コガシラアワフキ (アワフキムシ科)

2017年 6月 熊本市立田山 (熊本) ナラガシワの樹下に葉を広げたマムシグサに乗っていたコガシラアワフキ。 アワフキムシの仲間としては頭部が小さいための命名で、ヨモギ等のキク科植物をホストにしています。 体長(翅端まで)6mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706kogashiraawafuki.jpg
スポンサーサイト

モンキアワフキ (アワフキムシ科)

2016年 12月 熊本市立田山 (熊本) オドリコソウの葉上で日向ぼっこをしていた上翅の小さな黄斑が特徴のモンキアワフキ。 成虫で越冬するためか随分赤っぽい体色です。 体長(翅端まで)12mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1612monkiawafuki.jpg

アワフキムシの一種 (アワフキムシ科)

2015年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシの葉に乗っていたアワフキムシ。 モンキアワフキに似ていますが、老熟するとこんな感じになるのでしょうか。 体長11mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1507awafukimushi_sp.jpg

モンキアワフキ (アワフキムシ科)

2015年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) イタドリの葉に乗っていた大柄なアワフキムシ。 上翅後半部に小振りの黄白斑が一対あることからモンキアワフキの種名を貰っています。 体長(翅端まで)11mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1506monkiawafuki.jpg

アワフキムシの一種 (アワフキムシ科)

2015年 5月 日田市前津江町 (大分) 大きなフキの葉にポツンと乗っていた小型のアワフキムシの一種。 結構敏感で、直後には撥ね跳んでいなくなっていました。 体長(翅端まで)6mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1505awafukimushi_sp.jpg

テングアワフキ (アワフキムシ科)

2013年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオイタドリ葉上のテングアワフキです。 正に天狗の鼻を連想させるこの特異なフォルムは一度見たら忘れられません。 体色には黒色から淡褐色までの連続的な変化があります。 体長(翅端まで)11mm。 1/160" F7.1 ISO250。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306tenguawafuki.jpg

モンキアワフキ (アワフキムシ科)

2012年 7月 中津江村酒呑童子山 (大分) 上翅後部寄りに小白斑を現わすモンキアワフキ。 アワフキムシとしてはやゝ大柄で、体長(翅端まで)10mm。 Ricoh CX6

1207monkiawafuki.jpg

テングアワフキ (アワフキムシ科)

2012年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) 「天狗」と名の付くムシは幾つかあるが、このテングアワフキはそれらの中でも最も天狗らしい風貌だと思う。 尖った部分が顔面の丁度鼻に当たるところだからだろう。 テングアワフキの体色にはこのような黒っぽいものから薄茶色までの変化が見られる。 体長(翅端まで)11mm。 Ricoh CX6

1206tenguawafuki.jpg
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR