コメツキムシの一種 (コメツキムシ科)

2017年 4月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴの葉に上って来たコメツキムシの一種。 各肢腿節が赤い点が特徴です。 体長8mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1704kometsukimushi_sp.jpg
スポンサーサイト

シロオビチビサビキコリ (コメツキムシ科)

2017年 3月 熊本市立田山 (熊本) イチイガシの樹皮裏にいたシロオビチビサビキコリ。 幾ら小さくてもしっかりサビキコリ体型です。 体長2.5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1703shiroobichibisabikikori.jpg

コメツキムシの一種 (コメツキムシ科)

2016年 6月 熊本市立田山 (熊本) ササの葉に乗っていたやゝ大型のコメツキムシの一種。 体長20mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1606kometsukimushi_sp.jpg

コメツキムシの一種 (コメツキムシ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) ハナウドの葉先に止まったコメツキムシの一種。 この時期に見る体長10mm前後の黒いコメツキムシは皆同じ種類に見えてしまいます。 体長9mm。 1/250" F5.6 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605kometsukimushi_sp.jpg

コメツキムシの一種 (コメツキムシ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの若葉上を歩いて来たコメツキムシの一種が葉縁で立ち止まったところのスナップ。 黒一色のコメツキムシは種類が多く、なかなか「此れ」といった種名に辿り着けません。 体長12mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604kometsukimushi_sp.jpg

コメツキムシの一種 (コメツキムシ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴ(上)とスイバ(下)の葉上に姿を見せたコメツキムシの一種。 アカアシオオクシコメツキに似ていますが、それよりかなり小型です。 体長11mm。 1/250" F5.6 ・7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604kometsukimushi_sp.jpg

1604kometsukimushi_sp.jpg

アカアシオオクシコメツキ (コメツキムシ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) カモジグサの葉に姿を現わした中型のコメツキムシ。 肢が僅かに赤く見えるので、アカアシオオクシコメツキのようです。 体長18mm。 1/320" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604akaashiokushikometsuki.jpg

シロオビチビサビキコリ (コメツキムシ科)

2016年 3月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮裏で見つけた微小なコメツキムシ。 体長2mmしかないシロオビチビサビキコリです。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1603shiroobichibisabikikori.jpg

シロオビチビサビキコリ (コメツキムシ科)

2016年 3月 熊本市立田山 (熊本) イチイガシの樹皮裏で越冬中のシロオビチビサビキコリ。 立田山で樹皮が自然に剥がれ落ちる樹木はケヤキとイチイガシの2種が最も多く、3月上旬の乾燥した晴天の日には樹皮の隙間も大きく開いてきます。 体長3mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1603shiroobichibisabikikori.jpg""

シロオビチビサビキコリ (コメツキムシ科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮の裏側で縮こまっていた微小なコメツキムシはシロオビチビサビキコリ(上下、別個体)。 全体を被う白色短毛が目立ちます。 体長3mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1602shiroobichibisabikikori.jpg

1602shiroobichibisabikikori2.jpg

ホソサビキコリ (コメツキムシ科)

2015年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) ナガバヤブマオの葉縁で飛ぼうか飛ぶまいか思案中のホソサビキコリ。 元祖サビキコリよりも細目でスマートな体型から直ぐにホソサビキコリの名前が思い浮かびます。 体長12mm。 1/250" F5.6 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1506hososabikikori.jpg

ベニコメツキ♀ (コメツキムシ科)

2015年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) 1年前に倒木となって朽ちかけた樹皮に産卵に訪れたベニコメツキ。 上翅会合線が暗色となることと大柄な点でミヤマベニコメツキとは異なります。 体長16mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1506benikometsuki-f.jpg

ダイミョウコメツキ♀ (コメツキムシ科)

2015年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) 酒呑童子山西登山口に茂ったイタドリの葉上で見つけたダイミョウコメツキ。 黒とオレンジのコントラストは非常に目立っていました。 体長13.5mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1506daimyokometsuki-f.jpg

チャグロヒサゴコメツキ♀ (コメツキムシ科)

2015年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) 鬱蒼と茂る落葉広葉樹林の下草となったオオマルバノテンニンソウの群落にいたコメツキムシ。 頭胸部が黒で上翅が茶色、瓢箪形に括れた姿からチャグロヒサゴコメツキと名付けられたものです。 体長7.5mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1506chagurohisagokometsuki-f.jpg

コメツキムシの一種 (コメツキムシ科)

2015年 5月 阿蘇郡西原村 (熊本) ヨモギの葉上で見つけたコメツキムシの一種。 全体に生えた灰色短毛が目立ちます。 体長15mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1505kometsukimushi_sp.jpg

1505kometsukimushi_sp.jpg

ミヤマベニコメツキ♂ (コメツキムシ科)

2015年 5月 日田市前津江町 (大分) ノブキの若葉で見つけた鞘翅の赤いコメツキムシ。 上翅会合線が黒くないので、ベニコメツキではなく、ミヤマベニコメツキの方です。 体長8mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1505miyamabenikometsuki-m.jpg

アカアシオオクシコメツキ (コメツキムシ科)

2015年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道に設置された木製テーブルの上に飛来していた中型のコメツキムシ。 触角と各肢が赤褐色を呈するアカアシオオクシコメツキです。 体長11mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1504akaashiokushikometsuki.jpg

トラフコメツキ (コメツキムシ科)

2015年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道防護柵の柱頭に上がっていたトラフコメツキ。 ヒトの気配を覚られ、飛ばれてしまいました。 体長14mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1504torafukometsuki.jpg

1504torafukometsuki_fly.jpg

フタモンウバタマコメツキ (コメツキムシ科)

2008年 3月 熊本市立田山 (熊本) 大きな立ち枯れの樹皮を剥がすとこの大物のコメツキムシが2頭並んで越冬していました。 体長30mmの日本産コメツキムシ科の最大種の一つ、フタモンウバタマコメツキです。 朽木の蛹室ではなく、かなり乾燥した樹皮下にいたということは、一昨年の秋に羽化して複数年を生き抜き、2度目の冬を越したわけで、昆虫としては大変な長生きをしていることになります。 Ricoh Caplio R6

0804futamonubatamakometsuki.jpg

ウバタマコメツキ (コメツキムシ科)

2008年 4月 熊本市立田山 (熊本) クロマツ樹幹にいたウバタマコメツキ。 松林の林床には枯死したクロマツ伐採木の材が何本も転がっており、そこで羽化したものでしょう。 ウバタマコメツキの色彩、斑紋はマツの樹皮に擬態し、見事な保護色となっています。 体長33mm。 Ricoh Caplio R6

0804ubatamakometsuki.jpg

マダラチビコメツキ (コメツキムシ科)

2015年 2月 熊本県民総合運動公園 (熊本) ケヤキの樹皮裏にいたマダラチビコメツキ。 このコメツキムシの斑紋や体色は越冬場所での保護色となるように設計されたものなのでしょうか。 余りにも色の要素が揃い過ぎていると思います。 体長4mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1502madarachibikometsuki.jpg

シロオビチビサビキコリ (コメツキムシ科)

2015年 1月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮裏で越冬中の極めて小さなコメツキムシ。 ファインダーで拡大された像はサビキコリ体型、図鑑ではやはりサビキコリの仲間のシロオビチビサビキコリでした。 体長2.5mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1501shiroobichibisabikikori.jpg/

コメツキムシの一種 (コメツキムシ科)

2014年 9月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 木製防護柵にいた小型のコメツキムシ。 小さいながらも前胸背後角の鋭い尖りはこれでもコメツキムシだぞと主張しているかのようです。 体長5mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1409kometsukimushi_sp.jpg

オオナガコメツキ (コメツキムシ科)

2014年 8月 阿蘇 十文字峠 (熊本) ニワトコの葉に乗っていた大型のコメツキムシ。 このサイズと褐色の体毛からオオナガコメツキのようです。 体長27mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1408onagakometsuki.jpg

コメツキムシの一種 (コメツキムシ科)

2014年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) セイタカアワダチソウの葉に丁度納まっていた中型のコメツキムシ。 全身に生えた灰褐色の毛が目立ちます。 体長15mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1408kometsukimushi_sp.jpg

ミヤマベニコメツキ♂ (コメツキムシ科)

2014年 5月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウの群落で葉縁に上がって来た赤い鞘翅のコメツキムシ。 上翅会合線が暗色とならない点はミヤマベニコメツキの特徴です。 体長12mm。 1/250" F8.0 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1405miyamabenikometsuki-m.jpg

アカアシオオクシコメツキ (コメツキムシ科)

2014年 5月 熊本市立田山 (熊本) カモジグサの花穂に上って来たコメツキムシは、赤褐色の各肢腿節が目立つアカアシオオクシコメツキです。 体長12mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1405akaashiokushikometsuki.jpg

コメツキムシの一種 (コメツキムシ科)

2014年 5月 熊本市立田山 (熊本) カモジグサの茎に摑まっていたコメツキムシの一種。 全体が灰褐色の毛で被われています。 体長14mm。 1/160" F7.1 ・8.0 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1405kometsukimushi_sp.jpg

1405kometsukimushi_sp_kao.jpg

ダイミョウコメツキ♂ (コメツキムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道木製防護柵の柱頭上にいた黒とオレンジ色の派手な色彩のコメツキムシ。 一見してダイミョウコメツキだと判ります。 後翅が鞘翅からはみ出しているのは、飛行中偶々此処に立寄っただけで、直後に再び飛び立って行きました。 体長12mm。 1/160" F8.0 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404daimyokometsuki-m.jpg

コメツキムシの一種 (コメツキムシ科)

2014年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道の防護柵にいたコメツキムシの一種。 体型から容易にコメツキムシの仲間だとは分かりますが、種名にまではなかなか辿り着けません。 体長11mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404kometsukimushi_sp.jpg
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR