カタモンミナミボタル (ホタル科)

2017年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) ミツバの葉縁に佇むのは、上翅肩部の赤色が目立つカタモンミナミボタルです。 体長7mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706katamonminamibotaru.jpg
スポンサーサイト

オバボタル♂ (ホタル科)

2016年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) ミツバの葉上を歩いていたオバボタルの♂。 真っ黒なボディの前胸背板にある2個の鮮やかな濃桃色紋が本種の特徴ですが、腹端にも同様の桃色紋が見られるのは面白いと思います。 体長11mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1606obabotaru-m.jpg

1606obabotaru-m.jpg

オオマドボタル♂ (ホタル科)

2016年 6月 熊本市立田山 (熊本) カモジグサの穂に摑まっていたオオマドボタルの♂。 ♀は翅が退化して飛ぶことができないそうです。 体長13mm。 1/250" F5.6 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1606omadobotaru-m.jpg

オバボタル (ホタル科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) ゼンマイ葉上のオバボタル。 日中に活動するホタルの仲間で、全体真っ黒な中に前胸背板の一対の桃赤色紋が鮮やかなアクセントとなっています。 体長8mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605obabotaru.jpg

オバボタル♀ (ホタル科)

2015年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) イノコヅチの葉上を歩き回っていたオバボタルの♀。 その途中、珍しく腹端を伸ばして見せてくれました。 体長11mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro


クロクシヒゲボタル♂ (ホタル科)

2015年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) ムラサキシキブの葉上を歩き回っていた全身真っ黒なホタルの一種。 前胸背板が黒化するムネクリイロボタルがいるようですが、このホタルの前胸背板は側角の尖り方が弱いので、クロクシヒゲボタルの♂の可能性があります。 体長7mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1506kurokushihigebotaru-m.jpg

オバボタル♀ (ホタル科)

2015年 6月 菊池市菊池渓谷 (熊本) ノブキの葉に飛んで来たオバボタルの♀。 前胸背板の2個の紅紋が色鮮やかです。 体長8mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1506obabotaru-f.jpg

ムネクリイロボタル♂ (ホタル科)

2015年 5月 熊本市立田山 (熊本) ヤブマメの葉縁に静止したムネクリイロボタルの♂。 今が本種発生のピークらしく、至る所で見かけました。 体長8mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1505munekuriirobotaru-m.jpg

ムネクリイロボタル♂、♀ (ホタル科)

2015年 5月 熊本市立田山 (熊本) イノコヅチの群落にいたムネクリイロボタルの♂(上2枚)と♀(下)。 胸が常に赤い胸栗色蛍です。 体長♂8mm、♀7mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1505munekuriirobotaru-m.jpg
1505munekuriirobotaru-m2.jpg
1505munekuriirobotaru-f.jpg

オオマドボタル♂ (ホタル科)

2014年 6月 熊本市立田山 (熊本) ヤブガラシの葉に止まっていた前胸背板に長方形の赤色紋を持つホタルの仲間。 よく見れば前胸背板前縁に透明な部分が2箇所認められることから、オオマドボタルの♂だと判りました。 ♀は翅が退化して飛ぶことができないそうです。 体長13mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406omadobotaru-m.jpg

オバボタル♀ (ホタル科)

2014年 5月 熊本市立田山 (熊本) イノコヅチの葉に飛んで来た前胸背板に2個の桃赤色紋を現わす真っ黒なホタルの仲間。 昼間に活動するオバボタルです。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1405obabotaru-f.jpg

ムネクリイロボタル♀ (ホタル科)

2014年 5月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴの葉上に飛んで来た前胸背板だけが赤いホタルの一種。 でも何故か種名はムネクリイロボタル。 命名者は余程古い色褪せた標本を使われたのでしょうか。 生体の胸は常に赤いのですが・・・。 体長7mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1405munekuriirobotaru-f.jpg

オバボタル♀ (ホタル科)

2012年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) ミツバの葉先から飛び立つ寸前のオバボタル。 触角の鋸歯の形状は♀の個体だ。 体長8mm。 Ricoh CX6 

1207obabotaru-f.jpg

オバボタル♂ (ホタル科)

2012年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) イノコヅチのイノコヅチカメノコハムシを撮影中、同じ株に飛んで来たオバボタル。 真っ黒な体に前胸背板の紅紋はよく目立つ。 体長8mm。 Ricoh CX6

1207obabotaru-m.jpg

オバボタル♀ (ホタル科)

2012年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) 前日までの大雨で溢れ出た水が流れる林道脇のヒメコウゾに止まっていたオバボタル。 真っ黒な体の前胸背板上にある2個の紅紋は実に色鮮やかだ。 体長11mm。 Ricoh CX6

1206obabotaru-f.jpg

クロクシヒゲボタル♂ (ホタル科)

2012年 6月 菊池市菊池渓谷 (熊本) ムネクリイロボタルの黒化型かとも思うが、触角の櫛歯の様子はクロクシヒゲボタルかもしれない。 体長7mm。 Ricoh CX5

1206kurokushihigebotaru-m.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR