イチゴハムシ♀ (ハムシ科)

2017年 4月 熊本市立田山 (熊本) ギシギシの葉を後食していたイチゴハムシ。 お腹が膨らんだ♀の個体です。 体長4mm。 1/250" F8.0 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1704ichigohamushi-f.jpg
スポンサーサイト

バラルリツツハムシ (ハムシ科)

2017年 4月 熊本市立田山 (熊本) ギシギシの葉にいたバラルリツツハムシ。 ツツハムシの仲間は円筒を半分に切ったような体型が特徴です。 体長4.5mm。 1/250" F7.1 ISO1250。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1704bararuritsutsuhamushi.jpg

クロボシツツハムシ♀ (ハムシ科)

2017年 4月 熊本市立田山 (熊本) ギシギシの葉に上がって来たクロボシツツハムシ。 この色彩、斑紋はナナホシテントウに擬態したものとされています。 体長6mm。 1/250" F8.0 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1704kuroboshitsutsuhamushi-f.jpg

1704kuroboshitsutsuhamushi-f.jpg

ヨツモンカメノコハムシ (ハムシ科)

2017年 4月 合志市飯高山 (熊本) フキの葉上でペアとなっていたヨツモンカメノコハムシ。 雌雄の性差は触角の長さに顕著です。 体長11mm。 1/500" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1704yotsumonkamenokohamushi-mf.jpg

イタドリハムシ (ハムシ科)

2017年 4月 熊本市立田山 (熊本) ギシギシの葉にいたイタドリハムシ。 黒地に浮き出たオレンジ色のコウモリ紋は日に日に濃くなって来ました。 体長7mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1704itadorihamushi.jpg

イタドリハムシ (ハムシ科)

2017年 3月 熊本市立田山 (熊本) ギシギシの葉にいたイタドリハムシ。 体長7mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1703itadorihamushi.jpg

イタドリハムシ (ハムシ科)

2017年 3月 菊池市旭志 (熊本) ホトケノザの花に止まったイタドリハムシ。 体長7mm。 1/250" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1703itadorihamushi.jpg

1703itadorihamushi.jpg

コガタルリハムシ (ハムシ科)

2017年 3月 菊池市旭志 (熊本) ギシギシの大株では多数のコガタルリハムシのペアが見られましたが、やはり♀の方が少ないのか、♂同士の諍いもあちこちで起こっていました。 体長♂5mm、♀7mm。 1/250" F8.0 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1703kogatarurihamushi-mf.jpg

1703kogatarurihamushi-mmf.jpg

コガタルリハムシと卵塊 (ハムシ科)

2017年 3月 菊池市旭志 (熊本) 堆肥の効いた畑地の畦に蔓延ったギシギシの大群落で我が世の春を謳歌していた大量のコガタルリハムシ。 既に♀の腹部はパンパンに膨らみ、ギシギシの葉裏には数十個単位で産み付けられた黄色い卵塊が幾つも見られました。 体長♂5mm、♀7mm。 卵の長径1.5mm。 1/250 ・800" F8.0 ISO1000 ・640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1703kogatarurihamushi-mf.jpg

1703kogatarurihamushi_rankai.jpg

イタドリハムシ (ハムシ科)

2017年 3月 菊池市旭志 (熊本) ギシギシの群落で真っ先に出迎えてくれたイタドリハムシ。 この春、一番の陽気に誘われて出て来たものです。 体長7mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1703itadorihamushi.jpg

アトボシハムシ (ハムシ科)

2017年 3月 日田市上津江 (大分) ケヤキ大木の樹皮下で越冬中のアトボシハムシ。 オレンジ色の頭胸部と上翅のレース模様が特徴です。 体長4mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1703atoboshihamushi.jpg

ドウガネサルハムシ (ハムシ科)

2017年 3月 熊本市立田山 (熊本) イチイガシの樹皮下で越冬中のドウガネサルハムシ。 銅色の金属光沢は茶一色の樹皮の隙間で宝石のような輝きを放っていました。 体長3mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1703doganesaruhamushi.jpg

イノコヅチカメノコハムシ (ハムシ科)

2017年 2月 阿蘇 色見 (熊本) ケヤキの樹皮裏で越冬中のイノコヅチカメノコハムシ。 セモンジンガサハムシと違って、必ず樹皮の隙間で冬を過ごすハムシです。 体長5~5.5mm。 1/250" F7.1・8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1702inokozuchikamenokohamushi.jpg

1702inokozuchikamenokohamushi2x.jpg

セモンジンガサハムシ (ハムシ科)

2017年 2月 熊本市立田山 (熊本) タイサンボクの葉裏にいたセモンジンガサハムシ。 常緑広葉樹の葉の裏を冬越しの場所に選ぶハムシですが、タイサンボクはフカフカの絨毯に床暖房付き、最高の優良物件です。 体長4.5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1702semonjingasahamushi.jpg

セモンジンガサハムシ (ハムシ科)

2017年 2月 熊本市立田山 (熊本) 珍しくアオキの巨大な葉の裏で越冬していたセモンジンガサハムシ。 あくまで常緑広葉樹の葉裏に張り付いて冬を遣り過ごすつもりのようです。 ストロボの閃光で何事だと触角を伸ばしてしまいました。 体長5.5mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1702semonjingasahamushi.jpg

セモンジンガサハムシ (ハムシ科)

2017年 2月 熊本市立田山 (熊本) イチイガシの葉裏で越冬しているセモンジンガサハムシ。 上翅スカート後部に黒紋を持たない無紋タイプの個体です。 体長5mm。 1/250" F10.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1702semonjingasahamushi.jpg

キイロクビナガハムシ (ハムシ科)

2017年 2月 熊本市立田山 (熊本) イチイガシの樹皮下にいたキイロクビナガハムシ。 気温はまだ低いのに、すぐに目覚めて歩き始めたのは春の訪れを敏感に察知していたからでしょうか。 体長8mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1702kiirokubinagahamushi.jpg

クロウリハムシ (ハムシ科)

2017年 1月 熊本市立田山 (熊本) イチイガシの樹皮下で越冬中のクロウリハムシ。 樹皮の隙間で冬越しする代表的なハムシです。 体長7mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1701kurourihamushi.jpg

1701kurourihamushi2.jpg

セモンジンガサハムシ (ハムシ科)

2017年 1月 熊本市立田山 (熊本) ヤブツバキの葉裏で越冬しているセモンジンガサハムシ。 上翅スカート後部に黒紋を持つタイプの方が無紋タイプよりも断然多く見られます。 体長4.5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1701semonjingasahamushi.jpg

セモンジンガサハムシ (ハムシ科)

2017年 1月 熊本市立田山 (熊本) マテバシイの葉裏で越冬していたセモンジンガサハムシ。 こちらも上翅スカート後部に黒紋を持つタイプです。 体長4.5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1701semonjingasahamushi.jpg

セモンジンガサハムシ (ハムシ科)

2017年 1月 熊本市立田山 (熊本) マテバシイの葉裏で越冬していたセモンジンガサハムシ。 こちらは上翅スカート後部に黒紋を持つタイプです。 体長5mm。 1/250" F9.0 ・8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1701semonjingasahamushi.jpg

1701semonjingasahamushi.jpg

セモンジンガサハムシ (ハムシ科)

2017年 1月 熊本市立田山 (熊本) マテバシイの葉裏で越冬していたセモンジンガサハムシ。 上翅スカート後部に黒紋を持たないタイプです。 体長5.5mm。 1/250" F9.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1701semonjingasahamushi.jpg

マダラアラゲサルハムシ (ハムシ科)

2017年 1月 熊本市立田山 (熊本) イチイガシの樹皮裏で越冬中のマダラアラゲサルハムシ。 体色と樹皮の色調が実に良くマッチしています。 体長4mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1701madaraaragesaruhamushi.jpg

セモンジンガサハムシ (ハムシ科)

2017年 1月 熊本市立田山 (熊本) タイサンボクの葉裏で温々と冬越ししているセモンジンガサハムシ。 床暖房の効いた特等席は如何にも居心地が良さそうです。 体長4.5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1701semonjingasahamushi.jpg

1701semonjingasahamushi.jpg

ドウガネサルハムシ (ハムシ科)

2017年 1月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹皮裏で越冬中のドウガネサルハムシ。 銅色の金属光沢は樹皮の隙間にあっても少しも損なわれていませんでした。 体長3mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1701doganesaruhamushi.jpg

1701doganesaruhamushi.jpg

セモンジンガサハムシ (ハムシ科)

2016年 12月 熊本市立田山 (熊本) タイサンボクの葉裏で越冬中のセモンジンガサハムシ。 分厚く硬いタイサンボクの葉裏はフカフカ絨毯敷きの特等席です。 体長5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1612semonjingasahamushi.jpg

1612semonjingasahamushi.jpg

イノコヅチカメノコハムシ (ハムシ科)

2016年 12月 阿蘇 上色見 (熊本) ケヤキの樹皮裏で越冬中のイノコヅチカメノコハムシ。 樹皮の色調にすっかり同化してぐっすりと眠っていました。 体長4.5mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1612inokozuchikamenokohamushi.jpg

1612inokozuchikamenokohamushi.jpg

ジュンサイハムシ (ハムシ科)

2016年 12月 熊本市立田山 (熊本) 12月に入ってもイネ科植物の枯れ穂でまだ越冬場所を探していたジュンサイハムシ。 ここ立田山のサクラ池ではジュンサイではなく、ヒシをホストにしています。 体長5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1612junsaihamushi.jpg

ジュンサイハムシ (ハムシ科)

2016年 11月 熊本市立田山 (熊本) 例年、晩秋になって姿を現わすジュンサイハムシ。 ここ立田山のサクラ池ではジュンサイではなく、ヒシをホストにしています。 体長5mm。 1/250" F8.0 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1611junsaihamushi.jpg

カミナリハムシ (ハムシ科)

2016年 11月 熊本市立田山 (熊本) 池の岸辺に茂ったチカラシバの枯れ茎に摑まっていたカミナリハムシ。 青空を反射して瑠璃色が一際鮮やかに見えます。 体長4.5mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1611kaminarihamushi.jpg
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR