ギンスジカギバの幼虫 (カギバガ科)

2015年 11月 阿蘇郡西原村 (熊本) 林道脇に細々と生えたウリノキの葉を齧っていたギンスジカギバの終齢幼虫。 この後、蛹態で越冬し、来年6月頃に成虫へと羽化するのでしょう。 体長35mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1511ginsujikagiba_yochu.jpg
スポンサーサイト

オオマエベニトガリバ♂右前翅表 (カギバガ科)

1985年 5月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 産 夜間灯火採集の白布に飛んで来たカギバガ科トガリバガ亜科のオオマエベニトガリバ♂の右前翅表中央にある斑紋をクローズアップ。 前翅長22mm。 拡大率20倍

8805omaebenitogariba-m.jpg

アヤトガリバ♂左前翅表 (カギバガ科)

1993年 5月 山都町内大臣 (熊本) 産 夜間灯火採集の白布に飛んで来たカギバガ科トガリバガ亜科のアヤトガリバ♂の左前翅表中央にある褶曲模様をクローズアップ。 前翅長22mm。 拡大率20倍

9305ayatogariba-m.jpg

ギンスジカギバ (カギバガ科)

2013年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) 下草のミズヒキの葉上に張り付いていたのは、茶褐色の翅表に細い白条を何本も走らせたギンスジカギバ。 瓜に似た葉をつけるウリノキをホストにするカギバガの仲間である。 前翅長15mm。 1/160" F4.0 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306ginsujikagiba.jpg

アシベニカギバ (カギバガ科)

2013年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) イタドリの葉の上に落ちた黄色い枯葉。 ではなく、れっきとした蛾の仲間で、前翅端が鉤状に尖るカギバガの一種である。 体下に隠れて見えないが、種名の通り肢が赤い。 サンゴジュやゴマギ、ガマズミをホストにする。 前翅長20mm。 1/160" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306ashibenikagiba.jpg

ヒメハイイロカギバ (カギバガ科)

2012年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) イタドリ葉上に静止するカギバガの一種のヒメハイイロカギバ。 新鮮な個体では紫がかった鱗粉に被われた前翅中央の2個ずつの小白斑がアクセントとなっている。 前翅長12mm。 Ricoh CX5

1206himehaiirokagiba.jpg
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR