ニワハンミョウ (ハンミョウ科)

2014年 5月 阿蘇 鍋の平 (熊本) コンクリート舗装された日向の農道に多くのニワハンミョウが屯していました。 中にはペアとなって交尾する者も現れたりして・・・。 体長、♂15mm、♀18mm。 1/320" F7.1 ISO100。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1405niwahanmyo.jpg

1405niwahanmyo-mf.jpg

スポンサーサイト

アシナガムシヒキ♂ (ムシヒキアブ科)

2014年 6月 熊本市立田山 (熊本) イノコヅチの葉上に飛んで来たムシヒキアブは特に肢が長い、その名もアシナガムシヒキ。 このアシナガムシヒキには変なクセがあって、静止の際に前肢の片方、偶には両方を頭上に掲げるのが常です。 獲物を見つけて急発進する時に振り下ろして反動を付けるためでしょうか。 体長20mm。 1/250" F5.6 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406ashinagamushihiki-m.jpg

ハバチの一種 (ハバチ科)

2014年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) クサイチゴの葉に止まった小型のハバチの一種。 ハグロハバチに似ていますが、肢が淡色なので違うようです。 体長(翅端まで)5.5mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406habachi_sp.jpg

ハンミョウ (ハンミョウ科)

2014年 8月 山鹿市八方ヶ岳 (熊本) コンクリート舗装された古い農道を飛び歩いていたハンミョウ。 何故か頭部や背中に小さなハエが4匹も乗っています。 一体何をしているのでしょう。 体長22mm。 1/400" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1408hanmyo.jpg

ゾウムシの一種 (ゾウムシ科)

2014年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) イヌタデの群落にいた小型のゾウムシの一種。 この手の微小なゾウムシの同定はなかなか難しいものです。 体長3mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406zomushi_sp.jpg

ミスジガガンボ (ガガンボ科)

2014年 8月 山鹿市八方ヶ岳 (熊本) イヌホオズキの葉上に静止するミスジガガンボ。 小さなガガンボですが、各肢は長いので結構な大きさです。 ガガンボの仲間の平均棍は機械的な造形を呈します。 体長5mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1408misujigaganbo.jpg

1408misujigaganbo.jpg

ヒメホシカメムシ (ホシカメムシ科)

2014年 6月 菊池市菊池渓谷 (熊本) ミツバの葉上にいたヒメホシカメムシ。 黄緑色の中で、黒い目玉模様を付けた赤いカメムシは非常に良く目立っていました。 体長15mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406himehoshikamemushi.jpg

コンボウアメバチ (ヒメバチ科)

2014年 6月 阿蘇 十文字峠 (熊本) イノコヅチの葉上で翅を休めるコンボウアメバチ。 大型のヒメバチの仲間で、クスサンやヤママユなどの幼虫に寄生するそうです。 体長32mm。 1/250" F7.1 ISO320。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406konboamebachi.jpg

キボシカミキリ (カミキリムシ科)

2014年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシの葉にいたキボシカミキリ。 ホストはクワ科のヤマグワやヒメコウゾなどです。 体長22mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406kiboshikamikiri.jpg

シマアオカスミカメ (カスミカメムシ科)

2014年 6月 菊池市菊池渓谷 (熊本) サラシナショウマの葉縁にいたカスミカメムシの一種は小楯板に黄緑色のハート紋をあしらったシマアオカスミカメ。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406shimaaokasumikame.jpg

キマダラカメムシ (カメムシ科)

2014年 8月 合志市飯高山 (熊本) コナラの樹幹にいたキマダラカメムシの成虫(上)と幼虫(下)。 毎年、夏の終わりに成虫へと羽化するキマダラカメムシは外来の帰化昆虫ですが、大発生することもなく、保護色を纏って地味に暮らしています。 体長、成虫23mm、幼虫18mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1408kimadarakamemushi.jpg

1408kimadarakamemushi_yochu.jpg

カブトムシ♂ (コガネムシ科)

2014年 8月 合志市飯高山 (熊本) コナラの樹幹を這い登って来たカブトムシ。 ♂のシンボルの角があまり大きくない個体です。 体長55mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1408kabutomushi-m.jpg

1408kabutomushi-m_kao.jpg

ツクツクホウシ♂ (セミ科)

2014年 8月 合志市飯高山 (熊本) アカメガシワの樹幹で鳴いていたアツクツクホウシ。 両複眼間の3個の単眼が宝石のルビーのようです。 体長32mm。 1/250" F7.1 ・8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1408tsukutsukuhoshi-m.jpg

1408tsukutsukuhoshi-m_kao.jpg

アカウシアブ♀ (アブ科)

2014年 8月 合志市飯高山 (熊本) アカメガシワの樹幹にいたアカウシアブ。 大型のアブで、主に牛馬に集っていますが、時に人からも吸血します。 体長25mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1408akaushiabu-f.jpg

1408akaushiabu-f_kao.jpg

ヒメクモヘリカメムシ (ホソヘリカメムシ科)

2014年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) ススキの葉にいたヒメクモヘリカメムシ。 近似種のクモヘリカメムシに良く似ていますが、頭部と前胸背がほぼ同じ長さである点で区別できます。 体長12mm。 1/200" F5.6 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1408himekumoherikamemushi.jpg

ヒメグンバイ (グンバイムシ科)

2014年 6月 熊本市立田山 (熊本) ナラガシワの葉裏で吸汁していたヒメグンバイ。 巨大な葉なのと、一葉に付き1~2頭の少数発生なので、グンバイムシによる寄生の被害は殆んど目立ちません。 体長(翅端まで)2.5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406himegunbai.jpg

イノコヅチカメノコハムシ (ハムシ科)

2014年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) イノコヅチに特有のカメノコハムシで、イノコヅチの若葉の裏にいたところをスナップ。 小さな虫食い穴がいっぱい付いた葉を捲るとよく見つかります。 体長5mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1407inokozuchikamenokohamushi.jpg

ハエの一種

2014年 6月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴ葉上のハエの一種。 よく各種植物にポツンと単独でいることの多いハエです。 体長5mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406hae_sp.jpg

シロヘリカメムシ (カメムシ科)

2014年 6月 菊池市菊池渓谷 (熊本) ヨメナの葉上にいたカメムシは翅の両側が白っぽく見える、その名もシロヘリカメムシ。 敏感なカメムシで、すぐに葉裏に回り込み、挙句に飛び去ってしまいました。 体長15mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406shiroherikamemushi.jpg

ヒョウタンハリバエの一種♀ (ヤドリバエ科)

2014年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) ヒメコウゾの葉に飛んで来た腹部が細長いハリバエの一種。 この体型からカメムシ類に寄生するヒョウタンハリバエの仲間だと思われます。 体長12mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406hyotanharibae_sp-f.jpg

コマユバチの一種♀ (コマユバチ科)

2014年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) ナガバヤブマオの若葉に執着していたコマユバチの一種。 探していたホストは何だったのでしょうか。 若しかしたらクモ類だったかもしれません。 体長6mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1408komayubachi_sp-f.jpg

シラホシカミキリ♂ (カミキリムシ科)

2014年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) 背後から飛んで来て眼前のカラムシに着地したシラホシカミキリ。 よく飛ぶカミキリムシで、このワンカットを残してまた何処かへ飛び立って行きました。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406shirahoshikamikiri-m.jpg

コマユバチの一種 (コマユバチ科)

2014年 6月 熊本市立田山 (熊本) ヘクソカズラの葉縁に飛来したコマユバチの一種。 体長5mm前後のコマユバチは最も目にする機会が多いものです。 体長6mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406komayubachi_sp.jpg

コバチの一種

2014年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) クサイチゴの葉上にいたコバチの一種。 羽蟻かと見紛う体型ですが、触角は立派です。 体長4mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406kobachi_sp.jpg

カブラハバチ (ハバチ科)

2014年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) ミツバの葉に飛んで来た胸と腹部がオレンジ色のハバチの一種。 触角の形状はチュウレンジバチではなく、アブラナ科植物につくカブラハバチのようです。 体長6mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1407kaburahabachi.jpg

ハリバエの一種 (ヤドリバエ科)

2014年 6月 熊本市立田山 (熊本) ヤブガラシの葉縁で翅を休めるハリバエの一種。 ブランコヤドリバエに似ていますが、中胸背板の黒条がそれとは異なるようです。 体長7mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406haribae_sp.jpg

 

ヒサマツムシヒキ♂ (ムシヒキアブ科)

2014年 8月 阿蘇 十文字峠 (熊本) ヨモギの葉に飛んで来たムシヒキアブの一種。 ムシヒキアブとしては小型の種類で、マガリケムシヒキではなく、ヒサマツムシヒキだと思われます。 体長18mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1408hisamatsumushihiki-m.jpg

ハエの一種♂

2014年 8月 阿蘇 十文字峠 (熊本) ササの葉に止まったハエの一種。 左右がくっ付く程の大きく赤い複眼は♂の個体で、翅の干渉色が美しく写りました。 体長7mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1408hae_sp-m.jpg

キナコハリバエ♂ (ヤドリバエ科)

2014年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシの群落でブンブンと大きな羽音を立てて飛び回り、ホバリングしながらまた同じ場所に舞い戻るという♂特有のテリトリー監視行動を繰り返していたキナコハリバエ。 ♀はホストを探してブンブンと飛び回っていますが、♂は専らパートナーを探すことにエネルギーを費やしているんですね。 体長8mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1408kinakoharibae-m.jpg

アシグロツユムシの幼虫 (キリギリス科)

2014年 8月 阿蘇 十文字峠 (熊本) ニワトコの葉先にいたアシグロツユムシの幼虫。 これはまだ小さな個体で、付近には10mm前後に育った幼虫の姿が多く見られました。 体長4mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1408ashigurotsuyumushi_yochu.jpg
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR