オオワラジカイガラムシ (ワタフキカイガラムシ科)

2013年 5月 熊本市立田山 (熊本) ♀が本邦最大種となるオオワラジカイガラムシの成虫は雌雄でその形態を大きく異にする。 ♀は成虫となっても無翅のまゝだが、♂は黒い翅を持つ。 ♂の触角に生えた長毛は♀の発するフェロモンを察知するアンテナで、翅も移動手段として必要なものだ。 ♀の体長10mm、♂の前翅長5mm。 1/160" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1305owarajikaigaramushi-mf.jpg
スポンサーサイト

オオワラジカイガラムシの幼虫 (ワタフキカイガラムシ科)

2013年 3月 熊本市立田山 (熊本) ツブラジイ樹幹の窪みで集団越冬中のオオワラジカイガラムシ若齢幼虫。 オオワラジカイガラムシの♀は国内最大種とされる大型のカイガラムシ(体長10~15mm)で、ワタフキカイガラムシ科に属するように体表は淡い白粉状の分泌物に被われる。 すでに活動を始めていて、大量の甘露(画面中央やゝ下の水滴)を排出するため、コロニーの下の樹幹はびっしょりと濡れている。 体長3.5mm。 1/160" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1303owarajikaigaramushi_yochu.jpg
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR