シギアブの一種♂ (シギアブ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) ナラガシワの巨大な若葉の裏に張り付いていたシギアブの一種。 紫がかった大きな複眼と腹端の小さ目のゲニタリアとで♂の個体のようです。 体長8mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604shigiabu_sp-m.jpg
スポンサーサイト

ハエの一種

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) ヤマモミジの樹幹で多く見られたシギアブに似たハエの一種。 黒っぽい翅のお陰で随分大きく見えます。 体長(翅端まで)10mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604hae_sp.jpg

コアオハナムグリ (コガネムシ科)

2016年 4月 合志市飯高山 (熊本) キツネアザミの若い花蕾の一つに獲り付いていたコアオハナムグリ。 まだ花粉も蜜も出していない花蕾に執着していたのは、餌として充分に食べ応えがあるからなのでしょう。 体長15mm。 1/250" F7.1 ISO400 ・640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604koaohanamuguri.jpg

1604koaohanamuguri_kao.jpg

アザミホソクチゾウムシ (ゾウムシ科)

2016年 4月 合志市飯高山 (熊本) キツネアザミの若い花蕾に群がっていたアザミホソクチゾウムシのペア。 休耕田に生えたキツネアザミの群落はこのキツネアザミをホストにする本種で大賑わいでした。 体長3~3.5mm(口吻を除く)。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604azamihosokuchizomushi-mf.jpg

セモンジンガサハムシ (ハムシ科)

2016年 4月 合志市飯高山 (熊本) ナラガシワの若葉の表にいたセモンジンガサハムシ。 背中のX字状の紋が正に黄金色に輝いています。 体長5mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604semonjingasahamushi.jpg

ヒメヘリカメムシの一種 (ヒメヘリカメムシ科)

2016年 4月 合志市飯高山 (熊本) トウダイグサの杯状花序の中にいたヒメヘリカメムシの一種。 畑地の畦に延びたトウダイグサは葉を千切ると白い乳液がまるで血液のように噴き出します。 体長(翅端まで)8mm。 1/250" F7.1 ISO250。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604himeherikamemushi_sp.jpg

ハリバエの一種♂ (ヤドリバエ科)

2016年 4月 合志市飯高山 (熊本) クサイチゴの若葉に止まったハリバエの一種は複眼が左右かなり接近するので♂の個体。 腹部の剛毛は寄生性のハリバエの仲間のようです。 体長10mm。 1/250" F5.6 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604haribae_sp-m.jpg

マガリケムシヒキ♀ (ムシヒキアブ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴの葉上で獲物を待ち受けるムシヒキアブ科の最定番種マガリケムシヒキ。 腹端が尖っている♀の個体です。 大きな複眼は視力の良さを物語っています。 体長30mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604magarikemushihiki-f.jpg

1604magarikemushihiki-f_kao.jpg

コマユバチの一種 (コマユバチ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴの葉上で翅を休めていた小型のコマユバチの一種。 体長よりも長い触角が特徴です。 体長(翅端まで)7mm。 1/250" F7.1・5.6 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604komayubachi_sp.jpg

1604komayubachi_sp.jpg 

ヒメウラナミジャノメ (ジャノメチョウ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) 陽の当たる場所の葉上に飛んで来た新鮮なヒメウラナミジャノメ。 翅裏面の大小の眼状紋とさざ波模様が魅力的です。 前翅長25mm。 1/800" F4.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604himeuranamijanome.jpg

ホソオビヒゲナガ♂ (ヒゲナガガ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの葉縁で長い触角を伸ばすホソオビヒゲナガの♂。 ♀が放つフェロモンを探るのは♂の役目でしょうか。 前翅長10mm。 1/250" F5.6 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604hosoobihigenaga-m.jpg

コメツキムシの一種 (コメツキムシ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴ(上)とスイバ(下)の葉上に姿を見せたコメツキムシの一種。 アカアシオオクシコメツキに似ていますが、それよりかなり小型です。 体長11mm。 1/250" F5.6 ・7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604kometsukimushi_sp.jpg

1604kometsukimushi_sp.jpg

ヒゲナガハナノミ♂ (ナガハナノミ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) ハナウドの若葉にいた♂のヒゲナガハナノミ。 櫛歯状の触角は立派です。 体長11mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604higenagahananomi-m.jpg

カタクリハムシ♀ (ハムシ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) 艶やかなウバユリの若葉を食べていた♀のカタクリハムシ。 カタクリなど、ユリ科の植物をホストにするハムシです。 体長7mm。 1/250" F5.6 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604katakurihamushi-f.jpg

ケシキスイの一種 (ケシキスイ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) スイバの葉に上がって来た小型の甲虫。 触角や前胸背板の様子などから、ケシキスイの仲間のようです。 体長4mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604keshikisui_sp.jpg

ガガンボの一種♀ (ガガンボ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) スイバの葉先に止まった中型のガガンボ。 膨らんだ腹部は♀の個体でしょう。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604gaganbo_sp-f.jpg

アリバチモドキの一種♂ (アリバチ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴの若葉に止まった毛深いハチの一種。 腹部の長毛の様子などから、アリバチモドキの♂かと思われます。 体長11mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604aribachimodoki_sp-m.jpg

キマダラハナバチの一種 (ミツバチ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴの若葉に止まったキマダラハナバチの一種。 キマダラハナバチの仲間の最大種ダイミョウキマダラハナバチよりは一回り小型の種類です。 体長(翅端まで)7mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604kimadarahanabachi_sp.jpg

ヒメグンバイ (グンバイムシ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) ナラガシワの若葉の裏にいたヒメグンバイ。 掌よりも大きなナラガシワの葉の裏側に1~2匹が付いているだけなので、ツツジグンバイやトサカグンバイなどのように寄生植物の葉を汚く変色させることがありません。 非常に綺麗な状態でいるグンバイムシです。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604himegunbai.jpg

1604himegunbai-mf.jpg

ハエの一種

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) スイバとギシギシの葉上にいたハエの一種。 最も普通に見かけるハエですが、両者が同一種だとすれば、複眼が左右で接近する(上)が♂、大きく離れる(下)が♀ということになります。 体長7mm。 1/250" F7.1 ISO400 ・640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604hae_sp-m.jpg

1604hae_sp-f.jpg

コシアキハバチ♂ (ハバチ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴの葉上で、捕らえたヒメバチの一種を貪り食うコシアキハバチ。 頑丈な大顎で噛み砕き、瞬く間に平らげてしまいました。 体長(翅端まで)18mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604koshiakihabachi-m.jpg

1604koshiakihabachi-m.jpg

オキナワトビサルハムシ九州亜種 (ハムシ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴの葉上にいた銅がね色のハムシ。 サクラ類をホストにするオキナワトビサルハムシの九州亜種です。 体長6mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604okinawatobisaruhamushi_kyusyuasyu.jpg

セダカコガシラアブ♂ (コガシラアブ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) コナラの若葉に止まったセダカコガシラアブの♂。 複眼で覆われた頭部と、背中から90度に折れ曲がった特異な姿をしています。 体長9mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604sedakakogashiraabu-m.jpg

ナガハリバエの一種 (ヤドリバエ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴの葉に止まっていたナガハリバエの一種。 去年の今頃、同じ場所で本種を撮影しています。 体長7mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604nagaharibae_sp.jpg

ハエの一種

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) スイバの葉で見つけた超小型のハエ。 翅を水平に開いているので光を良く反射しています。 体長2mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604hae_sp.jpg

アカアシオオクシコメツキ (コメツキムシ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) カモジグサの葉に姿を現わした中型のコメツキムシ。 肢が僅かに赤く見えるので、アカアシオオクシコメツキのようです。 体長18mm。 1/320" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604akaashiokushikometsuki.jpg

チヂミザサクサモグリガ (クサモグリガ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) ハルジオンの若葉で円を描くように動き回っていた超小型の蛾の一種。 翅の白紋の様子からクサモグリガ科のチヂミザサクサモグリガだと思われます。 前翅長4mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604chijimizasakusamoguriga.jpg

ヒメバチの一種♀ (ヒメバチ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) カモジグサの葉に止まっていた超小型のヒメバチの一種。 短めの産卵管鞘が見えています。 体長(翅端まで)4mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604himebachi_sp-f.jpg

ミズアブの一種♀ (ミズアブ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) スイバの葉に隠れていたミズアブの一種。 両複眼が大きく離れているので♀の個体のようです。 体長(翅端まで)6mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604mizuabu_sp-f.jpg

ニホンミツバチの分蜂 (ミツバチ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) 9日の昼下がり、コナラの太枝にびっしりと集まったニホンミツバチの群れ。 所謂、分蜂と言われるもので、(上)の状態ではまだ羽音が聞こえていましたが、30分後には(下)のような蜂球を形成し羽音はなくなりました。 蜂球の中には女王蜂が居る筈です。 1/250" F4.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604nihonmitsubachi_bunpo.jpg

1604nihonmitsubachi_bunpo.jpg

1604nihonmitsubachi_bunpo3.jpg
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR