ネジロモンハナノミ♀ (ハナノミ科)

2011年 7月 菊池市菊池渓谷 (熊本) ブナ朽木のボロボロになった樹皮の隙間に産卵中のネジロモンハナノミ。 ブナに強く依存する種なので、ブナ林が残るような山地でしか見られません。 体長11mm。 Ricoh CX5

1107nejiromonhananomi-f.jpg

1107nejiromonhananomi-f.jpg
スポンサーサイト

ピックオビハナノミ (ハナノミ科)

2014年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) ナガバヤブマオの葉上にいたハナノミの一種。 上翅肩部の褐色と白い小楯板とでピックオビハナノミだと思われます。 体長11mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1407pikkuobihananomi.jpg

ハナノミの一種 (ハナノミ科)

2014年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシの葉縁にいた小型のハナノミの一種。 特に模様のないハナノミは図鑑ではズラリと並んでいて見分けるのは殆んど不可能、お手上げです。 体長4.5mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1407hananomi_sp.jpg

モンハナノミ (ハナノミ科)

2012年 8月 菊池市菊池渓谷 (熊本) ブナ倒木の樹皮上を徘徊していた数頭の小型のハナノミ。 その内の2頭が絡まって静止したところにカメラを向けると、交尾態勢の画像がモニターに映った。 やはり♀の方が大きく、♂の触角は♀の2倍ほどの長さがある。 体長♂5mm、♀6mm。 Ricoh CX6

1208monhananomi-mf.jpg

モンハナノミ♀ (ハナノミ科)

2012年 7月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 林道路肩のブナ伐採木に産卵のために飛来していたハナノミの一種。 上翅の黒紋の並びはモンハナノミのようだ。 体長7mm。 Ricoh CX6

1207monhananomi-f.jpg

ピックオビハナノミ (ハナノミ科)

2012年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) ミツバの葉上を飛び移っていた中型のハナノミ。 上翅の波形模様や褐色の肩部と白い小楯板からピックオビハナノミだと思われる。 体長7mm。 Ricoh CX6

1206pikkuobihananomi.jpg

ネジロモンハナノミ (ハナノミ科)

2012年 6月 菊池市菊池渓谷 (熊本) ブナ倒木に飛来して目の前を通り過ぎて行ったハナノミはネジロモンハナノミのようだ。 ブナ材の申し子とでも言うべき存在で、ブナに強く依存している。 体長7mm。 Ricoh CX5

1206nejiromonhananomi.jpg
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR