ケシキスイの一種 (ケシキスイ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) スイバの葉に上がって来た小型の甲虫。 触角や前胸背板の様子などから、ケシキスイの仲間のようです。 体長4mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604keshikisui_sp.jpg
スポンサーサイト

シリグロオオケシキスイ (ケシキスイ科)

2015年 5月 日田市前津江町 (大分) ノブキの葉上で橙赤色が目立っていた甲虫は、特徴的な触角の形状と上翅後部の2黒紋で、シリグロオオケシキスイだと判ります。 シリグロオオケシキスイは希少種の茸、スッポンタケ(キイロスッポンタケなど)のみをホストにして、スッポンタケの茎の中で生活するということです。 体長7mm。 1/250" F8.0 ・7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1505shirigurookeshikisui.jpg
1505shirigurookeshikisui.jpg
1505shirigurookeshikisui_kao.jpg

キマダラケシキスイ (ケシキスイ科)

2014年 3月 阿蘇 鍋の平 (熊本) 標高1000m近い地点のケヤキ巨木の苔生した樹皮裏で越冬中のキマダラケシキスイ。 かなり山地性の甲虫だと思われます。 体長6mm。 1/160" F8.0 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1403kimadarakeshikisui.jpg

クロヒラタケシキスイ (ケシキスイ科)

2012年 11月 阿蘇 色見 (熊本) ケヤキの樹皮裏で越冬中のこれまた小さな甲虫は、上翅が指で押し潰したように平べったい、その名もクロヒラタケシキスイ。 体長4mm。 1/200" F8.0 ISO1250。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1211kurohiratakeshikisui.jpg

ケシキスイの一種 (ケシキスイ科)

2012年 10月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 一昨日の久しぶりの雨で大きく生長したブナシメジの裏側に多数のケシキスイの一種が集まっていた。 この個体はブナシメジの傘の上に這い登って来たところ。 体長4mm。 1/160" F8.0 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1210keshikisui_sp.jpg
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR