ヒメフンバエ (フンバエ科)

2017年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウの葉縁に止まったヒメフンバエ。 平野部から山地まで、非常に広範囲に分布しています。 体長(翅端まで)15mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706himefunbae.jpg
スポンサーサイト

ヒメフンバエ (フンバエ科)

2017年 4月 合志市飯高山 (熊本) フキの葉に止まったヒメフンバエ。 堆肥が鋤き込まれた畑地では特に多く見られます。 体長(翅端まで)12mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1704himefunbae.jpg

キアシフンバエ (フンバエ科)

2016年 11月 熊本市立田山 (熊本) クズの若葉に飛んで来たフンバエの一種。 翅に目立った斑紋がなく、触角の色調等からキアシフンバエだと思われます。 体長(翅端まで)15mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1611kiashifunbae.jpg

ヒメフンバエ (フンバエ科)

2015年 11月 熊本市立田山 (熊本) イヌホオズキの群落に飛んで来たヒメフンバエ。 成虫で越冬するので、早春から晩秋までその姿を見かけます。 体長(翅端まで)15mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1511himefunbae.jpg

ヒメフンバエ (フンバエ科)

2015年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) イタドリの葉に止まったヒメフンバエ。 山地に産するものは特に複眼が赤いような感じがします。 体長(翅端まで)15mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1506himefunbae.jpg

ヒメフンバエ♂ (フンバエ科)

2014年 5月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウの葉上で休憩するヒメフンバエの♂。 平地から山地まで普通に分布していますが、山地で見かけるヒメフンバエは特に複眼が赤いようです。 体長(翅端まで)13mm。 1/250" F8.0 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1405himefunbae-m.jpg

ヒメフンバエ♀ (フンバエ科)

2014年 5月 日田市前津江町 (大分) 渓流の近くに伸びたマムシグサの葉に飛んで来たヒメフンバエ。 腹部の膨れ具合から♀の個体のようです。 体長(翅端まで)15mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1405himefunbae-f.jpg

ヒメフンバエ (フンバエ科)

2014年 3月 菊池市旭志 (熊本) ギシギシの葉上に飛来したヒメフンバエ。 付近の畑地には堆肥がふんだんに鋤き込まれているため、本種の個体数も多く、ほぼ一年中その姿を見ることができます。 体長(翅端まで)15mm。 1/250" F8.0 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1403himefunbae.jpg

ヒメフンバエ♂ (フンバエ科)

2013年 11月 熊本市立田山 (熊本) 早春から晩秋まで厳冬期以外のほぼ一年中、その姿を見る機会が多いヒメフンバエ。 他の小昆虫を捕食したり、また花にも集まる両刀使いのハエの仲間です。 体長(翅端まで)12mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1311himefunbae-m.jpg

ヒメフンバエ (フンバエ科)

2013年 5月 中津江村酒呑童子山 (大分) 低地から高地まで非常に棲息域の広いハエで、何処ででも極めて普通に見ることができる。 体長(翅端まで)15mm。 1/160" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1305himefunbae.

ヒメフンバエ (フンバエ科)

2013年 3月 菊池市七城町 (熊本) 花時を迎えたオドリコソウの群落を徘徊していたヒメフンバエ。 花にも集まるが、小昆虫を捕食することもある両刀使いののハエである。 体長(翅端まで)12mm。 1/160" F5.6 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1303himefunbae.jpg

ヒメフンバエ (フンバエ科)

2012年 11月 熊本市立田山 (熊本) 草食、肉食、両刀使いのフンバエの仲間はムシヒキアブのような逞しい背中と肢を備えている。 体長10mm。 1/160" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1211himefunbae.jpg

キバネフンバエ (フンバエ科)

2012年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) ヒメフンバエと姿形は同じだが、ヒメフンバエが馬糞色なのに対して随分オレンジがかった体色で、キバネフンバエという別種に区別できる。 体長(翅端まで)11mm。 Ricoh CX6

1206kibanefunbae.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR