キンバエの一種♀ (クロバエ科)

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴの群落にいたキンバエの一種。 両複眼間がかなり離れている♀の個体です。 体長7mm。 1/250" F6.3 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1610kinbae_sp-f.jpg
スポンサーサイト

ツマグロキンバエ♀ (クロバエ科)

2016年 9月 御船町吉無田高原 (熊本) アケボノソウの花を訪れたツマグロキンバエの♀。 黄緑色の蜜腺の出が良いのでしょう、長時間一つの花に留まって吸蜜を続けていました。 体長7mm。 1/250" F6.3 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1609tsumagurokinbae-f.jpg

キンバエの一種♂ (クロバエ科)

2016年 9月 熊本市立田山 (熊本) イヌホオズキの葉に止まっていたキンバエの一種。 複眼が左右接する程に大きいのは♂の証です。 体長7mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1609kinbae_sp-m.jpg

ヒツジキンバエ♀ (クロバエ科)

2016年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) キツネノマゴの葉に止まっていたヒツジキンバエの♀。 中胸背板から小楯板にかけてのオレンジ色が非常に目立っていました。 体長10mm。 1/250" F6.3 ・7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1608hitsujikinbae-f.jpg

1608hitsujikinbae-f_kao.jpg

キンバエの一種♂ (クロバエ科)

2015年 10月 阿蘇郡西原村 (熊本) ナガバヤブマオの葉に止まったキンバエの一種。 複眼が左右接するほどに大きく、中胸背板が銅色に輝く♂の個体です。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1510kinbae_sp-m.jpg

ツマグロキンバエ♀ (クロバエ科)

2015年 9月 熊本市立田山 (熊本) イヌホオズキの葉に止まったツマグロキンバエの♀。 複眼の横縞模様、上から2番目だけが青いのには何か訳があるのでしょうか。 体長7mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1509tsumagurokinbae-f.jpg

キンバエの一種♂ (クロバエ科)

2015年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) ツリフネソウの葉に止まって翅を休めていたキンバエの一種。 左右接近した複眼は♂の特徴です。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1507kinbae_sp-m.jpg

オオクロバエ♂ (クロバエ科)

2015年 4月 山鹿市岳間渓谷 (熊本) 陽射しを受けた渓流の岩上で縄張りを張るオオクロバエの♂。 頭上を通りかかるムシに対して盛んにスクランブルを繰り返していました。 体長15mm。 1/320" F5.6 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1504okurobae-m.jpg

ツマグロキンバエ♀ (クロバエ科)

2014年 11月 熊本市立田山 (熊本) イヌホオズキの葉に止まったツマグロキンバエの♀。 全体の点刻と複眼の横帯が独特です。 体長7mm。 1/250" F7.1 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1411tsumagurokinbae-f.jpg

キンバエの一種♀ (クロバエ科)

2014年 10月 熊本市立田山 (熊本) ヤマモミジの樹幹に飛来したキンバエの一種。 光を反射した翅には微細な凹凸が施されています。 体長8mm。 1/250" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1410kinbae_sp-f.jpg

キンバエの一種♀ (クロバエ科)

2014年 7月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラムシの葉に止まったキンバエの一種。 衛生害虫の代表格とされますが、被写体としては青緑色の金属光沢と小豆色の複眼の対比が美しいと思います。 体長10mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1407kinbae_sp-f.jpg

オオクロバエ♂の顔 (クロバエ科)

2013年 12月 熊本市立田山 (熊本) クサギの葉上でテリトリーを張るオオクロバエの♂。 首を傾げているのは上空を隈なく見渡しているからでしょう。 体長15mm。 1/250" F7.1 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1312okurobae-m_kao.jpg

ツマグロキンバエ♀ (クロバエ科)

2013年 8月 中津江村酒呑童子山 (大分) 何時もこのツマグロキンバエを見るにつけ、中胸背と腹部の質感が金属で出来ているように思えて仕方がありません。 越冬態が成虫のため、ほぼ1年中、各種の花上に飛来しています。 体長6mm。 1/160" F7.1 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1308tsumagurokinbae-f.jpg

オオクロバエ♀ (クロバエ科)

2013年 4月 熊本市立田山 (熊本) ネムノキ樹幹に飛来したオオクロバエは、例によって両複眼間が大きく離れた♀の個体。 青光りした精悍な姿にはある種の美しさを感じる。 体長15mm。 1/160" F5.6 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1304okurobae-f.jpg

ツマグロキンバエ♂ (クロバエ科)

2012年 11月 熊本市立田山 (熊本) 晩秋の陽射しを受けて僅かな花を開くヨメナにツマグロキンバエの♂が吸蜜に訪れていた。 中胸背と小楯板のメタリックな質感が本種の特徴。 体長6mm。 1/500" F5.6 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1211tsumagurokinbae-m.jpg
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR