ツツジグンバイ (グンバイムシ科)

2013年 8月 熊本市立田山 (熊本) ツツジの葉裏で羽化していたツツジグンバイ。 随分白っぽいのは羽化後間もないテネラルな個体だからでしょう。 体長(翅端まで)3mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308tsutsujigunbai.jpg
スポンサーサイト

ホシハラビロヘリカメムシ (ヘリカメムシ科)

2013年 8月 熊本市立田山 (熊本) クズの葉に多いホシハラビロヘリカメムシ。 直射光を受けて、影がクッキリと写りました。 体長16mm。 1/320" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308hoshiharabiroherikamemushi.jpg

ベニイトトンボ♂ (イトトンボ科)

2013年 8月 熊本市立田山 (熊本) 池周辺の草叢でリュウキュウベニイトトンボと混棲していたベニイトトンボ。 リュウキュウベニイトトンボのように複眼が緑色になることはありません。 腹長26mm。 1/4000 ・400" F4.0 ・7.1 ISO800 ・500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308beniitotonbo-m.jpg

1308beniitotonbo-m_kao

リュウキュウベニイトトンボ♂ (イトトンボ科)

2013年 8月 熊本市立田山 (熊本) 池周辺の草叢に多かったベニイトトンボは複眼のグリーンが美しいリュウキュウベニイトトンボ。 種名のように南方系のイトトンボですが、立田山では在来のベニイトトンボと勝るとも劣らずに混棲しています。 腹長32mm。 1/200 ・160 ・250" F4.0 ・7.1 ISO200 ・500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308ryukyubeniitotonbo-m.jpg
1308ryukyubeniitotonbo-m_kao.jpg
1308ryukyubeniitotonbo-m.jpg

オビヒメヨコバイの一種 (ヨコバイ科)

2013年 8月 熊本市立田山 (熊本) ツツジの葉の裏側にいた極小のヨコバイの一種。 ツツジの葉裏で最近羽化したもののようで、前胸背や小楯板、それに上翅の模様などからオビヒメヨコバイの仲間だと思われます。 体長(翅端まで)2mm。 1/160" F7.1 ISO800 ・500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308obihimeyokobai_sp.jpg
1308obihimeyokobai_sp.jpg

クモヘリカメムシ (ホソヘリカメムシ科)

2013年 8月 熊本市立田山 (熊本) セイタカアワダチソウの葉上に飛んで来たクモヘリカメムシです。 これから秋遅くまで、エノコログサなどの実を吸汁する姿を見る機会が多くなります。 体長17mm。 1/640" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308kumoherikamemushi.jpg

ハムシダマシ♂ (ハムシダマシ科)

2013年 8月 熊本市立田山 (熊本) ツツジの葉裏にいたハムシダマシ。 ツツジの葉裏にはツツジグンバイやヒメヨコバイの仲間などが寄生していますので、餌となる小昆虫を物色中だったようです。 体長6.5mm。 1/160" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308hamushidamashi-m.jpg

ヒメスジコガネ (コガネムシ科)

2013年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) ツリフネソウの群落にいたヒメスジコガネ。 本種には前胸背板に皺が寄るものが多く見受けられます。 まるでレリーフ彫刻のような感じです。 体長15mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1307himesujikogane.jpg

キオビナガカッコウムシ (カッコウムシ科)

2013年 7月 中津江村酒呑童子山 (大分) キイチゴの枝上にいたキオビナガカッコウムシ。 上翅端に後翅が見えているのは、ここまで飛行して来たものでしょう。 体長7.5mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1307kiobinagakakkomushi.jpg

クチブトゾウムシの一種 (ゾウムシ科)

2013年 7月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウ葉上のクチブトゾウムシの一種。 カシワクチブトゾウムシに似ていますが、やゝ大きく、それとは別種のようです。 体長6mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1307kuchibutozomushi_sp.jpg

ハマキガの一種の幼虫

2013年 7月 中津江村酒呑童子山 (大分) イノコヅチの葉で巣作り中のハマキガの一種の幼虫。 葉表の主脈を跨いで3本の糸束を張り、最も中央寄りの糸を支点に葉を齧って切れ目を入れて(上)から再び糸の下に戻り(下)、糸束の幅を次第に縮めながら葉を丸める作業を完成させる筈です。 (因みにこれらの幼虫は別個体) 体長7mm。 1/160" F7.1 ISO800 ・640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1307hamakiga_sp_yochu.jpg

1307hamakiga_sp_yochu.jpg

ツマグロキンバエ♀ (クロバエ科)

2013年 8月 中津江村酒呑童子山 (大分) 何時もこのツマグロキンバエを見るにつけ、中胸背と腹部の質感が金属で出来ているように思えて仕方がありません。 越冬態が成虫のため、ほぼ1年中、各種の花上に飛来しています。 体長6mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308tsumagurokinbae-f.jpg

チャモンナガカメムシ (ナガカメムシ科)

2013年 7月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウの葉上にいた小型のナガカメムシの一種はチャモンナガカメムシ。 結構敏感で、直ぐに葉裏に逃げ込まれてしまうことが多々あります。 体長5mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1307chamonnagakamemushi.jpg

ヤノトガリハナバチ (ハキリバチ科)

2013年 8月 中津江村酒呑童子山 (大分) イヌトウバナ(シソ科トウバナ属)の花に吸蜜に飛来したヤノトガリハナバチ。 ハキリバチ類に寄生し、寄生すると言っても幼虫などに直接卵を産み付けるのではなく、彼らが蓄えた花粉団子に産卵する、いわゆる労働寄生という形をとるハナバチです。 体長12mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308yanotogarihanabachi.jpg

アシグロツユムシの幼虫♂ (キリギリス科)

2013年 8月 中津江村酒呑童子山 (大分) 9月中旬頃から成虫となるアシグロツユムシの幼虫が各種植物上に見られる季節になりました。 今はまだ1cm未満の小さな幼虫ですが、山を訪れる度に少しずつ大きくなる様子を見るのは楽しいものです。 体色の黄緑は蛍光色を帯びてなかなかの美しさがあります。 体長6mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308ashigurotsuyumushi-m_yochu.jpg

コムライシアブ♂ (ムシヒキアブ科)

2013年 8月 中津江村酒呑童子山 (大分) カラスウリの葉上で獲物を狙うコムライシアブの♂。 中胸背の黄金毛は前方から剥げ落ち、かなり老熟した個体のようです。 後肢腿節の膨らみと腹端のゲニタリア(生殖器)が目立ちます。 体長14mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308komuraishiabu-m.jpg

1308komuraishiabu-m_kao.jpg

ベニトンボ♂ (トンボ科)

2013年 8月 宮崎県 産 湿地の潅木の枯枝に止まる赤トンボは唯のアカトンボではありません。 ベニトンボという南方系のトンボで、九州ではまだ数箇所にしか定着していないようです。 成熟した♂は翅脈まで赤く、翅胸部は紫がかり、腹部にはピンクが乗って真の紅色に変身します。 嘗て石垣島の於茂登岳中腹で出会って以来、40年振りの再会となりました。 腹長28mm。 1/4000" F5.0 ISO1600。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308benitonbo-m.jpg

スケバハゴロモ (ハゴロモ科)

2013年 8月 中津江村酒呑童子山 (大分) ウドの花茎で吸汁中のスケバハゴロモ。 翅の透明感はピカ一です。 前翅長10mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308sukebahagoromo.jpg

サビマルクチゾウムシ♀ (ゾウムシ科)

2013年 8月 中津江村酒呑童子山 (大分) ヨメナの葉先にいた赤錆状の鱗片を纏ったゾウムシの一種の口吻の形は異様です。 ゾウと言うよりバクのイメージに近いでしょうか。 体長6mm(口吻を含む)。 1/160" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308sabimarukuchizomushi-f.jpg

トホシテントウ (テントウムシ科)

2013年 8月 中津江村酒呑童子山 (大分) 専らカラスウリをホストにするトホシテントウは、カラスウリのブッシュを叩くとかなりの確率で落ちて来ます。 このカットは、陽が傾いた夕刻になって葉表に現れたところのスナップです。 体長6mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308tohoshitento.jpg

コムライシアブ♂ (ムシヒキアブ科)

2013年 8月 中津江村酒呑童子山 (大分) ヘクソカズラの葉上に飛んで来たムシヒキアブが捕らえていたのは大型のハナノミの一種。 大きさ10mm以上もある獲物を口吻で突き刺したまゝ飛行する怪力には脱帽です。 体長23mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308komuraishiabu-m.jpg

ミヤマフキバッタ♂ (バッタ科)

2013年 8月 中津江村酒呑童子山 (大分) カラスウリの葉に跳び乗ったのは幼虫体形のまゝ成虫となるミヤマフキバッタ。 付近のフキの葉を穴だらけに食い荒らしていた犯人です。 体長23mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308miyamafukibatta-m.jpg

バッタの一種の幼虫 (バッタ科)

2013年 8月 北川町家田湿地 (宮崎) 朝日を浴びてカヤツリグサ科の葉に止まっていたバッタの一種の幼虫。 顔付きはイナゴの仲間でしょうか。 体長30mm。 1/500" F4.0 ISO1600。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308batta_sp_yochu.jpg

ハラビロトンボ♂ (トンボ科)

2013年 8月 高鍋町高鍋湿原 (宮崎) 枯れ草の茎に止まって縄張りを見張る♂のハラビロトンボ。 かなり成熟した個体で、青い粉を吹いたような腹背と額の青色金属光沢が目立ちます。 腹長30mm。 1/4000" F4.0 ISO1600。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308harabirotonbo-m.jpg

キイトトンボ♂ (イトトンボ科)

2013年 8月 北川町家田湿地 (宮崎) 一面に繁茂したカヤツリグサ科の葉間にいるキイトトンボの緑、黄、黒の3色は十分な保護色となっていることに気付かされました。 日光を遮る物の無い明るい湿地ではキイトトンボの姿は実に見え難いのです。 腹長30mm。 1/4000" F4.0 ISO1600。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308kiitotonbo-m.jpg

シオカラトンボ♀ (トンボ科)

2013年 8月 西臼杵郡高千穂町 (宮崎) 五ヶ瀬川河川敷で成熟の時を待つシオカラトンボの♀は所謂ムギワラトンボと呼ばれるように、成熟しても♂とは違って麦藁色の色彩のまゝです。 腹長35mm。 1/500" F5.6 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm f4-5.6

1308shiokaratonbo-f.jpg

ハグロトンボ♂、♀ (カワトンボ科)

2013年 8月 北川町家田湿地 (宮崎) (上)朝露の残るカヤツリグサの葉に止まる♂。 腹部に緑色の金属光沢を持ち、漆黒の翅にも艶があります。 (下)こちらは日中の暑さを避けて日陰の枯枝に飛来していたハグロトンボの♀。 ♀は黒一色かと思いきや、複雑な色合いで結構美しいではありませんか。 腹長50mm。 1/4000 ・640" F4.0 ・2.8 ISO1600。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308hagurotonbo-m.jpg

1308hagurotonbo-f.jpg

コオニヤンマ♂ (サナエトンボ科)

2013年 8月 西臼杵郡高千穂町 (宮崎) 五ヶ瀬川河川敷の岩の上でテリトリーを張るのはコオニヤンマの♂です。 親分格のオニヤンマよりは小型ですが、クイッと下方に曲った腹端の様子など、なかなか精悍な姿をしています。 腹長60mm。 1/500" F5.6 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm f4-5.6

1308kooniyanma-m.jpg

キマダラカメムシの小楯板 (カメムシ科)

2013年 8月 合志市飯高山 (熊本) キマダラカメムシ成虫の小楯板をクローズアップしてみましたが、何やら漆細工のような質感に写りました。 小楯板の長さ9mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308kimadarakamemushi_syojunban.jpg

キマダラカメムシの幼虫と成虫 (カメムシ科)

2013年 8月 合志市飯高山 (熊本) アカメガシワの樹幹に早くもキマダラカメムシの姿がありました。 幼虫と成虫で全く形態を異にするのはカメムシの仲間に共通した特徴です。 体長、成虫23mm、幼虫17mm。 1/160" F7.1 ISO1600 ・1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308kimadarakamemushi_yochu.jpg

1308kimadarakamemushi.jpg
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR