アザミグンバイ (グンバイムシ科)

2017年 7月 阿蘇 端辺原野 (熊本) 秋咲きのツクシアザミの葉上にいた白っぽいグンバイムシは、羽化後間のないアザミグンバイのテネラルな個体のようです。 体長(翅端まで)4mm。 1/250" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1707azamigunbai.jpg
スポンサーサイト

コアカソグンバイ (グンバイムシ科)

2017年 7月 中津江村酒呑童子山 (大分) イノコヅチの群落にいたグンバイムシは、上方に茂ったコアカソをホストにするコアカソグンバイでした。 体長(翅端まで)3.5mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1707koakasogunbai.jpg

ヒメグンバイ (グンバイムシ科)

2017年 5月 熊本市立田山 (熊本) ナラガシワの既に硬くなった巨大な葉の裏側に寄生していたのはヒメグンバイ。 体長(翅端まで)2.5mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1705himegunbai.jpg

ヒメグンバイ (グンバイムシ科)

2017年 4月 熊本市立田山 (熊本) ナラガシワの巨大な若葉の裏にいたヒメグンバイ。 掌の2倍程の広い葉に1~2匹が寄生しているだけなので、他のグンバイムシとは違って非常に綺麗な状態が保たれています。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F8.0 ISO320。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1704himegunbai.jpg

1704himegunbai.jpg

トサカグンバイ (グンバイムシ科)

2017年 2月 熊本市立田山 (熊本) 立田山、夏の森のアセビの葉裏にいたグンバイムシ。 古い葉を汚く変色させたのはアセビをホストにするトサカグンバイの仕業です。 体長(翅端まで)4mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1702tosakagunbai.jpg

1702tosakagunbai.jpg

トサカグンバイ (グンバイムシ科)

2017年 1月 熊本市立田山 (熊本) アセビの葉裏で成虫に羽化していたトサカグンバイ。 厳冬期に活動する代表的な昆虫の一つです。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1701tosakagunbai2.jpg

1701tosakagunbai.jpg

ヒメグンバイ (グンバイムシ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) ナラガシワの若葉の裏にいたヒメグンバイ。 掌よりも大きなナラガシワの葉の裏側に1~2匹が付いているだけなので、ツツジグンバイやトサカグンバイなどのように寄生植物の葉を汚く変色させることがありません。 非常に綺麗な状態でいるグンバイムシです。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604himegunbai2.jpg

ヒメグンバイ (グンバイムシ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) ナラガシワの若葉の裏にいたヒメグンバイ。 掌よりも大きなナラガシワの葉の裏側に1~2匹が付いているだけなので、ツツジグンバイやトサカグンバイなどのように寄生植物の葉を汚く変色させることがありません。 非常に綺麗な状態でいるグンバイムシです。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604himegunbai.jpg

1604himegunbai-mf.jpg

トサカグンバイ (グンバイムシ科)

2016年 3月 熊本市立田山 (熊本) 今が満開のアセビの葉を汚く変色させていた犯人はこのトサカグンバイ。 頭部に見られるレーダー・ドーム状の膨らみは独特のものです。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1603tosakagunbai.jpg

ヘクソカズラグンバイ (グンバイムシ科)

2015年 10月 熊本市立田山 (熊本) ヘクソカズラの汚く変色した葉裏にいたヘクソカズラグンバイ。 頭胸部側面のパラグライダー状の膨らみはツツジグンバイにも増して大きくなっています。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1510hekusokazuragunbai.jpg

1510hekusokazuragunbai_kao.jpg

ツツジグンバイ (グンバイムシ科)

2015年 10月 熊本市立田山 (熊本) ツツジの汚く変色した葉裏にいたツツジグンバイ。 頭部上面の風船状の膨らみにはどのような意味があるのでしょうか。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1510tsutsujigunbai.jpg

1510tsutsujigunbai.jpg

ツツジグンバイ (グンバイムシ科)

2015年 5月 熊本市立田山 (熊本) 花が終わったツツジの葉裏にいたツツジグンバイ。 成虫で越冬した親虫が産んだ卵から育った新成虫です。 腹長(翅端まで)3mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1505tsutsujigunbai.jpg

ヒメグンバイ (グンバイムシ科)

2015年 5月 熊本市立田山 (熊本) ナラガシワの新葉も硬くなり、すっかり青葉の季節となりました。 葉裏の葉脈から吸汁するのはヒメグンバイ。 相変わらず1葉につき1~2匹の寄生なので、ナラガシワは痛くも痒くもないといった感じです。 体長(翅端まで)2.5mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1505himegunbai.jpg

ナシグンバイ (グンバイムシ科)

2015年 5月 和水町菊水 (熊本) サクラ(ソメイヨシノ)の葉裏にいたナシグンバイ。 一枝に1匹程度の発生なので、葉の変色もなく、非常に綺麗な状態で見ることができます。 体長(翅端まで)2.5mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1505nashigunbai.jpg

ヒメグンバイ (グンバイムシ科)

2015年 4月 熊本市立田山 (熊本) ナラガシワの若葉の裏側にいたヒメグンバイ。 掌よりも大きな葉に1~2匹が寄生しているだけなので、葉の変色もなく非常に綺麗な状態でいるグンバイムシです。 体長(翅端まで)2.5mm。 1/250" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1504himegunbai.jpg

トサカグンバイ (グンバイムシ科)

2015年 2月 熊本市立田山 (熊本) アセビの葉裏で活動中のトサカグンバイ。 ツツジグンバイに非常に似ていますが、ホストが違うので識別することができます。 体長4mm。 1/250" F8.0 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1502tosakagunbai.jpg

1502tosakagunbai.jpg 

ツツジグンバイ (グンバイムシ科)

2015年 2月 菊池市旭志 (熊本) セイヨウシャクナゲの葉裏にいたツツジグンバイ。 手が悴む程の寒さの中でも冬眠状態ではないようです。 体長(翅端まで)3.5mm。 1/250" F8.0 ・7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1502tsutsujigunbai.jpg

1502tsutsujigunbai2.jpg

ツツジグンバイ (グンバイムシ科)

2014年 12月 熊本市立田山 (熊本) タブノキの葉裏にいたグンバイムシはよく見ればツツジグンバイ。 ホストの薄っぺらなツツジの葉では越冬できないらしく、しっかりした緑葉のタブノキを冬越しの場所に選んだもののようです。 体長(翅端まで)3.5mm。 1/250" F7.1 ISO250。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1412tsutsujigunbai.jpg

ヘクソカズラグンバイ (グンバイムシ科)

2014年 10月 熊本市立田山 (熊本) 葉が白く汚く脱色したヘクソカズラの葉裏にいたヘクソカズラグンバイ。 グンバイムシの仲間の多くに見られるパラグライダーのような膨らみは何のためにあるのでしょうか。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1410hekusokazuragunbai.jpg

ツツジグンバイ (グンバイムシ科)

2014年 11月 菊池市旭志 (熊本) セイヨウシャクナゲの葉裏にいたツツジグンバイ。 シャクナゲの肉厚で大きな葉のお陰で栄養状態の良い個体でした。 体長(翅端まで)4mm。 1/250" F7.1 ISO250。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1411tsutsujigunbai.jpg

1411tsutsujigunbai.jpg

ヒメグンバイ (グンバイムシ科)

2014年 6月 熊本市立田山 (熊本) ナラガシワの葉裏で吸汁していたヒメグンバイ。 巨大な葉なのと、一葉に付き1~2頭の少数発生なので、グンバイムシによる寄生の被害は殆んど目立ちません。 体長(翅端まで)2.5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406himegunbai.jpg

ヘクソカズラグンバイ (グンバイムシ科)

2014年 8月 熊本市立田山 (熊本) 葉の表面が薄茶色に汚く変色したヘクソカズラの葉裏にいたグンバイムシ。 ホスト植物がそのまま種名となったヘクソカズラグンバイです。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1408hekusokazuragunbai.jpg

アワダチソウグンバイ (グンバイムシ科)

2014年 6月 熊本市立田山 (熊本) セイタカアワダチソウの葉裏にいたアワダチソウグンバイ。 これから秋遅くまで、セイタカアワダチソウの葉を汚く変色させて繁殖を続けていくことでしょう。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406awadachisogunbai.jpg

アワダチソウグンバイ (グンバイムシ科)

2014年 5月 熊本市立田山 (熊本) セイタカアワダチソウの葉裏にいたグンバイムシはズバリ、アワダチソウグンバイ。 寄生されているホストの葉はまだ綺麗なので、これから産卵が行なわれ、秋口になって汚く変色した葉に幼虫や新成虫が見られることでしょう。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1405awadachisogunbai.jpg

ヒメグンバイ (グンバイムシ科)

2014年 5月 熊本市立田山 (熊本) 展開し切ったナラガシワの葉裏で交尾中のヒメグンバイ。 体長(翅端まで)2.5mm。 1/160" F8.0 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1405himegunbai-mf.jpg 

ナシグンバイ (グンバイムシ科)

2014年 4月 和水町菊水 (熊本) サクラの若葉の裏にいたナシグンバイ。 バラ科の樹木をホストにするグンバイムシです。 体長(翅端まで)3mm。 1/160" F8.0 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404nashigunbai.jpg

ヒメグンバイ (グンバイムシ科)

2014年 4月 熊本市立田山 (熊本) 漸く展開したばかりのナラガシワの葉裏で見つけたヒメグンバイ。 コナラやナラガシワの若葉にポツンポツンと付いているだけなので、葉を酷く変色させることは無いようです。 体長(翅端まで)2.5mm。 1/160" F8.0 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404himegunbai.jpg

トサカグンバイ (グンバイムシ科)

2014年 1月 熊本市立田山 (熊本) アセビをホストにするトサカグンバイですが、頭部の膨らみはヘルメットを被ったライダーのような感じです。 体長(翅端まで)4mm。 1/160" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1401tosakagunbai.jpg

トサカグンバイ (グンバイムシ科)

2014年 1月 熊本市立田山 (熊本) 花蕾を稲穂のようにたわわに付けたアセビの大株の一角が茶褐色に汚く変色しているのに気付きました。 これはと思い葉を裏返すと、やはりグンバイムシの姿が・・・。 厳冬期にも拘わらず、脱皮して新成虫となった個体のようです。 体長(翅端まで)4mm。 1/160" F8.0 ・7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1401tosakagunbai.jpg

1401tosakagunbai.jpg

ナシグンバイ (グンバイムシ科)

2013年 12月 熊本市立田山 (熊本) トウカエデの樹皮裏で越冬中のナシグンバイ。 樹皮下から見つかったグンバイムシはクチナガグンバイに次いで2種目です。 体長(翅端まで)4mm。 1/160" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1312nashigunbai.jpg

1312nashigunbai_kao.jpg

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR