ヒメサナエ♂ (サナエトンボ科)

2017年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) イノコヅチの葉に止まったヒメサナエの♂。 種名の通り、小型のサナエトンボです。 腹長35mm。 1/1000" F2.8 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706himesanae-m.jpg
スポンサーサイト

フタスジサナエ♀ (サナエトンボ科)

2016年 6月 熊本市立田山 (熊本) ササの葉に飛んで来たやゝ小型のサナエトンボ。 この個体も翅胸部の斑紋パターンや腹部の太さからフタスジサナエの♀のようです。 腹長42mm。 1/1000 ・250" F4.0 ・6.3 ISO800 ・500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1606futasujisanae-f.jpg

1606futasujisanae-f_kao.jpg

フタスジサナエ♀ (サナエトンボ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) 遊歩道脇のササの葉に不意に降り立ったサナエトンボ。 翅胸部の斑紋パターンや腹部の太さからフタスジサナエの♀のようです。 腹長35mm。 1/250" F4.0 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605futasujisanae-f.jpg

ダビドサナエ♂ (サナエトンボ科)

2015年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) イノコヅチの葉に摑まったダビドサナエの若い♂。 撮影時にはヒメサナエかと思っていましたが、図鑑との照合でダビドサナエの♂だと判りました。 腹長35mm。 1/4000" F4.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1506dabidosanae-m.jpg

タイワンウチワヤンマ♂ (サナエトンボ科)

2014年 9月 山鹿市一ツ目湿地 (熊本) 大きな溜め池の水際に生えたヨシの葉でテリトリーを監視するタイワンウチワヤンマの♂。 腹端の団扇状の部分に黄斑が認められれば、それは本種とは別種のウチワヤンマだということになります。 腹長50mm。 1/2000" F6.7 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm f4.8-6.7 Ⅱ

1409taiwanuchiwayanma-m.jpg

タベサナエ♂ (サナエトンボ科)

2014年 4月 和水町菊水 (熊本) 小さな池の周囲でテリトリーをパトロールしていたサナエトンボの♂。 翅胸部と胸側のパターンはタベサナエのものです。 腹長40mm。 1/2500" F2.8 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1404tabesanae-m.jpg

コオニヤンマ♂ (サナエトンボ科)

2013年 8月 西臼杵郡高千穂町 (宮崎) 五ヶ瀬川河川敷の岩の上でテリトリーを張るのはコオニヤンマの♂です。 親分格のオニヤンマよりは小型ですが、クイッと下方に曲った腹端の様子など、なかなか精悍な姿をしています。 腹長60mm。 1/500" F5.6 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm f4-5.6

1308kooniyanma-m.jpg

ヒメサナエ♂ (サナエトンボ科)

2013年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) オニドコロの葉縁に不意に舞い降りたヒメサナエの♂は小型のサナエトンボで、付近にいたカワトンボよりも小さく感じたほどです。 腹長35mm。 1/160" F4.0 ・7.1 ISO200 ・1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306himesanae-m.jpg

1306himesanae-m_kao.jpg

タベサナエ♂ (サナエトンボ科)

2013年 4月 和水町菊水 (熊本) 小さな池の周囲にはこのサナエトンボだけが多かった。 翅胸部と胸側のパターンはタベサナエのもののようだ。 腹長38mm。 1/800 ・250" F5.6 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm f4-5.6 ・ED 60mm f2.8 Macro

1304tabesanae-m.jpg

1304tabesanae-m_kao.jpg

ヒメクロサナエ♀ (サナエトンボ科)

2013年 4月 星野村熊渡山 (福岡) ノブキの若葉に止まった♀のヒメクロサナエ。 本種も春のサナエトンボである。 腹長30mm。 1/160" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1304himekurosanae-f.jpg

タベサナエ♂ (サナエトンボ科)

2013年 4月 黒木町グリーンピア八女 (福岡) 花蕾がほころびかけたゴージャスなシャクナゲの葉に止まるタベサナエの♂。 春のサナエトンボである。 腹長38mm。 1/2000 ・100" F2.8 ・7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1304tabesanae-m.jpg

1304tabesanae-m_kao.jpg

ミヤマサナエ♂ (サナエトンボ科)

2012年 7月 中津江村酒呑童子山 (大分) アスファルト舗装された林道に飛んで来たサナエトンボ。 腹部7・8・9節が横に広がる点はミヤマサナエの特徴で、複眼のグリーンが印象的。 腹長40mm。 Ricoh CX6

1207miyamasanae-m.jpg

ヒメサナエ♂ (サナエトンボ科)

2012年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) 6月も末になって、まだ新鮮なサナエトンボが出迎えてくれた。 翅胸部と腹部のパターンはヒメサナエのようだ。 腹長43mm。 Ricoh CX6

1206himesanae-m.jpg
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR