イノコヅチカメノコハムシ (ハムシ科)

2018年 2月 菊池市旭志 (熊本) トウカエデのミルフィーユ状に剥がれた樹皮裏で越冬中のイノコヅチカメノコハムシ。 白い輪っかはスカート部分の裏側に付いた水滴です。 体長5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1802inokozuchikamenokohamushi.jpg
スポンサーサイト

セモンジンガサハムシ (ハムシ科)

2018年 2月 熊本市立田山 (熊本) タブノキの葉の裏側で越冬中のセモンジンガサハムシ。 冬季には常緑広葉樹の葉裏以外では見たことがありません。 体長4.5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1802semonjingasahamushi2.jpg

マダラアラゲサルハムシ (ハムシ科)

2018年 1月 熊本市立田山 (熊本) イチイガシの樹皮裏で越冬中のマダラアラゲサルハムシ。 熟睡している時は、いつ見てもこのポーズです。 体長4.5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1801madaraaragesaruhamushi.jpg

1801madaraaragesaruhamushi.jpg

ヒメカメノコハムシ (ハムシ科)

2018年 1月 菊池市旭志 (熊本) ケヤキの樹皮裏で越冬中のカメノコハムシは、上翅側縁後方に一対の黒紋が認められるので、イノコヅチカメノコハムシではなく、ヒメカメノコハムシの方です。 前日の雨の名残で、スカート部分の裏側に幾つも水滴が付着しています。 体長4.5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1801himekamenokohamushi.jpg

イノコヅチカメノコハムシ (ハムシ科)

2017年 12月 阿蘇 上色見 (熊本) ケヤキの樹皮裏で越冬中のイノコヅチカメノコハムシ。 体長5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1712inokozuchikamenokohamushi.jpg

クルミハムシ (ハムシ科)

2017年 11月 菊池市伊牟田 (熊本) ケヤキの樹皮裏で越冬中のクルミハムシ。 偏平な体型のお陰で樹皮の隙間に潜り込めた訳です。 体長7mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1711kurumihamushi.jpg

セモンジンガサハムシ (ハムシ科)

2017年 11月 熊本市立田山 (熊本) ヤブツバキの葉の裏側にいたセモンジンガサハムシ。 触角を伸ばしているのは、まだ冬眠状態には入っていなかったということです。 セモンジンガサハムシの越冬場所は常緑広葉樹の葉裏で、樹皮の隙間に潜り込んだりはしません。 体長5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1711semonjingasahamushi.jpg

1711semonjingasahamushi.jpg

ムネアカキバネサルハムシ (ハムシ科)

2017年 11月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮裏で越冬していた超小型のサルハムシの仲間。 サルハムシ亜科の中では最も小さいムネアカキバネサルハムシのようです。 体長2mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1711muneakakibanesaruhamushi.jpg

ニレハムシ (ハムシ科)

2017年 11月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮裏にいたニレハムシ。 ケヤキはニレ科の樹木、このニレハムシもケヤキで育ったものでしょう。 体長4mm。 1/250" F8.0 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro


イノコヅチカメノコハムシ (ハムシ科)

2017年 11月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮裏に張り付いていたイノコヅチカメノコハムシ。 夏の間、ホストのイノコヅチの葉に沢山の虫食い穴を開けた張本人です。 体長5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1711inokozuchikamenokohamushi.jpg

クロウリハムシ♀ (ハムシ科)

2017年 10月 阿蘇郡西原村 (熊本) シラネセンキュウの花上で花粉を食べていたクロウリハムシ。 越冬前の栄養補給に余念がないようでした。 体長6.5mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1710kurourihamushi-f.jpg

クロウリハムシ♀ (ハムシ科)

2017年 10月 阿蘇郡西原村 (熊本) シラネセンキュウの複散形花序で花粉を食べていたクロウリハムシ。 普段はカラスウリの緑葉を後食するクロウリハムシですが、花粉の味はスイーツのようなデザート感覚なのでしょうか。 体長5mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1710kurourihamushi-f.jpg

ムナグロツヤハムシ (ハムシ科)

2017年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシの葉を後食していたムナグロツヤハムシ。 左端の穴はその食痕です。 体長4mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1708munagurotsuyahamushi.jpg

タケトゲハムシ (ハムシ科)

2017年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) メダケの葉の表面を削るように、白い食痕と糞を残しながら食べ進んでいたタケトゲハムシ。 体長4mm。 1/250" F8.0 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1708taketogehamushi.jpg

ヨツモンカメノコハムシ (ハムシ科)

2017年 8月 熊本市立田山 (熊本) 道端にあの特徴的なヒルガオの葉を見つけたので、「ひょっとして」と注意モードで覗き込むと、いました。 近くのクズの若葉でお昼寝中と思いきや、このワンカットのみでアッサリ飛び去られてしまい、ヨツモンカメノコハムシは実に良く飛ぶ飛行の名手だったことを思い出した次第です。 体長11mm。 1/250" F8.0 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1708yotsumonkamenokohamushi2.jpg

イノコヅチカメノコハムシ (ハムシ科)

2017年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) 虫食い穴がいっぱい開いたイノコヅチの若葉で見つけたイノコヅチカメノコハムシ。 ホスト植物の名前がそのまゝ種名となるということは、両者にそれほど密接な関係がある証だと言えます。 体長4.5mm。 1/250" F8.0 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1708inokozuchikamenokohamushi.jpg

タケトゲハムシ (ハムシ科)

2017年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) メダケの葉の表面を並んで摂食中のタケトゲハムシ2頭。 食痕には糞を残すのが流儀のようで ・・。 体長5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1708taketogehamushi2.jpg

タケトゲハムシ (ハムシ科)

2017年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) メダケの葉の表面を盛んに摂食していたタケトゲハムシ。 各肢と触角が赤褐色を呈する点と、ホストが竹や笹類であることで、種名は間違いありません。 体長5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1708taketogehamushi.jpg

タケトゲハムシ (ハムシ科)

2017年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) メダケの葉の表面を食べ進んでいたタケトゲハムシ。 と、其処へやって来たシリアゲアリの一種。 両種接近遭遇も暫らく睨み合った後、何事もなかったかのようにアリの方が左に戻って行きました。 体長4.5mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706taketogehamushi.jpg

ヤマイモハムシ (ハムシ科)

2017年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシの葉縁で立ち止まったヤマイモハムシ。 艶のあるボディながら、点刻列のお陰でAFでも良くピントが合ってくれます。 体長5mm。 1/250" F8.0 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706yamaimohamushi.jpg

ヤマイモハムシ (ハムシ科)

2017年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) ミツバの葉上に降りていたヤマイモハムシ。 赤と濃紺のツートーンは緑一色の中では良く目立っていました。 体長6mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706yamaimohamushi.jpg

タケトゲハムシ (ハムシ科)

2017年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) ササの葉先で交尾中のタケトゲハムシのカップル。 各肢と触角、それに腹部も赤褐色であることが判ります。 体長♂4.5mm、♀5.5mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706taketogehamushi-mf.jpg

アカマルノミハムシ (ハムシ科)

2017年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウの葉に多かった小型のハムシ。 体の赤さと大きさからアカマルノミハムシのようです。 体長4.5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro


イノコヅチカメノコハムシ (ハムシ科)

2017年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) イノコヅチの葉上でペアとなっていたイノコヅチカメノコハムシ。 交尾態勢ながらも♀は葉の後食を続けていました。 体長♂4.5mm、♀5.5mm。 1/250" F8.0 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706inokozuchikamenokohamushi-mf.jpg

ヤマイモハムシ (ハムシ科)

2017年 6月 阿蘇郡西原村 (熊本) イタドリの葉にいたヤマイモハムシ。 種名の通りヤマノイモをホストにするハムシです。 体長5mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706yamaimohamushi.jpg

ヤナギハムシ (ハムシ科)

2017年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウの葉上にいたヤナギハムシ。 新成虫になったばかりの個体で、黄色の上翅も老熟すれば濃いオレンジ色に変わります。 体長7.5mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706yanagihamushi.jpg

タケトゲハムシ (ハムシ科)

2017年 5月 熊本市立田山 (熊本) ササの葉でペアとなっていたタケトゲハムシ。 体長♂4.5mm、♀5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1705taketogehamushi-mf.jpg

カバノキハムシ (ハムシ科)

2017年 5月 日田市御前岳 (大分) ヤマアイの葉先にいたカバノキハムシ。 ハムシとしては細長い体型です。 体長4.5mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1705kabanokihamushi.jpg

ミヤマヒラタハムシ (ハムシ科)

2017年 5月 阿蘇 鍋の平 (熊本) ミヤマハンノキの若葉に多かったミヤマヒラタハムシ。 やがて葉裏に数十個単位の卵塊を産み付けるのですが、その卵塊を狙って天敵のカメノコテントウが直ぐ側で待ち構えているところを見ると、弱肉強食の世界の厳しさを感じてしまいます。 体長7mm。 1/250" F8.0 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1705miyamahiratahamushi.jpg

オキナワトビサルハムシ九州亜種 (ハムシ科)

2017年 4月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹幹を歩いていたトビサルハムシ。 九州産の本種は全てオキナワトビサルハムシの九州亜種だということです。 体長7mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1704okinawatobisaruhamushi_kyusyuasyu.jpg
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR