ウンカの一種 (ウンカ科)

2016年 11月 熊本市立田山 (熊本) クズの葉上にいた超小型のウンカの一種。 カラムシやクズの群落はまだ緑葉を保っていますが、降霜に一度でも見舞われたら、フィールドは一面霜枯れて真っ黒に変わり果てます。 これ等の小さな虫たちの楽園は後何日続くのでしょうか。 体長(翅端まで)2.5mm。 1/250" F8.0 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1611unka_sp.jpg
スポンサーサイト

ウンカの一種 (ウンカ科)

2015年 11月 阿蘇郡西原村 (熊本) イネ科植物の花茎に止まった小型のウンカの一種。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1511unka_sp.jpg

ゴマフウンカ 長翅型 (ウンカ科)

2015年 9月 山鹿市一ツ目湿地 (熊本) カラスノゴマの葉にいた長翅型のゴマフウンカ。 短翅型ではお腹が丸見えとなります。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1509gomafuunka.jpg

エゾナガウンカ (ウンカ科)

2014年 11月 熊本市立田山 (熊本) 立田山サクラ池の岸辺に瑞々しい葉を広げたギシギシの株で見つけた中型のウンカはエゾナガウンカ。 ヨシをホストにするため水辺で多く見られるそうです。 体長(翅端まで)6mm。 1/250" F7.1 ・8.0 ISO250 ・400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1411ezonagaunka.jpg

1411ezonagaunka.jpg

ウンカの一種 (ウンカ科)

2014年 11月 菊池市旭志 (熊本) セイヨウシャクナゲの葉裏に多かったウンカの一種。 小さくて地味な色彩なので、その気になって探さないと見逃してしまいそうです。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F8.0 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1411unka_sp.jpg

ゴマフウンカ 長翅型 (ウンカ科)

2014年 9月 熊本市立田山 (熊本) カヤツリグサの葉に静止していた小型のウンカの一種はゴマフウンカの長翅型。 本種には成虫の体型に長翅型と短翅型とがあり、長翅型は普通にウンカ体型ですが、短翅型では腹部の後半が丸見えになるほど翅が短い特異な姿をしています。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1409gomafuunka.jpg

ヒメトビウンカ (ウンカ科)

2013年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) 何故かオオマルバノテンニンソウにいたヒメトビウンカ。 ウイルス性のイネ縞葉枯病を媒介するため、イネの大害虫となります。 体長(翅端まで)3mm。 1/160" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1306himetobiunka-m.jpg
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR