ヤブキリの幼虫 (キリギリス科)

2017年 4月 合志市飯高山 (熊本) (上) フキの葉上に多かったヤブキリの幼虫。 フキの葉と殆んど同じ色彩で、周囲の緑に溶け込んでいました。 体長6mm。 (下) クサイチゴの花で花粉を食べていたやゝ大きなヤブキリの幼虫。 体長8mm。 1/250" F7.1 ISO500 ・640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1704yabukiri_yochu.jpg

1704yabukiri_yochu.jpg
スポンサーサイト

ヤブキリの幼虫 (キリギリス科)

2016年 3月 熊本市立田山 (熊本) オドリコソウの若葉に乗っていたヤブキリの幼虫。 紫蘇色の葉上で良く目立っていました。 体長7mm。 1/320" F5.6 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1603yabukiri_yochu.jpg

ササキリ♀ (キリギリス科)

2015年 11月 菊池市旭志 (熊本) クサイチゴの群落にいたササキリの♀。 充実した腹端から伸びる鋭い短剣のような産卵管が印象的です。 体長(翅端まで)28mm。 1/320" F4.0 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1511sasakiri-f.jpg

ツユムシ♀の顔 (キリギリス科)

2015年 11月 阿蘇郡西原村 (熊本) クサイチゴの葉上にいたツユムシの♀。 右前肢脛節基部に見える耳状の穴は鳴く虫に特有の聴覚器官です。 体長(翅端まで)40mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1511tsuyumushi-f_kao.jpg

ササキリ♀ (キリギリス科)

2015年 10月 阿蘇郡西原村 (熊本) シラネセンキュウの花上で花粉を食べていたササキリの♀。 成虫、幼虫共に肉食性ですが、花粉も餌になるようです。 体長20mm(産卵管を除く)。 1/250" F4.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1510sasakiri-f.jpg

ササキリの幼虫 (キリギリス科)

2015年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシの葉上で獲物を待つササキリの幼虫。 キリギリスの仲間なので、幼虫、成虫共に肉食性です。 体長8mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1508sasakiri_yochu.jpg

ヤブキリの幼虫 (キリギリス科)

2015年 3月 熊本市立田山 (熊本) 北アメリカ原産の帰化植物、アメリカフウロの葉上にいたヤブキリの若齢幼虫。 アメリカフウロの葉の色調と全く同じ体色をしているのには感心します。 体長7mm。 1/320" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1503yabukiri_yochu.jpg

ヒメクダマキモドキ♀の幼虫 (キリギリス科)

2014年 9月 山鹿市一ツ目湿地 (熊本) セイタカアワダチソウの葉に乗っていたヒメクダマキモドキ♀の幼虫。 大きな翅芽を持つので、終齢に達しているようです。 体長18mm(産卵管を除く)。 1/640" F4.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1409himekudamakimodoki-f_yochu.jpg

アシグロツユムシの幼虫 (キリギリス科)

2014年 8月 阿蘇 十文字峠 (熊本) ニワトコの葉先にいたアシグロツユムシの幼虫。 これはまだ小さな個体で、付近には10mm前後に育った幼虫の姿が多く見られました。 体長4mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1408ashigurotsuyumushi_yochu.jpg

ヒメギスの幼虫 (キリギリス科)

2014年 3月 熊本市立田山 (熊本) ギシギシの葉上で日光浴をしていたヒメギス幼虫の褐色型。 頭頂部から腹背にかけて平行する2本の細い線が特徴です。 体長6.5mm。 1/320" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1403himegisu_yochu.jpg
 

アシグロツユムシの幼虫♂ (キリギリス科)

2013年 8月 中津江村酒呑童子山 (大分) 9月中旬頃から成虫となるアシグロツユムシの幼虫が各種植物上に見られる季節になりました。 今はまだ1cm未満の小さな幼虫ですが、山を訪れる度に少しずつ大きくなる様子を見るのは楽しいものです。 体色の黄緑は蛍光色を帯びてなかなかの美しさがあります。 体長6mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308ashigurotsuyumushi-m_yochu.jpg

ヤブキリの幼虫 (キリギリス科)

2013年 3月 菊池市七城町 (熊本) ナノハナに続きサクラも満開となった河川敷にヤブキリ幼虫の姿が多く見られた。 まだ小さく、体長は5mm。 1/160" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1303yabukiri-m_yochu.jpg

ササキリ♀ (キリギリス科)

2012年 11月 熊本市立田山 (熊本) ヤブガラシの葉陰から日向に姿を現わしたササキリの♀。 小柄な体付きだが、キリギリス科の一員、肉食性である。 体長(翅端まで)30mm。 1/2500" F2.8 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1211sasakiri-f.jpg

ヒメクダマキモドキ♀ (キリギリス科)

2012年 10月 菊池市智者ヶ峰 (熊本) アカメガシワの葉上に多かったヒメクダマキモドキ。 体色や翅の質感は全く葉っぱに同化し切っている。 体長(翅端まで)40mm。 1/160" F8.0 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1210himekudamakimodoki-f.jpg

1210himekudamakimodoki-f_kao.jpg

ツユムシの幼虫♀ (キリギリス科)

2012年 10月 菊池市旭志 (熊本) 花粉を撒き散らしているヨモギの花穂にいたツユムシの幼虫。 大きな翅芽は終齢、短い産卵管は♀の個体である。 体長15mm。 Ricoh CX6

1210tsuyumushi-f_yochu

クビキリギスの幼虫♂ (キリギリス科)

2012年 9月 菊池市七城町 (熊本) 9月の中旬に入ってもまだ日中は30℃以上の真夏日が続き、河川敷の草叢はむせ返るような暑さ。 そんな草間で見つけたクビキリギスの幼虫は頭頂部のヘラ状の出っ張りが特徴で、成虫になってもこの特徴は変わらない。 体長30mm。 Ricoh CX6

1209kubikirigisu-m_yochu.jpg

ヒメクダマキモドキ幼虫 (キリギリス科)

2012年 8月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの葉上にいたヒメクダマキモドキの幼虫。 肩部に小さな翅芽が見えているが、翅でまだ覆われていない腹部には小白斑を並べてカムフラージュの効果を高めている。 体長14mm。 Ricoh CX6

1208himekudamakimodoki_yochu.jpg

ヤブキリ♀ (キリギリス科)

2012年 7月 中津江村酒呑童子山 (大分) 深い切れ込みのあるカジノキの葉上にいたのは真っ直ぐな産卵管を持つヤブキリの♀であった。 葉の色調に同化した体色は見事な保護色となっていて、動きがなければ気付くこともなかったと思われる。 体長(翅端まで)43mm。 Ricoh CX6

1207yabukiri-f.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR