カバオオフサキバガ (キバガ科)

2013年 5月 中津江村酒呑童子山 (大分) 林道路肩のイタドリの葉上に飛来した小蛾はカバオオフサキバガ。 フサキバガ(房牙蛾)の名前は房状の下唇鬚と上方に伸びた牙状のヒゲに因っている。 本種の色彩も枯れたイタドリの葉の色にそっくり。 これも擬態の一つだと言える。 前翅長12mm。 1/160" F7.1 ISO320。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1305kabaofusakibaga.jpg
スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR