ホソオチョウ♂ (アゲハチョウ科)

2014年 4月 熊本県 産 もうそろそろ飛んでいる筈だとホソオチョウの産地を訪れてみました。 予想通り数頭の♂が舞い飛ぶも♀の発生はまだで、食草を同じくするジャコウアゲハはウマノスズクサの若葉に盛んに産卵を繰り返していました。 前翅長30mm。 1/8000" F2.8 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404hosoocho-m.jpg
スポンサーサイト

タベサナエ♂ (サナエトンボ科)

2014年 4月 和水町菊水 (熊本) 小さな池の周囲でテリトリーをパトロールしていたサナエトンボの♂。 翅胸部と胸側のパターンはタベサナエのものです。 腹長40mm。 1/2500" F2.8 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404tabesanae-m.jpg

シギアブの一種 (シギアブ科)

2014年 4月 熊本市立田山 (熊本) ヤマナシの若葉の裏にこのシギアブの一種が多数見られました。 翅を水平に開いて長い肢を持つ点はシギアブの仲間に共通した特徴です。 体長11mm。 1/160" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404shigiabu_sp.jpg

コマユバチの一種 (コマユバチ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 渓流沿いのウバユリ葉上にいた小型のコマユバチの一種。 忙しなく歩き回っていましたが、何か寄生対象でも探していたのでしょうか。 体長(翅端まで)3.5mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404komayubachi_sp.jpg

クズノチビタマムシ (タマムシ科)

2014年 4月 熊本市立田山 (熊本) ヤマナシの若葉上にいたチビタマムシの一種。 頭胸部の金色の毛からクズに付くクズノチビタマムシのようです。 体長4mm。 1/160" F8.0 ISO1600。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404kuzunochibitamamushi.jpg

1404kuzunochibitamamushi_kao.jpg

クロハネシロヒゲナガ♂ (ヒゲナガガ科)

2014年 4月 熊本市立田山 (熊本) 草叢を何やら白い針金のような物がユラユラ浮かんで移動中。 後を追いかけると、ヤエムグラの葉先に止まったところはクロハネシロヒゲナガの♂でした。 黒っぽい翅も光を反射して赤紫に写っています。 前翅長7mm。 1/160" F5.6 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404kurohaneshirohigenaga-m.jpg

イチゴハムシ (ハムシ科)

2014年 4月 熊本市立田山 (熊本) すっかり伸び切って花穂を付けたギシギシの葉に多くのイチゴハムシが見られました。 交尾中でも♀の方はせっせと食事に余念がありません。 体長4.5~5.5mm。 1/160" F8.0 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404ichigohamushi-mf.jpg

アケビコンボウハバチ (コンボウハバチ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) ヤブジラミの葉上にいた大型のコンボウハバチ。 付近に若葉を広げたミツバアケビがあったので、この個体は羽化したばかりのアケビコンボウハバチのようです。 体長20mm。 1/160" F7.1 ・8.0 ISO800 ・640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404akebikonbohabachi.jpg

1404akebikonbohabachi_kao.jpg

コメツキムシの一種 (コメツキムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道の防護柵にいたコメツキムシの一種。 体型から容易にコメツキムシの仲間だとは分かりますが、種名にまではなかなか辿り着けません。 体長11mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404kometsukimushi_sp.jpg

ナカジロサビカミキリ (カミキリムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道の木製防護柵柱頭上でじっとしていたナカジロサビカミキリ。 小鳥の糞に擬態したつもりの本人は今の場所に居る限り絶対に正体を見破られない筈だと安心し切っている様子です。 体長8mm。 1/160" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404nakajirosabikamikiri.jpg

カシワクチブトゾウムシ (ゾウムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道防護柵の擬木柱頭上にいたカシワクチブトゾウムシ。 ブナ科の樹木をホストにするゾウムシで、今の時季ビーティングをすれば相当の数が落ちて来ます。 体長5mm。 1/160" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404kashiwakuchibutozomushi.jpg

キスイモドキ (キスイモドキ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道の防護柵で見つけたキスイモドキ。 全体が灰色~褐色の臥毛に被われているため、AFも非常に良く合焦してくれます。 体長5mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404kisuimodoki.jpg 

キシタトゲシリアゲ♂ (シリアゲムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道の木製防護柵柱頭上に止まったキシタトゲシリアゲ。 春最も早期に発生するシリアゲムシで、翅をガの仲間のように屋根型に畳むので、♂の特徴である把握器はあまり見えません。 体長(翅端まで)18mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404kishitatogeshiriage-m.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道の木製防護柵に止まったヒメバチの一種。 触角中央部上面が白くなるハチには時々出会いますが、種名まではなかなかハッキリしません。 体長8mm。 1/160" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404himebachi_sp.jpg

イチゴハナゾウムシ (ゾウムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道のコンクリート製擬木柱頭上を歩いていた小型のゾウムシ。 上翅後半の白く縁取られた黒紋は良く目立ち、イチゴハナゾウムシだと判ります。 体長3mm。 1/160" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404ichigohanazomushi.jpg

ホソアトキリゴミムシ (オサムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道の木製防護柵を歩いていたアトキリ系のゴミムシ。 アトキリゴミムシの仲間には幅広な体型の者が多いですが、本種は細身で、ケヤキなどの樹皮下で越冬中のところをよく目にします。 体長8mm。 1/160" F8.0 ISO250。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404hosoatokirigomimushi.jpg

テントウムシ (テントウムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道の木製防護柵柱頭上にいたテントウムシ。 所謂ナミテントウと呼ばれる国内産テントウムシ類の最普通種で、遺伝的斑紋多型が見られます。 この個体は「紅型」ですが、一部の黒紋が消失しています。 体長6mm。 1/160" F8.0 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404tentomushi.jpg

フジハムシ (ハムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 新芽を伸ばしたヤマフジの下の遊歩道防護柵に多く見られた、その名もフジハムシ。 黒と茶のツートーンはなかなか渋い色合いです。 体長5mm。 1/160" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404fujihamushi.jpg

アリの一種 (アリ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道の木製防護柵柱頭に上がって来たアリの一種。 発達した中胸背の盛り上がりは結婚飛行を終えて脱翅した女王アリで、腹柄節とやゝ尖った腹端の様子からシリアゲアリの仲間のようです。 体長5mm。 1/160" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404ari_sp_joo.jpg

ムネアカタマノミハムシ (ハムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道の木製防護柵柱頭上にいた小型のハムシの一種。 後肢腿節が太いので、ノミハムシの仲間のムネアカタマノミハムシのようです。 体長2mm。 1/160" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404muneakatamanomihamushi.jpg 

イチモンジカメノコハムシ (ハムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道防護柵のコンクリート製擬木柱頭上にいたイチモンジカメノコハムシ。 ムラサキシキブをホストにする国内産カメノコハムシの最大種です。 体長8mm。 1/160" F7.1 ・8.0 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404ichimonjikamenokohamushi.jpg

1404ichimonjikamenokohamushi_kao.jpg

ハダカヒゲボソゾウムシ (ゾウムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道防護柵で見つけたヒゲボソゾウムシの一種。 光沢の強い上翅からハダカヒゲボソゾウムシだと思われます。 体長5.5mm。 1/160" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404hadakahigebosozomushi_fly.jpg

1404hadakahigebosozomushi.jpg

ナカジロサビカミキリ (カミキリムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 渓谷に架かる木造橋の欄干に静止していたナカジロサビカミキリ。 上翅中央の白色部は小鳥の糞にソックリ、動かざることこそが擬態の極意とばかりに微動だにしません。 お見事! 体長8mm。 1/160" F8.0 ISO1250。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404nakajirosabikamikiri.jpg

クロナガハナゾウムシ (ゾウムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道の木製防護柵柱頭上にいた小型のゾウムシ。 前胸背板中央から小楯板にかけての白色部が特徴的なクロナガハナゾウムシのようです。 体長4mm。 1/160" F7.1 ISO1250。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404kuronagahanazomushi.jpg

ズグロキハムシ (ハムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 渓谷遊歩道のコンクリート製防護柵の柱頭上にいたハムシは頭部だけが真っ黒なズグロキハムシです。 体長5mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404zugurokihamushi.jpg

ノミハムシの一種 (ハムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 渓谷遊歩道のコンクリート製防護柵の柱頭上にいたハムシの一種。 前胸背板がオレンジ色の、後肢腿節が太く発達したノミハムシの仲間のようです。 体長3mm。 1/160" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404nomihamushi_sp.jpg

ウシカメムシ (カメムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 渓谷遊歩道のコンクリート製防護柵を歩いて来たウシカメムシ。 ウシカメムシとは良く発達した側角を牛の角に見立てての命名でしょう。 何とも存在感のあるカメムシです。 体長10mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404ushikamemushi.jpg

1404ushikamemushi_kao.jpg

トラフコメツキ (コメツキムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 渓谷遊歩道の木製防護柵にいたトラフコメツキ。 例年4月中旬に出現するコメツキムシで、スプリング・エフェメラルの一つと言えるでしょう。 体長12mm。 1/160" F7.1 ・8.0 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404torafukometsuki.jpg

1404torafukometsuki.jpg

カシアシナガゾウムシ (ゾウムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 渓谷遊歩道のコンクリート製防護柵の柱頭上にいたアシナガゾウムシの一種。 上翅の白い斜条はカシアシナガゾウムシのもののようです。 体長6mm(口吻を除く)。 1/160" F8.0 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404kashiashinagazomushi.jpg

クロアシヒゲナガヒラタミツギリゾウムシ (ミツギリゾウムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 渓谷遊歩道の古びたコンクリート製防護柵にいたミツギリゾウムシの一種。 クロアシ・ヒゲナガ・ヒラタ・ミツギリ・ゾウムシと見かけの特徴を列記した非常に長い種名が付けられています。 ヒラタムシの仲間に似た体型からも判る通り、朽木の樹皮下を生活の場とする小甲虫です。 体長5mm(口吻を除く)。 1/160" F7.1 ISO1250。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404kuroashihigenagahiratamitsugirizomushi.jpg
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR