マイマイガの幼虫 (ドクガ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの葉に静止していたマイマイガの幼虫。 典型的な大型の毛虫です。 体長50mm。 1/250" F6.3 ・7.1 ・7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605maimaiga_yochu.jpg

1605maimaiga_yochu_kao.jpg

1605maimaiga_yochu_up.jpg
スポンサーサイト

ヨツボシトンボ♂ (トンボ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) 池の水面に伸び出したカモジグサの枯れ茎に静止するヨツボシトンボの♂。 今年はショウジョウトンボとのバトルに忙しそうでした。 腹長40mm。 1/1250" F4.0 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605yotsuboshitonbo-m.jpg

ショウジョウトンボ♂ (トンボ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) 池の水面に伸び出したカモジグサに止まるショウジョウトンボの♂。 一回り大きなヨツボシトンボに臆することなくテリトリー争いを繰り広げていました。 腹長35mm。 1/500" F2.8 ISO100。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605syojotonbo-m.jpg

ハラビロトンボ♀ (トンボ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) イネ科植物のキツネガヤの花穂に止まったハラビロトンボの♀。 ハラビロトンボの腹広たる由縁が良く解ります。 腹長23mm。 1/800" F2.8 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605harabirotonbo-f.jpg

フタスジサナエ♀ (サナエトンボ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) 遊歩道脇のササの葉に不意に降り立ったサナエトンボ。 翅胸部の斑紋パターンや腹部の太さからフタスジサナエの♀のようです。 腹長35mm。 1/250" F4.0 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605futasujisanae-f.jpg

ガガンボモドキの一種 (ガガンボモドキ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) チヂミザサの花茎にぶら下がったガガンボモドキの一種。 ガガンボモドキ類はシリアゲムシの仲間に近縁の捕食性昆虫で、餌を狩る場合は前肢2本のみで草木にぶら下がり、近くに飛来する昆虫を中・後肢4本の長くてしなやかな「ふ節」で絡め捕ってしまうということです。 体長(翅端まで)20mm。 1/250" F4.0 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605gaganbomodoki_sp.jpg 

タケトゲハムシ (ハムシ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) ササの葉表を食べ始めたばかりのタケトゲハムシ。 各肢と触角が赤褐色を呈する点が本種の特徴です。 体長4mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605taketogehamushi.jpg

カタクリハムシ (ハムシ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) ウバユリの株に多かったカタクリハムシ。 体長5mm。 1/250" F5.6 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605katakurihamushi.jpg

ニンフジョウカイの一種 (ジョウカイボン科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) カモジグサの葉にいたニンフジョウカイの一種。 非常に小さなジョウカイボンの仲間です。 体長6mm。 1/250" F6.3 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605ninfujokai_sp.jpg

ヒメジャノメ (ジャノメチョウ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) マント群落のカラムシ葉上に飛んで来たヒメジャノメ。 コジャノメに良く似ていますが、翅の裏面を走る白帯が曲らず直線状となることで区別できます。 前翅長35mm。 1/800" F4.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605himejanome.jpg

トリバガの一種 (トリバガ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) チヂミザサの花茎に止まったトリバガの一種。 このようなアングルで写すことは滅多にないので、トリバガの仲間の複眼が意外に大きいことから、昼行性の蛾だと認識させられます。 前翅長7mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605toribaga_sp.jpg

ヨツモンカメノコハムシ (ハムシ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) ササの葉にいたヨツモンカメノコハムシ。 南方系のカメノコハムシで、分布域を急速に拡大、北上させています。 体長10mm。 1/250" F6.3 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605yotsumonkamenokohamushi.jpg

オドリバエの一種 (オドリバエ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) ササの葉で小型のハエを捕食中のオドリバエの一種。 太く発達した後肢腿節と脛節で獲物を押さえ込み、嘴のような口吻を突き刺して体液を吸い取る様子はオドリバエの仲間の獰猛さを如実に物語っています。 体長3.5mm。 1/250" F5.6 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605odoribae_sp_hosyoku.jpg

アカガネサルハムシ (ハムシ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) ノアザミの葉上で見つけたアカガネサルハムシ。 緑色と赤紫色の金属光沢はやはり何時見ても美しいと思います。 体長6mm。 1/200" F5.6 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605akaganesaruhamushi.jpg

アカタデハムシ (ハムシ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの葉縁にいたアカタデハムシ。 赤褐色の体色に頭部から胸部、小楯板にかけての黒色がちょっとしたアクセントとなっています。 体長4mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605akatadehamushi.jpg

ハバチの一種 (ハバチ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) ゼンマイの葉に止まったオレンジと黒のハバチの一種。 トラのような精悍なイメージです。 体長17mm。 1/250" F5.6 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605habachi_sp.jpg

ハバチの一種 (ハバチ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) スイバの葉に止まったほぼ真っ黒なハバチの一種。 触角の形状に特徴があります。 体長12mm。 1/250" F6.3 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605habachi_sp.jpg

ヒメバチの一種の産卵 (ヒメバチ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) ヤマザクラの朽ちた切り株で盛んに産卵行動を繰り返していたヒメバチの一種。 撥ね上げた産卵管鞘から抜き出した細い産卵管を半分以上材中に差し込んでいるところです。 体長15mm(産卵管鞘を除く)。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605himebachi_sp-f_sanran.jpg

ケブカサルハムシ (ハムシ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) 遊歩道防護柵上を歩いていたのはケブカサルハムシ。 「ケブカ」の名前は全体に薄茶色の短毛を纏っていて如何にも毛深そうに見えるからでしょう。 体長7mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605kebukasaruhamushi.jpg

ショウジョウトンボ♂ (トンボ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) 池畔に伸び出したカモジグサでテリトリーを張るショウジョウトンボ。 秋の赤トンボよりも赤い全身真っ赤な♂の個体です。 腹長35mm。 1/2000" F2.8 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605syojotonbo-m.jpg

ハラビロトンボ♂ (トンボ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) カモジグサの群落で成熟の時を待つハラビロトンボ。 この個体は♂で、まだ未熟な今は♀に似た体色ですが、やがて真っ黒になり、成熟すれば青白色の美しい姿へと変化します。 腹長30mm。 1/500" F2.8 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605harabirotonbo-m.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) スイカズラの若葉に止まったヒメバチの一種。 広葉樹林の林縁に形成されたマント群落の様々な植物間を徘徊していたのは、この個体が♂だとすれば、パートナーを探しての行動だったのでしょう。 体長10mm。 1/250" F6.3 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種♀ (ヒメバチ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) ハナウドの若葉に止まったヒメバチの一種。 短い産卵管鞘が見えているので♀の個体です。 体長8mm。 1/250" F6.3 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605himebachi_sp-f.jpg

キナコハリバエ♂ (ヤドリバエ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) 土手に生えたゼンマイの群落でテリトリーを張っていたキナコハリバエの♂。 凄い速さでブンブンと羽音を立てて飛び回り、また葉先に止まっては周囲を見張るといった動作を何度も繰り返していました。 体長10mm。 1/250" F5.6 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605kinakoharibae-m.jpg

ハエの一種

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの葉上で交尾中のハエの一種。 黒いボディと赤い複眼が好対照です。 体長5~6mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605hae_sp-mf.jpg

ヒゲナガハナノミ♂ (ナガハナノミ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) 何故か紅葉したゼンマイの葉先にいた♂のヒゲナガハナノミ。 ♀の居場所を探るための櫛髭状をした触角です。 体長9mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605higenagahananomi-m.jpg

コハナバチの一種 (コハナバチ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) タンポポの仲間のジシバリの黄花で吸蜜と花粉集めに余念がなかったコハナバチの一種。 後肢に生えた長毛に大量の花粉を溜め込んでいます。 体長10mm。 1/400" F5.6 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605kohanabachi_sp.jpg

ハスオビヒシウンカ (ヒシウンカ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの葉表と葉裏にいたハスオビヒシウンカ。 体色が異なっていますが、(下)の個体は羽化後あまり時間が経っていないもののようです。 体長(翅端まで)5mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605hasuobihishiunka.jpg

1605hasuobihishiunka.jpg

カノコマルハキバガ (マルハキバガ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) 遊歩道脇のマント群落でヤマノイモの葉上にいた美しい色彩の小蛾は久し振りに出会ったカノコマルハキバガで、前翅で輝く銀紋を鹿の子模様に見立てたものです。 キバガの仲間は牙状に上方に曲がって伸びた下唇鬚が特徴の一つ。 前翅長5mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605kanokomaruhakibaga.jpg

コジャノメ (ジャノメチョウ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) まるで撮ってくださいと言わんばかりに、カメラのファインダーに丁度納まる位置のゼンマイの葉上に止まった新鮮なコジャノメ。 ヒメジャノメに似ていますが、より暗い場所を好むようです。 前翅長30mm。 1/320" F4.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605kojanome.jpg
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR