オオアオイトトンボ♂ (アオイトトンボ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) アオイトトンボ科の最大種。 翅を半開きにして静止するのはアオイトトンボ科の特徴です。 成虫で越冬はしませんが、最も秋遅くまで活動するイトトンボです。 腹長35mm。 1/800" F4.0 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310oaoitotonbo-m.jpg
スポンサーサイト

ブドウトリバ (トリバガ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) ヨメナの花に飛んで来たブドウトリバ。 日中に活動する小蛾で、ノブドウなどがホストです。 前翅長6mm。 1/160" F5.6 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310budotoriba.jpg

シロセスジヨコバイ (ヨコバイ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) アカメガシワの葉上にいた小さなヨコバイはその特徴的な色彩斑紋でシロセスジヨコバイに同定できました。 体長4.5mm。 1/160" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310shirosesujiyokobai.jpg

タテハモドキ (タテハチョウ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) 立田山トンボ池の水辺にいた秋型のタテハモドキ。 翅の裏面は葉脈のある枯葉色で、なかなか重厚な趣を感じる個体です。 前翅長40mm。 1/4000" F2.8 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310tatehamodoki.jpg

アカハバビロオオキノコ (オオキノコムシ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹幹上を下りて来たオオキノコムシの一種。 晩秋まで活動するオオキノコムシの仲間の定番種、アカハバビロオオキノコです。 体長6mm。 1/160" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310akahababirookinoko.jpg

1310akahababirookinoko.jpg

クロモリヒラタゴミムシ (オサムシ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキ(上)とイチイガシ(下)の樹皮下にいたモリヒラタゴミムシの一種。 冬季に樹皮下で越冬する昆虫の最定番種、クロモリヒラタゴミムシです。 体長8mm。 1/160" F8.0 ・7.1 ISO800 ・320。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310kuromorihiratagomimushi.jpg

1310kuromorihiratagomimushi.jpg

ホソヒラタアブ♀ (ハナアブ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) イノコヅチの穂先に静止したホソヒラタアブの♀。 成虫で越冬するハナアブの仲間です。 体長8mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310hosohirataabu-f.jpg

マメヒラタアブ♀ (ハナアブ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) イノコヅチの小花に来ていた小型のハナアブ。 イヌガラシなどの小さな黄花に止まった時には特に目立ちません。 体長6mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310mamehirataabu-f.jpg

コマユバチの一種 (コマユバチ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) ヒナタイノコヅチの葉上に見つけた超小型のハチ。 コマユバチの一種だと思われますが、違っているかもしれません。 体長(翅端まで)4mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310komayubachi_sp.jpg

アワダチソウグンバイ (グンバイムシ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) セイタカアワダチソウの葉表にいたグンバイムシの一種。 寄生植物からアワダチソウグンバイです。 体長(翅端まで)2.5mm。 1/160" F11.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310awadachisogunbai.jpg

コバネイナゴ♂ (バッタ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの葉上に跳び乗ったコバネイナゴの♂。 正面から見る顔はひょうきんで、まるで別人のようです。 体長30mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310kobaneinago-m.jpg
 
1310kobaneinago-m_kao.jpg

キマダラセセリ (セセリチョウ科)

2013年 9月 熊本市立田山 (熊本) クズの葉上で翅を休めるキマダラセセリ。 セセリチョウの中でもキマダラセセリのオレンジは特に色鮮やかだと思います。 前翅長15mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1309kimadaraseseri.jpg

トガリハリバエ♂ (ヤドリバエ科)

2013年 9月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの葉上で肢の手入れをするハリバエの一種は、腹端の毛の生え方と腹部の尖り具合からトガリハリバエの♂だと種名を同定できる数少ない大型のハリバエです。 体長15mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1309togariharibae-m.jpg

コバネアオイトトンボ♂ (アオイトトンボ科)

2013年 10月 熊本県 産 キツネノマゴの花穂に止まるコバネアオイトトンボの♂です。 10月に入り、複眼がひと際美しいコバルト・ブルーに染まりました。 第9 ・10腹節が白くなる点は本種の最も目立った特長です。 腹長28mm。 1/250" F4.0 ・7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310kobaneaoitotonbo-m.jpg

1310kobaneaoitotonbo-m_kao.jpg

コマユバチの一種♀ (コマユバチ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) キカラスウリの葉にいたコマユバチの一種と思われる超小型のハチ。 暫らくはジッとしていたものの、ピント・チェック中にいなくなってしまいました。 体長2.5mm(産卵管鞘を除く)。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310komayubachi_sp-f.jpg

ヒメアカタテハ (タテハチョウ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) この日はセイタカアワダチソウの花穂で数頭のヒメアカタテハが吸蜜に勤しんでいました。 秋の今頃が最も多くのヒメアカタテハを見ることができる季節です。 前翅長40mm。 1/3200" F4.0 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310himeakatateha.jpg

キマダラカメムシの顔 (カメムシ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) サクラ(ソメイヨシノ)の樹幹で地衣の上から樹皮に口吻を突き刺しているキマダラカメムシ。 樹皮以外の場所から吸汁中の場面は見たことがありません。 体長23mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310kimadarakamemushi_kao.jpg

ハスモンヨトウの幼虫 (ヤガ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) ダイズ(エダマメ)の葉を食い荒らしていた芋虫は特徴的な身体の模様からヤガ科のハスモンヨトウの幼虫だと判明しました。 ハスモンヨトウの幼虫は非常に食性が広く、ヨトウムシとして野菜栽培農家からは毛嫌いされている害虫です。 体長17mm。 1/320" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310hasumonyoto_yochu.jpg

ホソクビアリモドキ (アリモドキ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) クサギの葉上で偶然見つけた小甲虫はアリの姿に良く似たホソクビアリモドキ。 ホントにある種のアリと同じ位の大きさだし、また同じような動き方をするので、普段は見過ごしてしまっているのかもしれません。 体長2.5mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310hosokubiarimodoki.jpg

ハチの一種

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) 今シーズン、クサギの葉上で良く見られた小型のハチの一種ですが、この個体はヨウシュヤマゴボウの葉を歩き回っていたものです。 体長9mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310hachi_sp.jpg

キンケハラナガツチバチ♀ (ツチバチ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) セイタカアワダチソウの花穂に来ていたキンケハラナガツチバチの♀。 ♀の触角は途中で切れたように短いのが特徴です。 体長30mm。 1/250" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310kinkeharanagatsuchibachi-f.jpg

ホソヘリカメムシ (ホソヘリカメムシ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) クサギの葉上にいたホソヘリカメムシ。 太く発達した後肢腿節とそこに並ぶ棘が目に付きます。 体長18mm。 1/1000" F4.0 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310hosoherikamemushi.jpg

チョウトンボ♂ (トンボ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) 立田山トンボ池ではなく、小高い丘を挟んで南に位置するサクラ池の水際で唯1頭、テリトリーを張っていたチョウトンボの♂です。 チョウトンボの発生期はとうの昔、今から2カ月以上も前に終わっている筈で、10月も半ばを過ぎて羽化したこの個体は時期を間違えたとしか言いようがありません。 腹長30mm。 1/1000" F4.0 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310chotonbo-m.jpg

オオアオイトトンボ♀ (アオイトトンボ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) 水辺から200mほど離れた草叢で成熟の時を待つ♀のオオアオイトトンボ。 アオイトトンボ科の中でも一回り大きく、特に♀には重量感があります。 腹長32mm。 1/40" F4.0 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310oaoitotonbo-f.jpg

フクラスズメの幼虫 (ヤガ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの葉裏にいたど派手な色彩の毛虫。 これはフクラスズメというヤガ科シタバ亜科の中型の蛾の幼虫で、赤、黒、黄の警告色のボディでも毒針毛は持たないので、このドッキリさせられる姿は唯のこけおどしです。 更に、身体前半を激しく横に振動させて外敵を撃退する得意技を持っていますが、これは相当有効な手段だと思われます。 体長60mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310fukurasuzume_yochu.jpg

1310fukurasuzume_yochu.jpg

1310fukurasuzume_yochu.jpg

ホソハリカメムシ幼虫 (ヘリカメムシ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) イノコヅチの花穂にいたホソハリカメムシの幼虫。 身体中に棘を生やした姿はハリカメムシの名に恥じませんが、触角の大きさは随分立派です。 体長5mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310hosoharikamemushi_yochu.jpg

1310hosoharikamemushi_yochu.jpg

ツマグロヒョウモン♂ (タテハチョウ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) セイタカアワダチソウの花とアキノエノコログサの花穂に止まるツマグロヒョウモンの♂。 多化性のヒョウモンチョウですが、今頃の新鮮な個体が今年最後の成虫になるのでしょう。 越冬態は幼虫です。 前翅長45mm。 1/3200 ・250" F4.0 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310tsumagurohyomon-m.jpg

1310tsumagurohyomon-m.jpg

ヒメバチの一種♀ (ヒメバチ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) クサギの葉上に飛来したヒメバチの一種。 短毛を密生した産卵管鞘と肢の赤さに寄生蜂としての凄味を感じます。 体長17mm(産卵管鞘を除く)。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310himebachi_sp-f.jpg

ハチの一種

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) クサギの葉上で見られた小型のハチの一種。 腰に括れがあるのでハバチの仲間ではないようです。 体長7mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310hachi_sp.jpg

ヨモギエダシャクの幼虫 (シャクガ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) クサギの若葉にいた尺取虫。 ヨモギエダシャクの若齢幼虫のようです。 体長17mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310yomogiedasyaku_yochu.jpg
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR