センチニクバエ (ニクバエ科)

2017年 5月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴの若葉に止まった大型のハエは精悍な姿のセンチニクバエ。 自然界の掃除屋さんとして、重要な役割を担っています。 体長13mm。 1/160 ・125" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1705senchinikubae.jpg

1705senchinikubae.jpg
スポンサーサイト

センチニクバエ (ニクバエ科)

2016年 7月 熊本市立田山 (熊本) ワラビの葉に止まったセンチニクバエ。 フィールドではスカヴェンジャーという重要な役割を担っている訳ですが、中胸背板の3本のストライプと赤い複眼が誇らしげに見えます。 体長10mm。 1/400" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1607senchinikubae.jpg

センチニクバエ (ニクバエ科)

2016年 9月 熊本市立田山 (熊本) イヌホオズキの葉上で翅を休めるセンチニクバエ。 複眼の赤さが際立っています。 体長8mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1609senchinikubae.jpg

センチニクバエ (ニクバエ科)

2016年 7月 熊本市立田山 (熊本) ササの葉で交尾中のセンチニクバエ。 ハエの仲間としては頭部付近ではあまり雌雄の違いが見られません。 体長♂10mm、♀12mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1607senchinikubae-mf.jpg

センチニクバエ (ニクバエ科)

2016年 4月 山鹿市一ツ目湿地 (熊本) 伐採されたクリノキの樹幹で日向ぼっこをしていたセンチニクバエ。 赤い複眼を除けば、樹皮の色調に良く溶け込んだ体色をしています。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604senchinikubae.jpg

センチニクバエの顔 (ニクバエ科)

2015年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシ葉上のセンチニクバエ。 レンズを近付けても逃げないので、顔面をクローズアップしてみました。 体長11mm。 1/250" F8.0 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1508senchinikubae_kao.jpg

センチニクバエ (ニクバエ科)

2015年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシ葉上のセンチニクバエ。 フィールドではスキャベンジャーとして重要な役割を担っています。 小林一茶の句、「やれ打つな 蝿が手を擦る 足を擦る」の図です。 体長11mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1507senchinikubae.jpg

センチニクバエ (ニクバエ科)

2015年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシの葉上に止まるセンチニクバエ。 赤い複眼と中胸背の3本の黒条が特徴のニクバエ科の代表選手です。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1507senchinikubae.jpg

センチニクバエ♂♀ (ニクバエ科)

2014年 10月 熊本市立田山 (熊本) ギシギシの葉上で交尾中のセンチニクバエ。 ハエやアブの仲間の多くには雌雄で複眼の大きさに顕著な違いが認められますが、このハエでは殆んど差がありません。 体長11mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1410senchinikubae-mf.jpg

1410senchinikubae-mf.jpg

センチニクバエ (ニクバエ科)

2014年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシ(上)とヒメコウゾ(下)の群落にいたセンチニクバエ。 撮影する機会の多いハエですが、赤い複眼がアクセントとなって見栄え良く写ってくれます。 体長12mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1407senchinikubae.jpg

1407senchinikubae.jpg

センチニクバエ (ニクバエ科)

2013年 12月 熊本市立田山 (熊本) 冬支度を終えたセイタカアワダチソウの葉先に飛んで来たセンチニクバエは赤い複眼が印象的です。 彼等の育ちは兎も角、飛翔昆虫として究極の進化を遂げたハエの中でも特に精悍な姿をしています。 体長10mm。 1/160" F8.0 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1312senchinikubae.jpg

1312senchinikubae.jpg

センチニクバエ (ニクバエ科)

2013年 9月 熊本市立田山 (熊本) イノコヅチの葉に飛んで来たセンチニクバエ。 フィールドで見かけるハエでは最もポピュラーなものですが、幼虫はスキャベンジャーとして自然界では重要な役割を担っていることを忘れてはなりません。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1309senchinikubae.jpg

センチニクバエ (ニクバエ科)

2013年 9月 山鹿市一ツ目湿地 (熊本) 交尾中ということは雌雄に違いないのですが、外見は♂と♀とでほとんど差がありません。 ♀の方がやゝ大きく、♂の複眼がこれもやゝ大きいといった点ぐらいでしょうか。 体長♂11mm、♀12mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1309senchinikubae-mf.jpg

センチニクバエ (ニクバエ科)

2013年 7月 山鹿市一ツ目湿地 (熊本) 平地から山地まで至る所で目にするセンチニクバエ。 赤い複眼に中胸背板の黒い3本のストライプはいつもの通りですが、各肢腿節が太く逞しいことに今回初めて気付きました。 体長11mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1307senchinikubae.jpg

ニクバエの一種 (ニクバエ科)

2012年 11月 熊本市立田山 (熊本) センチニクバエに似るが小型で複眼が赤くなく、頭頂部の様子も大分異なっている。 体長7mm。 1/160" F5.6 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1211nikubae_sp.jpg

センチニクバエ (ニクバエ科)

2012年 10月 熊本市立田山 (熊本) ブンブンと羽音を立てて元気に飛び回っていたセンチニクバエ。 赤い複眼と中胸背の3本の黒条が本種の特徴。 直射日光を受けて翅が白く輝いて写った。 体長10mm。 1/160" F5.6 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1210senchinikubae.jpg

センチニクバエ (ニクバエ科)

2012年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) 雨の降る中、カラムシの緑葉上に静止するハエがいた。 中胸背の3本の黒条と赤い複眼はセンチニクバエのもののようだ。 体長11mm。 Ricoh CX6

1207senchinikubae.jpg
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR