀の顔 (ナナフシ科)

2017年 7月 御船町吉無田水源 (熊本) クズの群落で巨大な葉の上で枯枝になりきっていたナナフシ。 頭部のクローズアップでは複眼の上方に一対の小さな角が認められるので♀の個体のようです。 体長100mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1707nanafushi-f_kao.jpg

コフキゾウムシ (ゾウムシ科)

2017年 7月 御船町吉無田水源 (熊本) クズの葉上でペアとなっていたコフキゾウムシ。 と、そこへチョッカイを出す溢れ♂。 普段は直ぐに逃げの体勢を執られてしまうのですが、この場合は闖入者の撃退に忙しく、ヒトの接近にも気付かないようでした。 体長♂5mm、♀6mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1707kofukizomushi-mfm.jpg

キナコハリバエ (ヤドリバエ科)

2017年 7月 御船町吉無田水源 (熊本) クズの葉に飛んで来たハリバエの一種。 中胸背に黄粉状の色合いが残っているのでキナコハリバエだと思われます。 体長6mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1707kinakoharibae.jpg

セスジナガカメムシ (ナガカメムシ科)

2017年 7月 御船町吉無田水源 (熊本) ヤマノイモの蔓に摑まっていたカメムシの名はセスジナガカメムシ。 黒地を縁取る赤色が鮮やかです。 体長5.5mm。 1/250" F8.0 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1707sesujinagakamemushi.jpg

セマダラコガネ (コガネムシ科)

2017年 7月 御船町吉無田水源 (熊本) ススキの葉に乗っていた中型のコガネムシはセマダラコガネ。 体長11mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1707semadarakogane.jpg

ハエの一種

2017年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウの葉に止まったハエの一種。 かなり細長い体型です。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706hae_sp.jpg

オオヘリカメムシ (ヘリカメムシ科)

2017年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウの葉に張り付いていた大型のカメムシ、オオヘリカメムシ。 太く発達した後肢腿節が目を引きます。 体長28mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706oherikamemusi.jpg

ヒラタアブの一種 (ハナアブ科)

2017年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) イタドリの葉に止まっていたヒラタアブの一種。 本種の特異点は、翡翠色に輝く平均棍です。 体長7mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706hirataabu_sp.jpg

シギアブの一種 (シギアブ科)

2017年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) イタドリの葉に止まったシギアブの一種。 細長い肢と翅を水平に開く点がシギアブの特徴です。 体長6mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706shigiabu_sp.jpg

モンキナガクチキムシ (キノコムシダマシ科)

2017年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウの葉縁にいた真っ黒な甲虫。 それでも、触角先端の白色部と小楯板の橙色毛が僅かなアクセントとなっています。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706monkinagakuchikimushi.jpg

ハイイロビロウドコガネ (コガネムシ科)

2017年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) イタドリの葉上にいたコガネムシは、全体に密生した短毛が特徴のハイイロビロウドコガネです。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706haiirobirodokogane.jpg

クロツヤバネクチキムシ (クチキムシ科)

2017年 7月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウの葉縁にいた小型の甲虫。 どうやら、上方に枝を広げたリョウブの茂みから落ちて来たクロツヤバネクチキムシのようです。 体長4mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1707kurotsuyabanekuchikimushi.jpg

ハエの一種

2017年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) イタドリの葉上でペアとなっていた小型のハエの一種。 ♀の複眼の間隔が♂の2倍程あるという性差が認められます。 体長4~5mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706hae_sp-mf.jpg

ゴボウゾウムシ (ゾウムシ科)

2017年 7月 中津江村酒呑童子山 (大分) 秋咲きのアザミ、ツクシアザミの葉にいたやゝ大型のゾウムシはゴボウゾウムシでしょうか。 体長13mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1707gobozomushi.jpg

オドリバエの一種♂ (オドリバエ科)

2017年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) イネ科植物の花穂に摑まっていた小型のオドリバエの一種。 赤い複眼で覆われた頭部が目立つ肉食系の小昆虫です。 体長(翅端まで)4.5mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706odoribae_sp-m.jpg

ハスオビヒシウンカ (ヒシウンカ科)

2017年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) イノコヅチの葉表で葉脈から吸汁していたハスオビヒシウンカ(上下、同一個体)。 下は葉裏に回り込んで再び吸汁を始めたところです。 体長(翅端まで)6mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706hasuobihishiunka.jpg

1706hasuobihishiunka.jpg

ギンスジトガリホソガ (カザリバガ科)

2017年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) クサイチゴの葉先で静止した小蛾。 それまで、頭を中心にして円を描きながら歩き回っていましたので、カザリバガ科のギンスジトガリホソガのようです。 前翅長3.5mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706ginsujitogarihosoga.jpg

ルリシジミ♂ (シジミチョウ科)

2017年 7月 中津江村酒呑童子山 (大分) 雨曝しとなった獣糞から吸汁するルリシジミの♂。 前翅長18mm。 1/800" F4.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1707rurishijimi-m.jpg

コアカソグンバイ (グンバイムシ科)

2017年 7月 中津江村酒呑童子山 (大分) イノコヅチの群落にいたグンバイムシは、上方に茂ったコアカソをホストにするコアカソグンバイでした。 体長(翅端まで)3.5mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1707koakasogunbai.jpg

ハチの一種

2017年 7月 中津江村酒呑童子山 (大分) ヤマグワの葉の表面に付着した水分を舐める小型のハチの一種。 立派な触角の持ち主です。 体長3.5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1707hachi_sp.jpg

ハサミツノカメムシ♂ (ツノカメムシ科)

2017年 7月 中津江村酒呑童子山 (大分) イノコヅチの群落にいたハサミツノカメムシの♂。 赤い鋏状突起が二本平行に伸びる点はハサミツノカメムシの特徴です。 体長18mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1707hasamitsunokamemushi-m.jpg

1707hasamitsunokamemushi-m_hasami.jpg

トラマルハナバチ♀ (ミツバチ科)

2017年 7月 中津江村酒呑童子山 (大分) ウツボグサの群落で花から吸蜜するトラマルハナバチの♀。 花の少ない梅雨の時期、ウツボグサは彼女達の貴重な蜜源となっています。 体長18mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1707toramaruhanabachi-f.jpg

フクラスズメの幼虫 (ヤガ科)

2017年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシの葉を摂食していたフクラスズメの幼虫。 如何にも毒がありそうな出で立ちですが、無毒で、赤、黒、黄のど派手な色彩は只のこけ脅しに過ぎません。 体長55mm。 1/320" F5.6 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706fukurasuzume_yochu.jpg

マエジロアシナガヤセバエ (マルズヤセバエ科)

2017年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) イノコヅチの葉表でペアとなっていたマエジロアシナガヤセバエ。 先端が白い前肢を常に振り回したり伸ばしたり、仕草が面白いヤセバエです。 体長♂12mm、♀15mm。 1/250" F5.6 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706maejiroashinagayasebae-mf.jpg

タケトゲハムシ (ハムシ科)

2017年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) メダケの葉の表面を食べ進んでいたタケトゲハムシ。 と、其処へやって来たシリアゲアリの一種。 両種接近遭遇も暫らく睨み合った後、何事もなかったかのようにアリの方が左に戻って行きました。 体長4.5mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706taketogehamushi.jpg

ハスオビヒシウンカ (ヒシウンカ科)

2017年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) ミツバの葉裏に隠れていたハスオビヒシウンカ。 上翅の斜帯が随分薄い個体です。 体長(翅端まで)5mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706hasuobihishiunka.jpg

ラミーカミキリ♀ (カミキリムシ科)

2017年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシ葉上のラミーカミキリもそろそろ見納めの時が近付いてきたようです。 体長15mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706ramikamikiri-f.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR