ビロウドツリアブ♂ (ツリアブ科)

2017年 3月 熊本市立田山 (熊本) ハコベの白い小花から吸蜜する♂のビロウドツリアブ。 黒く見えている部分が本来の体の線だとすれば、随分長い毛で覆われていることが判ります。 体長11mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1703birodotsuriabu-m.jpg
スポンサーサイト

ビロウドツリアブ♂ (ツリアブ科)

2016年 3月 熊本市立田山 (熊本) 日当たりの良いナズナの群落で、白い小花から吸蜜するビロウドツリアブ。 複眼が左右でほぼ接するので♂の個体です。 体長11mm。 1/800" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1603birodotsuriabu-m.jpg

ビロウドツリアブ♂ (ツリアブ科)

2006年 3月 大津町矢護山 (熊本) キブシの釣鐘状の花を訪れたビロウドツリアブ。 キブシの花は蜜が豊富なのか、長い口吻を差し込んだまゝじっくりと吸蜜する姿が見られました。 体長11mm。 Nikon Coolpix 4500

0603birodotsuriabu-m.jpg

ビロウドツリアブ♀ (ツリアブ科)

2014年 3月 熊本市立田山 (熊本) 満開の桜の下、同じく満開のアセビの花を吸蜜するビロウドツリアブの♀です。 アセビの花の開口部は真下を向いていますので、羽ばたきながらも肢を花に引っ掛けてぶら下がるような格好で蜜を吸っていました。 体長13mm。 1/160" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1403birodotsuriabu-f.jpg

ビロウドツリアブ (ツリアブ科)

2014年 3月 菊池市旭志 (熊本) ナノハナに飛来したビロウドツリアブ。 高速で羽ばたきながら長い口吻を伸ばしての吸蜜は、花弁に束の間肢を引っ掛ける必要があるようです。 (画面左端の小甲虫はキスイモドキ) 体長14mm。 1/320" F8.0 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1403birodotsuriabu.jpg

ビロウドツリアブ♀ (ツリアブ科)

2013年 3月 熊本市立田山 (熊本) ちらほら咲き始めたサクラの下のアセビの花房は既に満開。 釣鐘状の花から吸蜜できるのは今はビロウドツリアブしかいない。 前肢を花の縁に引っ掛け、羽ばたきながらの吸蜜は数秒の短時間で終わってしまう。 体長11mm。 1/1000" F3.5 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1303birodotsuriabu-f.jpg
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR