シロモンノメイガ♀ (ツトガ科)

2016年 9月 熊本市立田山 (熊本) カゼクサの葉に止まったシロモンノメイガ。 お腹が太い♀の個体です。 前翅長8mm。 1/250" F6.3 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1609shiromonnomeiga-f.jpg
スポンサーサイト

シロモンノメイガ♀ (ツトガ科)

2014年 9月 熊本市立田山 (熊本) イノコヅチの小花から吸蜜するシロモンノメイガ。 ノメイガの仲間は決まって葉の裏側に密着して静止するので、こういう場面でなければ翅表を写すのは難しいものです。 前翅長10mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1409shiromonnomeiga-f.jpg

ホソスジツトガ (ツトガ科)

2013年 5月 中津江村酒呑童子山 (大分) 背丈よりも高く繁茂したオオイタドリの葉裏に何かが飛び込んだので、葉をそっと捲ると初見の鼻筋の通ったツトガ風の白い小蛾が止まっていた。 図鑑ではやはりツトガ科のホソスジツトガに同定できたが、下唇鬚が長く突き出る点はツトガの仲間の特徴の一つ。 前翅長8mm。 1/200" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1305hososujitsutoga.jpg

シロオビノメイガ (ツトガ科)

2012年 11月 熊本市立田山 (熊本) ヒナタイノコヅチの花蜜を求めて飛んで来たツトガ科ノメイガ亜科のシロオビノメイガ。 ノメイガの多くはすぐに葉裏に止まるので、なかなか撮影のチャンスがないが、日中に吸蜜するシーンは貴重だ。 ヒナタイノコヅチは本種のホストの一つ。 前翅長11mm。 1/160" F5.6 ISO320。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1211shiroobinomeiga.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR