アサギマダラ♂ (マダラチョウ科)

2009年 10月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 長距離の渡りをすることが知られるアサギマダラですが、全ての個体が南の島へ行く訳ではないようです。 ある者は食草への産卵を終えて一生を全うする場合があり、今年は早春の雪が残る山中で、キジョラン(ガガイモ科キジョラン属)の葉を食べながら越冬する幼虫を見ています。 前翅長65mm。 Ricoh Caplio R6

0910asagimadara-m.jpg
スポンサーサイト

アサギマダラ♀、♂ (マダラチョウ科)

2009年 10月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 10月中旬の渓谷に、まだアサギマダラの姿が多く見られました。 (上)はツクシアザミの花を吸蜜中の♀頭胸部のクローズアップ。 (下)はシラネセンキュウに飛来した♂で、後翅の黒斑は♂の性標となるものです。 前翅の浅葱色は日本的な優しい色合いだと思います。 前翅長♂65mm、♀70mm。 Ricoh Caplio R7

0910asagimadara-f_kao.jpg

0910asagimadara-m.jpg

カバマダラ♂ (マダラチョウ科)

2007年 10月 熊本市東区秋津町 (熊本) 熊本市郊外で今秋発生したカバマダラ。 食草のトウワタの花に止まる場面は奄美、沖縄ではごく普通に見られますが、この発生地にトウワタは見当たらず、調査の結果ガガイモを代用食にしていることが判明しました。 ♀親の産卵シーンや幼虫の姿も確認でき、成虫のサイズが大きいのはガガイモで充分に生育した証となるものです。 吸蜜中の花は南アメリカ原産の帰化植物、アレチハナガサ(クマツヅラ科クマツヅラ属)。 かつて西表島で見たカバマダラが舞い飛ぶ光景は10月上旬まで続いた今年の暑さの中、ここは亜熱帯かと一瞬錯覚してしまうほどでした。 九州南部ではすでに土着種となっているようですが、熊本で越冬できるかどうかはこのところの急な秋の深まりによって微妙な気配がします。 前翅長50mm。 Ricoh Caplio R6

0710kabamadara-m.jpg

0710kabamadara-m.jpg

アサギマダラ♀ (マダラチョウ科)

2012年 9月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 9月末の穏やかな晴天下、渓谷の九州自然歩道で、花時を迎えたシラネセンキュウの白い小花から吸蜜するアサギマダラの姿があった。 前翅長58mm。 Ricoh CX6

1209asagimadara-f.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR