コヨツボシアトキリゴミムシ (オサムシ科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキ大木の根元付近のやゝ湿った樹皮裏にいたコヨツボシアトキリゴミムシ。 越冬場所の湿度の高さを物語るように、体の上面には半球状の水滴が幾つも見られます。 体長5mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro



1602koyotsuboshiatokirigomimushi_kao.jpg
スポンサーサイト

マルカメムシ (マルカメムシ科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) トウカエデの樹皮裏に多かったマルカメムシ。 眠りは浅いようで、折角多数が集まっていても直ぐにバラけてしまいます。 体長5mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1602marukamemushi.jpg

ケチャタテの一種♀ (ケチャタテ科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) アラカシの葉裏にいたケチャタテの一種。 暫らく歩き回った後、枯れて薄茶色に変色した部分に静止しましたが、緑葉上よりも体色に近い色調の方が安心なのでしょう。 体長(翅端まで)5mm。 1/250" F7.1 ISO320。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1602kechatate_sp-f.jpg

ヒレルクチブトゾウムシ♂♀ (ゾウムシ科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮裏で交尾態勢のまゝ固まっていたヒレルクチブトゾウムシのペア。 春になって目覚めた時に、この方が都合が良いのでしょうか。 体長3.5~4mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1602hirerukuchibutozomushi-mf.jpg

1602hirerukuchibutozomushi-mf.jpg

ヒサゴホソカタムシ (ホソカタムシ科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮裏で越冬中の微小な甲虫はヒサゴホソカタムシ。 樹皮の隙間のゴミに紛れて見逃すところでした。 体長2mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1602hisagohosokatamushi.jpg

ヒメオビオオキノコ (オオキノコムシ科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの大きく剥がれた樹皮の裏側で越冬していたヒメオビオオキノコ。 冬季の樹皮捲りで見つかる昆虫の中では大柄で、真っ黒な体の上翅に現れる4個のオレンジのバットマン・マークは色鮮やかです。 体長11mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1602himeobiokinoko.jpg

1602himeobiokinoko.jpg

オビデオゾウムシ (ゾウムシ科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮裏で小集団で越冬中のオビデオゾウムシ。 立田山の一角に立つ一本のケヤキでのみ、毎年数頭が纏まって冬越ししています。 体長2mm(口吻を除く)。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1602obideozomushi.jpg

アカバコキノコムシダマシ (キノコムシダマシ科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮裏で越冬中のアカバコキノコムシダマシ。 ケヤキの樹皮の隙間は断熱効果が高いためか数多くの微小甲虫が冬越しの場所として利用しています。 体長2.5mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1602akabakokinokomushidamashi.jpg

モンクチビルテントウ (テントウムシ科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮の裏側で越冬していたヨツボシテントウ。 これまで、上翅の黒紋の間が黄色になる個体ばかりに出合って来ましたので、何か別種を見ているような感じがします。 そう、それも其の筈、これはモンクチビルテントウという南方系のテントウムシなのです。 ヨツボシテントウより更に毛深く、黒紋も一層大きい点で区別できます。 体長2.5mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1602monkuchibirutento1.jpg

1602monkuchibirutento2.jpg 

シロオビチビサビキコリ (コメツキムシ科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮の裏側で縮こまっていた微小なコメツキムシはシロオビチビサビキコリ(上下、別個体)。 全体を被う白色短毛が目立ちます。 体長3mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1602shiroobichibisabikikori.jpg

1602shiroobichibisabikikori2.jpg

ハロルドヒメコクヌスト (コクヌスト科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮の裏側にへばり付いていたハロルドヒメコクヌスト(上下、別個体)。 樹皮の質感や其処に溜まったゴミに同化した姿はうっかりしていると見過ごしてしまいそうです。 これらの個体はやゝ大き目の体長4.5mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1602harorudohimekokunusuto.jpg

1602harorudohimekokunusuto.jpg

ツヤナガヒラタホソカタムシ (ホソカタムシ科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮裏で越冬していたツヤナガヒラタホソカタムシ。 西日を浴びて覚醒し、ゆっくりと歩き始めてしまいました。 体長3mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1602tsuyanagahiratahosokatamushi.jpg

ツヤケシヒメホソカタムシ (ホソカタムシ科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮裏で越冬中のツヤケシヒメホソカタムシ。 8年前に出会った当初は何科のムシかも判りませんでしたが、今では毎年の樹皮捲りで、特にケヤキの常連であることからすっかり顔馴染みになりました。 体長2.5mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1602tsuyakeshihimehosokatamushi.jpg

セモンジンガサハムシ (ハムシ科)

2016年 1月 熊本市立田山 (熊本) ユズリハの葉裏にいたセモンジンガサハムシ。 常緑広葉樹の葉捲りで見つかる越冬昆虫では最も個体数が多く、ホストのサクラは落葉樹なので、付近のツバキやユズリハ、キンモクセイなどの葉裏に張り付いて冬の寒さを遣り過ごしています。 体長5mm。 1/250" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1601semonjingasahamushi.jpg

マダラアラゲサルハムシ (ハムシ科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮裏で越冬中のマダラアラゲサルハムシ。 各肢を縮めて如何にも寒そうな姿です。 体長3.5mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1602madaraaragesaruhamushi.jpg

ホソガの一種 (ホソガ科)

2016年 1月 熊本市立田山 (熊本) ユズリハの葉裏にいたホソガの一種。 学名は Chrysocercops castanopsidis Kumata & Kuroko,1988 ですが、和名はまだ付けられていないようです。 前翅長4mm。 1/250" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1601hosoga_sp.jpg

オビデオゾウムシ (ゾウムシ科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮裏で越冬中のオビデオゾウムシ。 微小なゾウムシで、体長は1.5mm(口吻を除く)しかありません。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1602obideozomushi.jpg

クルミハムシ (ハムシ科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮裏で越冬中のクルミハムシ。 ケヤキの狭い樹皮の隙間に上手く潜り込んでいるのには何時もながら感心してしまいます。 体長7.5mm。 1/250" F7.1 ISO320。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1602kurumihamushi.jpg

ヤノナミガタチビタマムシ (タマムシ科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮裏で越冬中のヤノナミガタチビタマムシ。 上翅を横切る白い微毛による波型模様が特徴です。 体長3.5mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1602yanonamigatachibitamamushi.jpg

ヒレルクチブトゾウムシ♂♀ (ゾウムシ科)

2016年 1月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮裏にいたヒレルクチブトゾウムシのペア。 両方共越冬状態で眠っている筈ですが、やはり上が♂で下が♀のようです。 体長3.5~4mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1601hirerukuchibutozomushi-mf.jpg

ムツボシテントウ (テントウムシ科)

2016年 1月 熊本市立田山 (熊本) これもケヤキの樹皮裏にいた小甲虫のムツボシテントウ。 寒風に吹かれながら見る赤色には僅かな温もりが感じられます。 体長2mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1601mutsuboshitento.jpg
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR