ツマグロコシボソハナアブ♀、♂ (ハナアブ科)

2013年 5月 ・ 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) 腰の辺りが特に細い変わった体形のハナアブの仲間。 上のホバリング中の個体は翅全体が透明な♀で、下が♂。 ♂の翅は先の方が黒く、種名もそこから来ている。 体長11mm。 1/160" F7.1 ・4.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1305tsumagurokoshibosohanaabu-f.jpg

1306tsumagurokoshibosohanaabu-m.jpg

スポンサーサイト

イチゴツツヒメハマキ (ハマキガ科)

2013年 6月 菊池市菊池渓谷 (熊本) カラムシの葉のど真ん中に鎮座していた前翅前縁に鋸歯状紋を持つゴミのように小さなヒメハマキガの一種。 ホストはホーロクイチゴやフユイチゴで、幼虫の蛹化は葉の一部を切り取って作った筒を葉面に立てて、その中で行なわれる。 前翅長5mm。 1/160" F11.0 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306ichigotsutsuhimehamaki.jpg

アトキハマキ (ハマキガ科)

2013年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオイタドリの葉上に枯葉然として乗っていたハマキガの一種は、真上からの翅形が釣鐘状に見えることでBell-Mothと呼ばれる、Archips属のアトキハマキである。 前翅長13mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306atokihamaki.jpg

ギンスジカギバ (カギバガ科)

2013年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) 下草のミズヒキの葉上に張り付いていたのは、茶褐色の翅表に細い白条を何本も走らせたギンスジカギバ。 瓜に似た葉をつけるウリノキをホストにするカギバガの仲間である。 前翅長15mm。 1/160" F4.0 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306ginsujikagiba.jpg

アカイラガ (イラガ科)

2013年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) アオキの葉上にいた、まだ鱗粉の脱落のない新鮮なアカイラガ。 幼虫は棘がある青白色の半透明のゼリー菓子のような姿をしている。 正面からのショットを狙うべく、カメラを動かしていたら、元気良く遠くまで飛び去られてしまった。 前翅長11mm。 1/160" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306akairaga.jpg

アオカミキリモドキ♀ (カミキリモドキ科)

2013年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) ドクダミの葉上にいたアオカミキリモドキの♀。 オレンジ色の身体に金緑色の鞘翅はかなりの美しさ。 体内にカンタリジンという有毒成分を含み、体液に触れると皮膚炎を起こすので、野外では注意しなければならない昆虫の一つである。 体長12mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306aokamikirimodoki-f.jpg

ホソサビキコリ (コメツキムシ科)

2013年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシの葉縁で触角と肢を引っ込めて固まってしまったホソサビキコリ。 他のコメツキムシの仲間は落下するか飛んで逃げるのがオチだが、本種はジッと動かざることゴミの如しと、ひたすら危機が去るのを待つばかりのようだ。 体長16mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306hososabikikori.jpg

ベニヒラタムシ (ヒラタムシ科)

2013年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウの葉縁に上がっていた鞘翅だけが紅色で、他は真っ黒な非常に平べったい体型のベニヒラタムシ。 どこまで偏平なのかとカメラのアングルを変える途中、1枚写したところで感付かれ、脱兎の如く逃げられてしまった。 体長14mm。 1/160" F7.1 ISO640 ・800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306benihiratamushi.jpg
1306benihiratamushi.jpg

ナガアシヒゲナガゾウムシ (ヒゲナガゾウムシ科)

2013年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) 林道脇の立枯れた朽木にいたヒゲナガゾウムシ。 上翅後部の2対の白紋からキマダラヒゲナガかと思ったが、前胸背板の幅が肩部より遥かに狭いことと、触角第3節と第4節の長さがほぼ同じな点で、ナガアシヒゲナガゾウムシに落着いた。 体長7mm。 1/160" F7.1 ISO250。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306nagaashihigenagazomushi.jpg

アカタマゾウムシ (ゾウムシ科)

2013年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウの葉上で見つけた小型のゾウムシ。 暫らく歩き回った後、上翅を広げ後翅を羽ばたいて飛んで行ってしまった。 ホストのトネリコに戻るつもりなのだろう。 体長5mm。 1/160" F7.1 ISO320。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306akatamazomushi.jpg

トゲカタビロサルゾウムシ (ゾウムシ科)

2013年 5月 中津江村酒呑童子山 (大分) 専ら、オオマルバノテンニンソウをホストにするトゲカタビロサルゾウムシは、ホストの若葉に小さな円い虫食い穴を開けて盛んに後食していたが、自分の身体以上の直径には食べ進まないようだ。 当の本人は虫糞に擬態したつもりなので、あまり大きな穴を開けると、その効果が無くなってしまうということを知っているのだろう。 体長4mm(口吻を除く)。 1/160" F7.1 ISO200 ・500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1305togekatabirosaruzomushi.jpg
1305togekatabirosaruzomushi.jpg
1305togekatabirosaruzomushi.jpg

ハラビロトンボ♂、♀ (トンボ科)

2013年 6月 熊本市立田山 (熊本) 幅広い腹部に青白色の粉を吹いたのは♂の成熟個体。 頭部前額の青色光沢はアオビタイトンボにも負けない位に輝いている。 一方、ガクアジサイに絡んだクズの蔓に止まった♀の成熟度はもう一歩といったところ。 腹長30mm。 1/250 ・160" F4.0 ・7.1 ISO200 ・640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306harabirotonbo-m.jpg
1306harabirotonbo-m_kao.jpg

1306harabirotonbo-f.jpg
1306harabirotonbo-f_kao.jpg

ウスオビヒメエダシャク♂ (シャクガ科)

2013年 5月 中津江村酒呑童子山 (大分) イタドリ若葉の裏に止まっていたシャクガの一種。 前翅、後翅の独特の黒い縮緬模様で直ちにウスオビヒメエダシャク、更に櫛歯状の触角によって♂の個体だと同定できた。 ホストはウリハダカエデなど。 前翅長15mm。 1/160" F5.6 ISO320。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1305usuobihimeedasyaku-m.jpg

ツマキシロナミシャク (シャクガ科)

2013年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) ギシギシの葉に頭部を下にして静止していたシャクガの一種は極めて新鮮な状態。 まだ一度も飛んでいないのではないだろうか。 前翅の白黒模様とオレンジ色のアクセントでツマキシロナミシャクに同定した。 前翅長23mm。 1/250" F4.0 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306tsumakishironamisyaku.jpg

オオウラギンヒョウモン♂♀ (タテハチョウ科)

2013年 6月 熊本県 産 6月半ば、オオウラギンヒョウモンの発生地に1年ぶりに足を踏み入れると、早速番いのヒョウモンチョウが飛び立った。 オオウラギンヒョウモン♀の羽化はまだ相当先だと思っていたので意外や意外。 つまり、例年より10日~2週間も早い発生になる。 道理で殆んどの♂の縁毛が痛んでいたのはその為だったのだ。 前翅長♂38mm、♀42mm。 1/1250 ・1000" F4.0 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306ouraginhyomon-mf.jpg

1306ouraginhyomon-m.jpg

マエフタスジトゲシリアゲ♀ (シリアゲムシ科)

2013年 5月 中津江村酒呑童子山 (大分) 酒呑童子山では標高1000付近の峠路に多いシリアゲムシの仲間で、ヤマトシリアゲとは違い、静止時には常に翅を屋根型に畳む。 前翅長17mm。 1/160" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1305maefutasujitogeshiriage-f.jpg

ハリバエの一種 (ヤドリバエ科)

2013年 5月 中津江村酒呑童子山 (大分) ブンブンと羽音を立てて、本当に忙しなく葉間を飛び回っていたハリバエの一種の様子は何かを必死に探しているといった風情。 探し物は言わずもがな、寄生対象としての芋虫や毛虫で、体表に直接卵を産み付ける。 体長12mm。 1/160" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1305haribae_sp.jpg

ミドリカスミカメの一種 (カスミカメムシ科)

2013年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウの葉縁で見つけたカスミカメムシ。 白い複眼が目立つが、ミドリカスミカメの一種のようだ。 体長6mm。 1/160" F7.1 ISO250。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306midorikasumikame_sp.jpg

ヒメホシカメムシ (ホシカメムシ科)

2013年 5月 中津江村酒呑童子山 (大分) 緑葉上にこの赤と黒の姿を認めると、もう何度も写してきた被写体なのについレンズを向けてしまう美しいカメムシである。 体長10mm。 1/160" F7.1 ISO320。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1305himehoshikamemushi.jpg

ミズアブの一種 (ミズアブ科)

2013年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) 体長(翅端まで)10mm。 1/160" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306mizuabu_sp.jpg

ハエの一種

2013年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) 体長5mm。 1/160" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306hae_sp.jpg

ヒロクチバエの一種 (ヒロクチバエ科)

2013年 6月 菊池市菊池渓谷 (熊本) ブナ倒木上をゆっくりと歩き回っていたヒロクチバエの一種。 ハマダラヒロクチバエによく似た体形と動きで、飛び方も敏捷、瞬間的に居なくなってしまう。 体長6mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306hirokuchibae_sp.jpg

ハエの一種

2013年 5月 中津江村酒呑童子山 (大分) 体長(翅端まで)6mm。 1/160" F7.1 ISO320。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1305hae_sp.jpg

オオクチカクシゾウムシ (ゾウムシ科)

2013年 6月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 菊池渓谷本流最上流部に架かる木造橋の第六深葉橋欄干上にいたオオクチカクシゾウムシ。 小型のものが多いクチカクシゾウムシの中では一際大きく重量感がある。 体長8mm。 1/160" F7.1 ISO200 ・250。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306okuchikakushizomushi.jpg

1306okuchikakushizomushi_kao.jpg

クロムネハバチ♂ (ハバチ科)

2013年 6月 菊池市菊池渓谷 (熊本) キンミズヒキの群落に飛んで来た大型のハバチ。 カキドオシをホストにするクロムネハバチだが、菊池渓谷のものはかなり黒化する。 同じシソ科のアキチョウジをホストにしているからだろう。 体長18mm。 1/320" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306kuromunehabachi-m.jpg

ハネカクシの一種 (ハネカクシ科)

2013年 6月 菊池市菊池渓谷 (熊本) キンミズヒキの葉上に束の間立ち寄った大型のハネカクシ。 体長17mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306hanekakushi_sp.jpg

ムナグロツヤハムシ (ハムシ科)

2013年 5月 中津江村酒呑童子山 (大分) 体色に変化の多いハムシで、これはオレンジ色のボディに頭部が黒いタイプ。 体長5.5mm。 1/160" F6.3 ISO250。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1305munagurotsuyahamushi.jpg

ウスアカオトシブミ (オトシブミ科)

2013年 5月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウの葉縁で飛ぼうか飛ぶまいか思案顔のウスアカオトシブミ。 ホストのリョウブは頭上数mの距離にある。 体長6mm。 1/160" F7.1 ISO320。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1305usuakaotoshibumi.jpg

ヒシウンカの一種 (ヒシウンカ科)

2013年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) イタドリやオオマルバノテンニンソウの群落で度々撮影したヒシウンカの一種。 同じ体形ながら、体色に褐色から黒色まで連続的な変化が見られるが、褐色のものはテネラルで、成熟するにつれて次第に黒化するのだろうか。 体長(翅端まで)6mm。 1/160" F7.1 ISO500 ・400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306hishiunka_sp.jpg

1306hishiunka_sp.jpg

ミミズク♂ (ヨコバイ科)

2013年 5月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウの群落にいたミミズクの♂。 ブナ科の樹木がホストだから、頭上の広葉樹林から降りて来たものだろう。 前胸背板の後部に大きな耳状突起を持つ特異な姿は強く印象に残る。 体長(翅端まで)16mm。 1/160" F7.1 ISO200 ・400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1305mimizuku-m.jpg

1305mimizuku-m_kao.jpg

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR