ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2017年 3月 熊本市立田山 (熊本) マテバシイの葉表にいた小型のヒメバチの一種。 体長(翅端まで)4mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1703himebachi_sp.jpg
スポンサーサイト

ヒメバチの一種♀ (ヒメバチ科)

2017年 1月 熊本市立田山 (熊本) マテバシイの葉裏で見つけた小型のヒメバチの一種。 体長(翅端まで)4mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1701himebachi_sp-f.jpg

1701himebachi_sp-f2.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2017年 1月 熊本市立田山 (熊本) マテバシイの葉裏にいたヒメバチの一種。 体長(翅端まで)9mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1701himebachi_sp.jpg

1701himebachi_sp_kao.jpg

ヒメバチの一種♀ (ヒメバチ科)

2016年 12月 熊本市立田山 (熊本) ノイバラの若葉に執着していたヒメバチの一種。 やがて葉裏に回り込み、腹部を曲げて何かに産卵を始めた様子。 しかし、葉陰に隠れて産卵対象は見えず仕舞い。 それがクモ類だとしたら、このハチはクモヒメバチの仲間なのかも知れません。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1612himebachi_sp-f.jpg

1612himebachi_sp-f.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの葉上に束の間止まったヒメバチの一種。 腹端に産卵管鞘が見えないので、♂の個体のようです。 体長14mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1610himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの葉上を物色するように歩き回っていたヒメバチの一種。 体長7.5mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1610himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの葉上で立ち止まったヒメバチの一種。 太目の触角中央の白色部が目立った特徴です。 体長8mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1610himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種♀ (ヒメバチ科)

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) カラムシ葉上のヒメバチの一種。 触角中央上面の白色部が目立つヒメバチの♀に漸く出会えました。 体長13mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1610himebachi_sp-f.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) カラムシ葉上のヒメバチの一種。 触角中央上面の白色部が目立つヒメバチですが、腹端に極めて短い産卵管鞘らしき物が見えていますので、♀の個体かも知れません。 体長12mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1610himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) カラムシ葉上のヒメバチの一種。 これまでに掲載してきたヒメバチ類とは明らかに違う小型の種です。 体長5mm。 1/250" F6.3 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1610himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) カラムシ葉上のヒメバチの一種。 10月25日掲載のヒメバチの一種と同じ種で、腹端と触角の控え目な白色部が特徴です。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1610himebachi_sp.jpg

1610himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの葉上で立ち止まったヒメバチの一種。 いよいよ公園内の除草作業が進み、数種のハチ類で賑わっていたカラムシの群落も、霜が降りる前に刈り取られてしまいそうです。 体長13mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1610himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの群落で葉上を飛び移っていた中型のヒメバチの一種。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1610himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの群落で葉上を飛び移っていたヒメバチの一種。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1610himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの葉上で束の間立ち止まったヒメバチの一種。 最近、しばしば登場するやゝ大柄なヒメバチで、触角中央上面と腹端の白色部が特徴です。 体長14mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1610himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) ヤブガラシの葉上で静止していたヒメバチの一種。 触角中央上面と小楯板、腹端の白色部が特徴です。 体長14mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro


ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの群落で葉表を飛び移っていたヒメバチの一種。 触角中央上面と腹端の白色部が非常に良く目立っていました。 体長14mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1610himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) レモンエゴマの葉に短時間静止したヒメバチの一種。 触角中央と腹端の白色部が目立ちます。 体長15mm。 1/250" F6.3 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1608himebachi_sp.jpg""

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴの葉上に束の間静止したヒメバチの一種。 体長12mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1610himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) カキドオシの群落で葉上を次々に飛び移っていたヒメバチの一種。 触角中央上面と小楯板、腹端の白色部が目立った特徴です。 体長12mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1610himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種♀ (ヒメバチ科)

2016年 8月 御船町吉無田高原 (熊本) ツリフネソウの大群落で、寄生対象を探して葉上を歩き回っていたヒメバチの一種。 この華奢な体型のヒメバチのターゲットは一体何なんでしょう。 体長15mm(産卵管鞘を除く)。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1608himebachi_sp-f.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) シラネセンキュウの葉に止まったヒメバチの一種。 後肢脛節の白色部が最も目立った特徴です。 体長16mm。 1/250" F6.3 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1608himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) レモンエゴマの葉表を徘徊していたヒメバチの一種。 中央上面が白い触角を忙しなく動かして何かを探っているようでした。 体長16mm。 1/250" F6.3 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1608himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラスウリ(上)とカラムシ(下)の葉上に静止した中型のヒメバチの一種。 各肢脛節の白色部は特徴の一つです。 体長16mm。 1/250" F6.3 ISO800 ・640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1608himebachi_sp.jpg

1608himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 7月 熊本市立田山 (熊本) ホシダの帆の部分の葉に止まったところをスナップした小型のヒメバチの一種。 体長6mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1607himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 7月 熊本市立田山 (熊本) スイカズラの葉に束の間静止したところのスナップ。 このヒメバチの一種の方が後出のものより一回り大きく、中・後肢腿節が太く発達し、一層逞しく見えます。 体長8mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1607himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 6月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴの葉上で捉えた小型のヒメバチの一種。 体長5mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1606himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 6月 熊本市立田山 (熊本) ツユクサの葉先に止まったヒメバチの一種。 後肢腿節の太さが逞しさを感じさせます。 体長7mm。 1/250" F6.3 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1606himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種 (ヒメバチ科)

2016年 6月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴの葉縁で立ち止まったヒメバチの一種。 体長11mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1606himebachi_sp.jpg

ヒメバチの一種の産卵 (ヒメバチ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) ヤマザクラの朽ちた切り株で盛んに産卵行動を繰り返していたヒメバチの一種。 撥ね上げた産卵管鞘から抜き出した細い産卵管を半分以上材中に差し込んでいるところです。 体長15mm(産卵管鞘を除く)。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605himebachi_sp-f_sanran.jpg
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR