ヨコヅナサシガメの幼虫 (サシガメ科)

2017年 4月 熊本市立田山 (熊本) ネムノキの樹幹でチャタテムシの一種を長い口吻で突き刺して捕食していたヨコヅナサシガメの幼虫。 体長15mm(口吻を除く)。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1704yokozunasashigame_yochu.jpg
スポンサーサイト

ヤニサシガメの幼虫 (サシガメ科)

2017年 2月 阿蘇 色見 (熊本) ケヤキの樹皮下で越冬中のヤニサシガメ幼虫。 漆黒のボディと結合板の金色のコントラストはなかなかの美しさです。 体長9mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1702yanisashigame_yochu.jpg

ヒゲナガサシガメの幼虫 (サシガメ科)

2017年 1月 熊本市立田山 (熊本) タイサンボクの葉裏にいたヒゲナガサシガメの幼虫。 タイサンボクの葉裏は余程居心地が良いのでしょう、多くのムシたちが越冬場所に利用しています。 体長10mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1701higenagasashigame_yochu.jpg

ヨコヅナサシガメの幼虫 (サシガメ科)

2016年 11月 熊本市立田山 (熊本) ケヤキの樹幹でマルカメムシを餌食にしたヨコヅナサシガメの幼虫。 今の時季、越冬場所を求めてケヤキの樹皮の隙間に集まって来るマルカメムシは、このサシガメの恰好の餌となっています。 体長12mm(口吻を除く)。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1611yokozunasashigame_yochu.jpg

アカサシガメ (サシガメ科)

2016年 9月 熊本市立田山 (熊本) イヌホオズキの葉上で新成虫へと羽化していたアカサシガメ。 新鮮な赤色が鮮やかです。 体長15mm。 1/250" F6.3 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1609akasashigame.jpg

1609akasashigame_kao.jpg

クビアカサシガメ (サシガメ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) ゼンマイの葉にいたクビアカサシガメ。 真っ黒なボディに前胸背板後部の赤色は強烈なアクセントとなっています。 体長16mm。 1/250" F5.6 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605kubiakasashigame.jpg

ヨコヅナサシガメ (サシガメ科)

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) 地衣類に覆われたコナラの樹幹で青虫を捕食中のヨコヅナサシガメ。 獲物はサイズ的に少々物足りないかもしれません。 体長20mm(口吻を除く)。 1/250" F6.3 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605yokozunasashigame_hosyoku.jpg

アカサシガメ (サシガメ科)

2015年 9月 熊本市立田山 (熊本) マルバツユクサの群落にいたアカサシガメ。 先月に幼虫を撮影していましたが、それが成虫へと羽化したものでしょう。 体長(翅端まで)15mm。 1/250" F5.6 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1509akasashigame.jpg

アカサシガメの幼虫 (サシガメ科)

2015年 8月 熊本市立田山 (熊本) マルバツユクサの葉上に顔を出したアカサシガメの幼虫。 アカサシガメの幼虫は初めて見ましたが、成虫よりも艶がありなかなか美しいと思います。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1508akasashigame_yochu.jpg

ヨコヅナサシガメ幼虫の集団越冬 (サシガメ科)

2015年 2月 熊本県民総合運動公園 (熊本) クスノキの樹皮下で越冬中のヨコヅナサシガメ幼虫の大集団。 余りにゴチャゴチャしていて何頭いるのか判りませんが、80頭は集まっているようです。 体長14mm。 1/250" F4.0 ISO1250。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1502yokozunasashigame_yochu_syudan.jpg

ヒゲナガサシガメの幼虫 (サシガメ科)

2015年 1月 熊本市立田山 (熊本) タイサンボクの葉裏で越冬中のヒゲナガサシガメ幼虫。 夏場に成虫と出会うことは滅多にありませんが、冬季には各種照葉樹の葉を捲れば良く見かける幼虫です。 体長12mm。 1/1250 ・640" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1501higenagasashigame_yochu.jpg

1501higenagasashigame_yochu.jpg

ヒゲナガサシガメの幼虫 (サシガメ科)

2014年 12月 熊本市立田山 (熊本) アカガシの葉裏に張り付いていたヒゲナガサシガメの幼虫。 このように常緑広葉樹で越冬中の個体には良く出合います。 体長10mm(触角を除く)。 1/250" F7.1 ISO250。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1412higenagasashigame_yochu.jpg

ヨコヅナサシガメの幼虫 (サシガメ科)

2014年 10月 熊本市立田山 (熊本) アラカシの樹幹をパトロール中のヨコヅナサシガメ幼虫。 冬季には集団となって樹皮下で越冬している場面を見かけます。 体長13mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1410yokozunasashigame_yochu.jpg

アカサシガメ (サシガメ科)

2014年 6月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの群落で獲物を物色中のアカサシガメ。 肉食性のカメムシで、頭部の下に隠し持つ口吻を鱗翅類の幼虫などに突き刺して体液を吸い取っている場面をよく目撃します。 体長(翅端まで)20mm。 1/250 ・320" F5.6 ・8.0 ISO250 ・640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1406akasashigame.jpg

1406akasashigame.jpg

ヨコヅナサシガメの幼虫 (サシガメ科)

2014年 3月 熊本市立田山 (熊本) ナナミノキの樹幹でベニヘリテントウを捕食するヨコヅナサシガメの幼虫。 正にサシガメの名に恥じない見事な突き刺しぶりですが、ベニヘリテントウも余程油断していたのでしょうね。 体長18mm(口吻を除く)。 1/160" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1403yokozunasashigame_yochu.jpg

クビグロアカサシガメ (サシガメ科)

2011年 11月 阿蘇 色見 (熊本) サシガメの仲間には成虫や幼虫で越冬する種類が多いですが、このクビグロアカサシガメはケヤキの根元付近のやゝ湿った樹皮下にいたもので、褐色の色合いの中に現れた赤色は非常に鮮やかに感じられます。 体長8mm。 Ricoh CX5

1111kubiguroakasashigame.jpg

ヤニサシガメの幼虫 (サシガメ科)

2014年 1月 阿蘇 色見 (熊本) ケヤキの樹皮下で越冬中のヤニサシガメ幼虫。 腹部上面は漆黒のボディと相俟って金箔を押したかのような美しさです。 体長10mm。 1/160" F5.6 ISO320。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1401yanisashigame_yochu.jpg

ヒゲナガサシガメの幼虫 (サシガメ科)

2013年 12月 熊本市立田山 (熊本) ヤブツバキの葉裏に張り付いていたヒゲナガサシガメの幼虫。 ストロボ光で目を覚まして歩き始めの図です。 体長10mm。 1/160" F8.0 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1312higenagasashigame_yochu.jpg

クビグロアカサシガメ (サシガメ科)

2013年 3月 熊本市立田山 (熊本) スイバの茎に上っていたクビグロアカサシガメ。 赤と黒の非常に目立った色彩はサシガメやナガカメムシの仲間などによく見られるパターンだ。 体長11mm。 1/160" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1303kubiguroakasashigame.jpg

ヨコヅナサシガメの幼虫 (サシガメ科)

2013年 1月 山鹿市一ツ目湿地 (熊本) トウカエデの樹皮下で集団越冬中のヨコヅナサシガメ5齢幼虫。 ゴチャゴチャして分かり辛いが、8頭はいるようだ。 体長14mm。 1/160" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1301yokozunasashigame_yochu.jpg

ヒゲナガサシガメの幼虫 (サシガメ科)

2012年 12月 熊本市立田山 (熊本) ツバキの他、キンモクセイの葉裏からもよく見つかる、ナナフシの仲間かと見紛う細長い体型の幼虫は、サシガメ科特有の口吻を具えたヒゲナガサシガメだと判った。 黄緑色の体に黄や赤の斑紋を散らした姿はなかなか美しい。 体長11mm。 1/160" F7.1 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1212higenagasashigame_yochu.jpg

1212higenagasashigame_yochu.jpg

ヤニサシガメの幼虫 (サシガメ科)

2012年 11月 菊池市旭志 (熊本) ヒノキの樹皮裏で越冬態勢に入っているヤニサシガメの幼虫。 肢や体表がテラテラと濡れた様に光っているのは、実際にヤニ状物質を身に纏っているからで、ヤニを分泌する針葉樹、特にマツ類に多く、自ら各肢を使って体に塗り広げるということだ。 体長11mm。 1/160" F5.6 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1211yanisashigame_yochu.jpg
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR