マガリケムシヒキ♀ (ムシヒキアブ科)

2017年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) カモジグサの花穂に獲物を抱えて飛んで来たマガリケムシヒキの♀。 捕まったのは腹端が尖った♀のミスジガガンボです。 体長22mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro


スポンサーサイト

マガリケムシヒキ♂ (ムシヒキアブ科)

2017年 6月 熊本市立田山 (熊本) カモジグサの花穂に獲物を抱えて飛んで来たマガリケムシヒキの♂。 餌食になったのはオドリバエの仲間のようです。 体長25mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706magarikemushihiki-m.jpg

マガリケムシヒキ♂ (ムシヒキアブ科)

2017年 4月 熊本市立田山 (熊本) すっかり薹が立ったギシギシの葉に飛んで来たマガリケムシヒキ。 腹端の拳状の膨らみは♂の交尾器です。 体長23mm。 1/250" F7.1 ISO250。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1704magarikemushihiki-m.jpg

シオヤアブ♂ (ムシヒキアブ科)

2016年 7月 熊本市立田山 (熊本) カモジグサの枯れ穂に止まって獲物の飛来を待ち受けるシオヤアブの♂。 ♂の腹端の白い毛塊は遠目にも良く目立ちます。 体長35mm。 1/1000" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1607shioyaabu-m.jpg

コムライシアブ♀ (ムシヒキアブ科)

2016年 9月 御船町吉無田高原 (熊本) ツリフネソウの群落で獲物を狙うコムライシアブの♀。 体長(翅端まで)18mm。 1/500" F5.6 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1609komuraishiabu-f.jpg

コムライシアブ♂ (ムシヒキアブ科)

2016年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラスウリの葉上で獲物を待ち受けるコムライシアブの♂。 背中の金色毛が剥げ落ちてしまったかなり老熟した個体のようです。 腹端の太い拳状のゲニタリア(交尾器)が目を引きます。 体長13mm。 1/250" F6.3 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1608komuraishiabu-m.jpg

コムライシアブ♀ (ムシヒキアブ科)

2016年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラスウリの葉上で獲物を待ち受けるコムライシアブの♀。 細長く尖った口吻と黒光りする背中の盛り上がりがムシヒキアブとしての凄味を感じさせます。 体長(翅端まで)18mm。 1/250" F5.6 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1607komuraishiabu-f.jpg

シオヤアブ♂ (ムシヒキアブ科)

2016年 7月 熊本市立田山 (熊本) キツネノマゴの葉に獲物を抱えて飛んで来た、日本昆虫界最強のアサシンとされる、腹端の純白の毛塊が特徴の♂のシオヤアブ。 犠牲となったのはブランコヤドリバエのようです。 体長35mm。 1/250" F5.6 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro


マガリケムシヒキ♂ (ムシヒキアブ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) ゼンマイの葉で休憩するマガリケムシヒキの♂。 マガリケムシヒキはムシヒキアブの仲間では最もポピュラーな種類で、フィールドの至る所で見ることができます。 ♂の腹端には握り拳のようなゲニタリア(交尾器)があります。 体長22mm。 1/250" F5.6 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605magarikemushihiki-m.jpg

マガリケムシヒキ♀ (ムシヒキアブ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴの葉上で獲物を待ち受けるムシヒキアブ科の最定番種マガリケムシヒキ。 腹端が尖っている♀の個体です。 大きな複眼は視力の良さを物語っています。 体長30mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604magarikemushihiki-f.jpg

1604magarikemushihiki-f_kao.jpg

ヒサマツムシヒキ♂、♀ (ムシヒキアブ科)

2015年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシ葉上のヒサマツムシヒキ♂(上)とナガバヤブマオの葉で獲物を捕食中のヒサマツムシヒキ♀(下)。 良く似たサキグロムシヒキよりも遥かに小型です。 体長19mm。 1/250" F5.6 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1508hisamatsumushihiki-m.jpg

1508hisamatsumushihiki-f.jpg

サキグロムシヒキ♀ (ムシヒキアブ科)

2015年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) ヒメコウゾ葉上で獲物を狙うサキグロムシヒキの♀。 薄茶色の腹部先端が黒い点がサキグロの種名の由来です。 体長30mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1507sakiguromushihiki-f.jpg

ハラボソムシヒキ♀ (ムシヒキアブ科)

2015年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) サルトリイバラの葉上でマダラアシナガバエを捕食中のハラボソムシヒキ。 お腹の大きい♀の個体です。 体長10mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1507harabosomushihiki-f.jpg

サキグロムシヒキ♀ (ムシヒキアブ科)

2015年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) ヒメコウゾの葉上で獲物を待ち受けるサキグロムシヒキの♀。 マガリケムシヒキに似ていますが、各肢脛節が茶褐色とならない点で区別できます。 体長27mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1507sakiguromushihiki-f.jpg

1507sakiguromushihiki-f_kao.jpg

コムライシアブ♂、♀ (ムシヒキアブ科)

2015年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシの葉上でマグソコガネを餌食にしたコムライシアブの♂(上)とヤマノイモ葉上のコマユバチの一種に口吻を突き立てた♀(下)。 これらムシヒキアブの仲間は何れも優れたハンターなのです。 体長18mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1507komuraishiabu-m.jpg

1507komuraishiabu-f.jpg

マガリケムシヒキ♂ (ムシヒキアブ科)

2015年 4月 熊本市立田山 (熊本) ギシギシの葉に飛んで来たムシヒキアブは最もポピュラーなマガリケムシヒキ。 中胸背の筋肉の盛り上がりが目を引きます。 腹端の拳状のものはゲニタリアと呼ばれる♂の交尾器です。 体長28mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1504magarikemushihiki-m.jpg

1504magarikemushihiki-m.jpg

アシナガムシヒキ♂ (ムシヒキアブ科)

2014年 6月 熊本市立田山 (熊本) イノコヅチの葉上に飛んで来たムシヒキアブは特に肢が長い、その名もアシナガムシヒキ。 このアシナガムシヒキには変なクセがあって、静止の際に前肢の片方、偶には両方を頭上に掲げるのが常です。 獲物を見つけて急発進する時に振り下ろして反動を付けるためでしょうか。 体長20mm。 1/250" F5.6 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406ashinagamushihiki-m.jpg

ヒサマツムシヒキ♂ (ムシヒキアブ科)

2014年 8月 阿蘇 十文字峠 (熊本) ヨモギの葉に飛んで来たムシヒキアブの一種。 ムシヒキアブとしては小型の種類で、マガリケムシヒキではなく、ヒサマツムシヒキだと思われます。 体長18mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1408hisamatsumushihiki-m.jpg

ハラボソムシヒキ (ムシヒキアブ科)

2014年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) コアカソの葉上で獲物を狙うハラボソムシヒキ。 ムシヒキアブの仲間では小型の種類で、紫色の複眼が印象的です。 体長12mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1407harabosomushihiki.jpg

コムライシアブ (ムシヒキアブ科)

2014年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシの葉上でコメツキムシの背中に口吻を突き立てて捕食中のコムライシアブ。 この後、獲物もろとも軽々と何処かへ飛び去ってしまいました。 体長(翅端まで)20mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1407komuraishiabu.jpg 

コムライシアブ♂ (ムシヒキアブ科)

2014年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシの葉上で獲物を狙うコムライシアブの♂。 大きな複眼は上空の動きに敏感で、捕食時に突き刺す黒光りした口吻には凄味すら感じます。 体長12mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1407komuraishiabu-m.jpg

1407komuraishiabu-m_kao.jpg

コムライシアブ♂ (ムシヒキアブ科)

2013年 8月 中津江村酒呑童子山 (大分) カラスウリの葉上で獲物を狙うコムライシアブの♂。 中胸背の黄金毛は前方から剥げ落ち、かなり老熟した個体のようです。 後肢腿節の膨らみと腹端のゲニタリア(生殖器)が目立ちます。 体長14mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308komuraishiabu-m.jpg

1308komuraishiabu-m_kao.jpg

コムライシアブ♂ (ムシヒキアブ科)

2013年 8月 中津江村酒呑童子山 (大分) ヘクソカズラの葉上に飛んで来たムシヒキアブが捕らえていたのは大型のハナノミの一種。 大きさ10mm以上もある獲物を口吻で突き刺したまゝ飛行する怪力には脱帽です。 体長23mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308komuraishiabu-m.jpg

コムライシアブ♀ (ムシヒキアブ科)

2013年 5月 中津江村酒呑童子山 (大分) マルバウツギの葉上で身繕いをする中型のムシヒキアブの一種は、中胸背に金色の毛を纏うコムライシアブです。 黒光りした腹端が尖るのは♀の個体。 大方、翅をこのようにハの字に開いて静止します。 体長16mm。 1/160" F7.1 ISO320 ・250。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1305komuraishiabu-f.jpg

1305komuraishiabu-f.jpg

カワムラヒゲボソムシヒキ♀ (ムシヒキアブ科)

2013年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) イタドリの葉上で獲物を待ち受けるカワムラヒゲボソムシヒキ。 近くを飛び過ぎるものがあるとスクランブルで襲い掛かり、鋭く尖った口吻を突き立てる獰猛なムシヒキアブの仲間です。 そのため、急発進し易いように明るく開けた場所でよく見かけます。 体長18mm。 1/160" F7.1 ISO320。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306kawamurahigebosomushihiki-f.jpg

1306kawamurahigebosomushihiki-f_kao.jpg

マガリケムシヒキ♂ (ムシヒキアブ科)

2013年 4月 熊本市立田山 (熊本) ギシギシの葉に止まっていたマガリケムシヒキは腹端に拳状の交尾器を持つ♂の個体。 体長22mm。 1/125" F5.6 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1304magarikemushihiki-m.jpg

トゲツヤイシアブ♂ (ムシヒキアブ科)

2012年 8月 菊池市菊池渓谷 (熊本) ブナ倒木上に飛来したトゲツヤイシアブの♂。 ♂の腹端には黒光りした交尾器(ゲニタリア)が見えている。 体長20mm。 Ricoh CX6

1208togetsuyaishiabu-m.jpg

シオヤアブ♀ (ムシヒキアブ科)

2012年 8月 黒木町グリーンピア八女 (福岡) 遊歩道をブンブンと喧しい羽音を立てて飛び回っていた大型ムシヒキアブのシオヤアブ。 ♂の腹端には白い毛塊があるので、この個体は♀。 体長30mm。 Ricoh CX6

1208shioyaabu-f.jpg

サキグロムシヒキ♂ (ムシヒキアブ科)

2012年 8月 阿蘇 端辺原野 (熊本) 獲物を捕らえてクマザサの葉上に飛来した♂のサキグロムシヒキ。 背中に口吻を突き立てられているのはキンバエの一種のようだ。 体長18mm。 Ricoh CX6

1208sakiguromushihiki-m

コムライシアブ♂ (ムシヒキアブ科)

2012年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) かなり剥げてしまっているが、中胸背板に金色の毛を生やすのはコムライシアブ。 ムシヒキアブの中でも口吻は特に細く長い。 体長15mm。 Ricoh CX6

1207komuraishiabu-m.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR