テングチョウ♂ (テングチョウ科)

2010年 5月 山鹿市一ツ目湿地 (熊本) 早くも5月下旬に羽化したテングチョウで、地面から吸水するのは♂の個体。 翅表にはチョコレート地に鮮やかなオレンジ紋を現わしますが、裏面はこのような枯葉色となり、個体によって微妙に色彩や模様が異なっています。 前翅長30mm。

1005tengucho-m.jpg
スポンサーサイト

テングチョウ (テングチョウ科)

2012年 7月 九重 坊がつる (大分) 登山道の水溜りに群がっていたテングチョウの1頭。 羽化したばかりの♂で、今頃が最も多くの個体を見ることのできる時期である。 前翅長25mm。 Ricoh CX6

1207tengucho-m.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR