ハエの一種

2017年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) ミツバの葉にいた小型のハエの一種。 翅の赤味は光の回折によるもので、実際に赤い訳ではありません。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F8.0 ISO500。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1708hae_sp.jpg
スポンサーサイト

ハエの一種

2017年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) イヌタデの葉に止まったハエの一種。 毎年同じ時期、同じ場所で見かける赤く綺麗なハエです。 体長8mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1708hae_sp.jpg

ハエの一種

2017年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウの葉に止まったハエの一種。 かなり細長い体型です。 体長10mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706hae_sp.jpg

ハエの一種

2017年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) イタドリの葉上でペアとなっていた小型のハエの一種。 ♀の複眼の間隔が♂の2倍程あるという性差が認められます。 体長4~5mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706hae_sp-mf.jpg

ハチの一種

2017年 7月 中津江村酒呑童子山 (大分) ヤマグワの葉の表面に付着した水分を舐める小型のハチの一種。 立派な触角の持ち主です。 体長3.5mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1707hachi_sp.jpg

ハエの一種

2017年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) オオマルバノテンニンソウの葉縁に止まったハエの一種。 フンバエの仲間に似ているような雰囲気です。 体長(翅端まで)6mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706hae_sp.jpg

ハエの一種♂

2017年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分) イタドリの葉上に多かったハエの一種(上下、別個体)。 赤く大きな複眼は♂の個体のようです。 体長(翅端まで)7mm。 1/250" F7.1・8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1706hae_sp.jpg

1706hae_sp.jpg

ハエの一種

2017年 4月 熊本市立田山 (熊本) ギシギシの葉上をチョコマカと歩き回っていた超小型のハエの一種。 これもハモグリバエの仲間かもしれません。 体長(翅端まで)2mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1704hae_sp.jpg

ハエの一種

2017年 4月 合志市飯高山 (熊本) フキの葉縁に止まったハエの一種。 黄色い平均棍が見えるので、フンバエの仲間に近い種類かもしれません。 体長(翅端まで)6mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1704hae_sp.jpg

ハエの一種♂

2017年 3月 菊池市菊池渓谷 (熊本) ヤツデの太枝上で日光浴をするハエの一種。 薄い翅が光を回折して虹色に見えています。 体長(翅端まで)7mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1703hae_sp-m.jpg

ハチの一種

2017年 3月 日田市上津江 (大分) ケヤキの樹皮下で越冬していたハチの一種。 体長9mm。 1/250" F8.0 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1703hachi_sp.jpg

チャタテムシの一種の幼虫

2017年 2月 熊本市立田山 (熊本) ユズリハの葉裏にいたチャタテムシの一種の幼虫。 翅芽が発達した羽化間近い個体で、腹部の白い鹿の子模様が特徴です。 体長2.5mm。 1/250" F9.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1702chatatemushi_sp_yochu.jpg

ハチの一種

2017年 2月 熊本市立田山 (熊本) イチイガシの樹皮下で越冬していたハチの一種。 初めて見るハチの一種で、太い触角と小さな頭部が特徴です。 体長(翅端まで)4mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1702hachi_sp

コバチの一種

2017年 1月 熊本市立田山 (熊本) キヅタ(上)とヤブツバキ(下)の葉裏で見つけた小さなコバチの一種。 触角や首の太さが違うので別種のようです。 体長(翅端まで)2mm。 1/250" F8.0 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1701kobachi_sp.jpg

1701kobachi_sp2.jpg

謹賀新年 2017

本年もどうぞ宜しくお願い致します。 昨年4月の熊本大地震の被害は昆虫写真撮影にも多大な影響を及ぼしました。 阿蘇方面へのアクセス道路が悉く寸断され、トンネルや橋梁の崩落で長期間通行不能となってしまいました。 お気に入りのフィールド、菊池渓谷や酒呑童子山などは未だに通行止めが続いています。 一日も早い復旧を望んでやみません。

2017nengajo_konchu.jpg

ハエの一種

2016年 11月 熊本市立田山 (熊本) オドリコソウの葉に飛んで来た小型のハエの一種。 ヤチバエの仲間に似ています。 体長(翅端まで)5mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1611hae_sp.jpg

ハエの一種

2016年 11月 熊本市立田山 (熊本) イネ科植物の葉に止まっていた小型のハエの一種。 非常に簡素化された翅脈が特徴です。 体長(翅端まで)3mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1611hae_sp.jpg

ハチの一種

2016年 11月 熊本市立田山 (熊本) クズの葉上にいた小さなハチの一種。 羽アリのように見えますが、アリではないようです。 体長3mm。 1/250" F8.0 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1611hachi_sp.jpg

ハチの一種

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの葉上を忙しなく動き回っていたハチの一種。 漸く数秒間立ち止まったところをスナップしたもので、AFの速さに助けられました。 体長6mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1610hachi_sp.jpg

ハエの一種

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) 一枚のスイバの葉に執着していたハエの一種。 胸の赤さが印象的な初対面のハエの仲間です。 体長(翅端まで)4.5mm。 1/250" F7.1 ISO1000。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1610hae_sp.jpg

ヘクソカズラの食痕

2016年 10月 熊本市立田山 (熊本) ヘクソカズラの葉に残された潜葉虫の食痕。 成長するに従って線が太くなり、葉肉を満遍なく食べ尽くして、右下の葉縁に褐色の脱出口らしきものが見えています。 葉長60mm。 1/250" F2.8 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1610hekusokazura_syokukon.jpg

ハエの一種

2016年 9月 御船町吉無田高原 (熊本) ツリフネソウの群落にいたハエの一種。 随所で見かける小型のハエです。 体長5mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1609hae_sp2.jpg

ハエの一種

2016年 8月 阿蘇郡西原村 (熊本) カラスウリの葉に止まった赤っぽいハエの一種。 各肢腿節の太さが目を引きます。 体長8mm。 1/250" F6.3 ISO800。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1608hae_sp.jpg

ハエの一種

2016年 7月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの葉に止まったハエの一種。 赤褐色の複眼と中胸背板の3本の黒い縦条が特徴です。 体長5mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1607hae_sp.jpg

チャタテムシの一種

2016年 7月 熊本市立田山 (熊本) 苔生した木杭の柱頭上にいた小型のチャタテムシ。 顔を先に写している内に飛ばれてしまいました。 体長(翅端まで)4mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1607chatatemushi_sp.jpg

ハチの一種

2016年 6月 熊本市立田山 (熊本) ノブドウの若葉に止まったハチの一種。 立派な触角や複眼の様子からコマユバチの一種かもしれません。 体長(翅端まで)6mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1606hachi_sp.jpg

アブの一種♂

2016年 6月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴの葉上で見つけた小型のアブの一種。 赤い複眼で覆われてしまった頭部が印象的です。 体長3mm。 1/250" F5.6 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1606abu_sp-m.jpg

ハエの一種

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) カラムシの葉上で交尾中のハエの一種。 黒いボディと赤い複眼が好対照です。 体長5~6mm。 1/250" F6.3 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605hae_sp-mf.jpg

ハエの一種

2016年 5月 熊本市立田山 (熊本) クサイチゴの葉縁に止まっていたハエの一種。 フィールドでは良く見かけるハエです。 体長5mm。 1/250" F7.1 ISO640。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1605hae_sp.jpg

ハチの一種

2016年 4月 熊本市立田山 (熊本) ハナウドの葉上を歩き回っていたハチの一種。 初見のハチで、小さな複眼の小さい頭部と特殊な形状の大きな触角が変わっています。 体長10mm。 1/250" F5.6 ISO400。 OLYMPUS OM-D E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro

1604hachi_sp.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR