ソラマメヒゲナガアブラムシ (アブラムシ科)

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) カラスノエンドウの茎にびっしりとコロニーを作った、豆科植物に寄生する緑色のソラマメヒゲナガアブラムシ。 画面上部には天敵のナナホシテントウの幼虫が見えています。 (下)ソラマメヒゲナガアブラムシを食べるナナホシテントウの幼虫。 ソラマメヒゲナガアブラムシの体長2~3mm、ナナホシテントウ幼虫の体長10mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1603soramamehigenagaaburamushi_colony.jpg

1604nanahoshitento_yochu.jpg
スポンサーサイト

ギシギシアブラムシの有翅虫

2014年 3月 熊本市立田山 (熊本) ギシギシの葉裏に小さなコロニーを形成していたギシギシアブラムシ。 その中に翅を持った数頭の有翅虫の姿がありました。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1403gishigishiaburamushi_yushichu.jpg

クリオオアブラムシ有翅虫 (アブラムシ科)

2013年 4月 菊池市菊池渓谷 (熊本) 遊歩道の木製防護柵柱頭上にいた大型のアブラムシはクリオオアブラムシの有翅虫だと思われる。 後肢腿節の紅色が良いアクセントとなっている。 体長(翅端まで)10mm。 1/200" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1304kurioaburamushi_yushichu.jpg

マメクロアブラムシ (アブラムシ科)

2013年 3月 熊本市立田山 (熊本) ギシギシの葉裏で小さなコロニーを作っていた黒いアブラムシ。 近くのカラスノエンドウにも見られたので、マメクロアブラムシだと思われる。 丸々と太った2個体が♀成虫で、周囲の幼虫は♂を必要としない所謂単為生殖によってこれらの親から産み出された全て♀の子供達である。 体長(成虫)2mm。 1/160" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1303mamekuroaburamushi.jpg
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR