モンキナガクチキムシ (キノコムシダマシ科)

2017年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウの葉縁にいた真っ黒な甲虫。 それでも、触角先端の白色部と小楯板の橙色毛が僅かなアクセントとなっています。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706monkinagakuchikimushi.jpg
スポンサーサイト

アカバコキノコムシダマシ (キノコムシダマシ科)

2016年 2月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮裏で越冬中のアカバコキノコムシダマシ。 ケヤキの樹皮の隙間は断熱効果が高いためか数多くの微小甲虫が冬越しの場所として利用しています。 体長2.5mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1602akabakokinokomushidamashi.jpg
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR