アカスジキンカメムシの幼虫 (キンカメムシ科)

2016年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) ナガバヤブマオの葉にいたアカスジキンカメムシの幼虫。 既に各肢や胸側に成虫の片鱗を覗かせています。 体長12mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro


スポンサーサイト

チャイロカメムシ (キンカメムシ科)

2012年 10月 熊本市立田山 (熊本) エノキグサ(トウダイグサ科エノキグサ属)に着いていたチャイロカメムシ。 この半翅鞘の殆んどが小楯板に被われた特異な体型はキンカメムシ科の大きな特徴。 チャイロカメムシではまだ半翅鞘革質部と結合板が見えているが、キンカメムシ科の代表格アカスジキンカメムシの小楯板は完全に背面を被い尽くしてしまう。 体長12mm。 1/500" F5.6 ISO200。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1210chairokamemushi.jpg
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR