シラホシトリバ (トリバガ科)

2017年 2月 熊本市立田山 (熊本) タイサンボクの葉裏で越冬していたシラホシトリバ。 葉を裏返して暫らくすると明るさで目を覚まし、大きな葉のあちこちを歩き出してしまいました。 前翅長6mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1702shirahoshitoriba.jpg

1702shirahoshitoriba.jpg
スポンサーサイト

シラホシトリバ♀ (トリバガ科)

2017年 1月 熊本市立田山 (熊本) タイサンボクの葉裏で越冬しているトリバガの仲間のシラホシトリバ。 お腹の膨らみ具合は♀の個体です。 前翅長5mm。 1/250" F14.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1701shirahoshitoriba-f.jpg

トリバガの一種 (トリバガ科)

2016年 9月 御船町吉無田高原 (熊本) 秋に開花するツクシアザミの葉上に止まったトリバガの一種。 前翅長5mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1609toribaga_sp.jpg

トリバガの一種 (トリバガ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) チヂミザサの花茎に止まったトリバガの一種。 このようなアングルで写すことは滅多にないので、トリバガの仲間の複眼が意外に大きいことから、昼行性の蛾だと認識させられます。 前翅長7mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605toribaga_sp.jpg

ブドウトリバ (トリバガ科)

2015年 10月 阿蘇郡西原村 (熊本) レモンエゴマの花を吸蜜中のブドウトリバ。 飛翔時にはカのような感じを受けます。 前翅長8mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1510budotoriba.jpg

シラホシトリバ (トリバガ科)

2014年 12月 熊本市立田山 (熊本) タイサンボクの葉裏で越冬中のシラホシトリバ。 フェルトを思わせるタイサンボクの葉裏がお気に入りのようです。 前翅長6mm。 1/250" F7.1 ISO250。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1412shirahoshitoriba.jpg

シラホシトリバ (トリバガ科)

2014年 1月 熊本市立田山 (熊本) タイサンボクの葉裏に多いシラホシトリバですが、タイサンボクの葉裏を越冬場所に選ぶのは、分厚い葉の断熱効果と自身の体色を紛らわせる保護色の効果を期待してのことなのでしょう。 前翅長6mm。 1/160" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1401shirahoshitoriba.jpg

シラホシトリバ (トリバガ科)

2014年 1月 熊本市立田山 (熊本) ヤブツバキの葉裏にいたシラホシトリバ。 上方に跳ね上げているのは中肢で、静止時の決めポーズです。 前翅長6mm。 1/160" F7.1 ISO320 ・400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1401shirahoshitoriba.jpg

1401shirahoshitoriba_kao.jpg

シラホシトリバ (トリバガ科)

2013年 11月 熊本市立田山 (熊本) タイサンボクの葉裏で越冬中のシラホシトリバ。 体色と同じ色調のフェルトのような質感の葉裏は越冬場所としてはベストポジションに見えます。 前翅長6mm。 1/200" F5.6 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1311shirahoshitoriba.jpg

ブドウトリバ (トリバガ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) ヨメナの花に飛んで来たブドウトリバ。 日中に活動する小蛾で、ノブドウなどがホストです。 前翅長6mm。 1/160" F5.6 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310budotoriba.jpg

シラホシトリバ (トリバガ科)

2013年 10月 熊本市立田山 (熊本) イノコヅチの小花を吸蜜するシラホシトリバ。 ノブドウなどをホストにしていて、最も目にすることの多いトリバガの一種です。 前翅長5mm。 1/250" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1310shirahoshitoriba.jpg

シラホシトリバ (トリバガ科)

2013年 1月 熊本市立田山 (熊本) 直射光を受けたタイサンボクの葉裏でシルエット状態のシラホシトリバ。 前翅長4.5mm。 1/160" F7.1 ISO320。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1301shirahoshitoriba.jpg

シラホシトリバ (トリバガ科)

2013年 1月 熊本市立田山 (熊本) タイサンボクの葉裏で眠っていたシラホシトリバが直射光を受けて目を覚まし羽ばたき始めたところ。 翅や肢の影が面白いシルエットを描いている。 前翅長4mm。 1/500" F5.6 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1301shirahoshitoriba.jpg

シラホシトリバ (トリバガ科)

2013年 1月 熊本市立田山 (熊本) タイサンボク葉裏のシラホシトリバ。 この個体はまだ熟睡中のポーズだ。 前翅長4mm。 1/200" F5.6 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1301shirahoshitoriba.jpg

シラホシトリバ (トリバガ科)

2013年 1月 熊本市立田山 (熊本) タイサンボクの葉裏に静止していたシラホシトリバ。 トリバガの仲間も成虫で越冬するとは、嬉しい出会いとなった。 前翅長4mm。 1/200" F5.6 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1301shirahoshitoriba.jpg
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR